ポルトガル視察二日目

昨晩ホテルに着いた時、周囲は真っ暗で何も見えませんでしたが朝起きた時にようやく雰囲気を確認出来ました。

 

 

今回は、リスボンから140km近く離れた森の中にあるロッジです。

ロッジは結構シンプルに作られていて内部に見所は無いのですが、やはり一番はこの環境です。

 

写真でも分かる様に、朝方は霧深くてとても雰囲気のある森でした。

 

 

以前に造園家の方が、私に

 

『林』と言うのは文字の通り気が水平に並んで行くんだけど、『森』と言うのは字の通り上下左右に木が重なっていくんだよ。

だから森を作りたいなら、上下左右に木々を配置しないとダメなんだよ。

 

と教えてくれたことがありましたが、このシーンを見た時にふと思い出しました。

 

で、このホテルは朝食が無い為に近くに食べに行く必要があります。

ところが、今日は聖母無原罪受胎記念日と呼ばれる休日で、(聖母マリアがイエス・キリストを身ごもった事を記念する祭日)で、かなりの店が休業です。

 

そんな中で、一店だけポツンとやっていたカフェを見つけてパンとコーヒーを。

 

 

 

写真を撮り忘れましたが、パンを4種類、飲み物2種類とかで9ユーロくらいと激安でした。

今日が休日の為に、視察も出来ない事から珍しく一日オフとなる為に、少し周囲を観光です。

 

こちらはトロイアのヨットハーバー。

 

 

そしてトロイアビーチ。

こんなに素敵ななのに誰も居ません。

 

 

次は140km離れている世界遺産の街、エボラ地区へ。

 

途中で可愛い犬をバルコニーで見かけたり。

 

 

焼き栗を食べたり。

 

 

そしてカテドラルへ。

このカテドラルはポルトガルにあるゴシック様式教会では最古のものとの事。

 

 

レモンの木が生えている中庭も素敵でしたが、この屋上から見た赤い瓦の景色も素敵。

 

 

更に、内部の陰影も美しく。

 

 

なんと、今日の祝日を祝う為の特別なミサが行われていて、合唱隊の歌声が教会内に響き渡って本当に美しかったです。

 

下の写真がミサの写真。

 

 

日本人を全く見かけない場所でしたが、とても素敵な街でした。

明日もまた早起きします。

 

 

 


ポルトガル視察一日目

朝の四時に起きて、朝一番のフライトでポルトガルはリスボンに入りました。

そこからレンタカーを借りて少しだけ市内を散策。

 

海沿いの観光地に来てみたら、とんでもない人の量で直ぐに退散。

 

 

移動中にフリーマーケットを見かけたので立ち寄ってみました。

 

 

売られているものはこんな感じ。

 

大量のビニール人形とか。

 

 

うーん・・・・

何とも言えないです(笑)

 

 

更に

 

 

もしかしたら、ビンテージな物があるかも的な雰囲気は漂っていましたが、私には分かりませんでした(笑)

 

街中の幼稚園の壁には、ずり落ちたサンタクロースが・・・・

 

 

そして倉庫が改修されてちょっとしたモールになっているエリアへ。

こういう落書きがされた廃墟みたいな所で、こんな感じの方とすれ違うと何故か勝手に「マフィア?」とか想像したり(笑)

 

 

でも、ここの花屋はとても素敵だったり。

 

 

シーフードのオリーブオイル漬け缶詰がの売り方がとても素敵だったり。

 

 

そしてランチのレストランも雰囲気は抜群。

 

 

オーダーはもちろんタコのグリル。

 

 

タコを薪のオーブンでグリルしただけなのに、なぜこんなに美味しいのか。

 

そして、幼稚園の視察へ。

モンテッソーリ教育の幼稚園です。

 

 

ビルの一階店舗スペースを改修して作られた幼稚園です。

日本の感覚で言うと驚く事はやはり無いのですが、コチラの視点で見ると、こうした整理整頓された環境はかなりレアです。

 

 

ちゃんとダイニングルームもあったり。

 

 

ただ調理はココでされていなかったのは残念。

あとは、やはり建材が偽物木材が多かったの残念でした。

 

 

でもオーナーの思想はとてもしっかりしていて、補助金の無い中で一生懸命に運営している事は良く解りました。

きっと、少しずつ理解されて広がっていく様な気がします。

 

そして、高台から陽が落ちるのを見て。

 

 

とても美しい坂を下り。

 

 

途中の碧いタイル張りも本当に美しい。

 

 

街中では沢山、栗が焼かれていました。

 

 

そして街中がクリスマスモードでした。

 

 

時差ボケがなかなか治らず、この時間になると猛烈な眠気が来ます。

 

最後はリスボン市内から120km離れた場所のホテルまで、移動してきて記事を書いてますが、真っ暗なので就寝します。

 


オランダ視察五日目・WAF受賞式

相変わらず、コチラの朝食は素晴らしいです。

朝から6種類のコールドプレスジュースと、二種類のフレッシュジンジャーショットが飲めるなんてなかなかありません。

 

 

で、慌ただしくチェックアウトをして、少しだけ市内を廻り。

5年ぶりくらいにDroog Designに寄ったり。

 

相変わらずカフェスペースは素敵でした。

 

 

ここから急いでWAF(World Architecture Festival)の最終プレゼン会場へ。

先日にスクール部門での最優秀に選定された事により、全部門合同での最終審査が行われます。

そのリスト18作品がコチラ。

 

 

良く見えないかも知れませんが、オランダの公共図書館、UAEの豪華宗教施設、中国の巨大商業施設、NYの商業ビル、他にもウィスキー蒸留所、大学施設など。

設計事務所も、Roger Stirk Harbor、Heatherwick Studio、更に日本の日建設計とか普段関わらない事務所ばかりです。

 

一応、テクニカルチェックと言うデータの再生確認とかを経て、夕方には本番となりました。

 

 

 

こんな所で、英語で10分のプレゼンです。

会場には参加者だけでなく一般の方もいたり。

特別審査員はステージの上で私達のプレゼンを聞いてました。

 

 

 

この結果は夜に行われる晩餐会で発表となります。

 

前後で他社のプレゼンを聞いてましたが・・・

『いや、これさすがに比較対象にならないでしょ』

と言う規模の物ばかり(笑)

 

もう、評価されるとかどうかよりも、私達の幼児施設に対する理念を伝えられた事で十分な気持ちでした。

 

そして、晩餐会へ。

 

 

これがまたスゴイ雰囲気でした。

なんかノーベル賞授賞式の晩餐会的な長いテーブルに横一列に参加者が並んで食事をしながらイベントを楽しみます。

 

そして、22時を回った頃に『Buliding of the Year』と称される全部門最優秀賞の発表がされ、今回はオランダの公共図書館が受賞となりました。

 

でも、こんな会場で私達の作品がドンとスクリーンに映し出された時には感慨深かったです。

 

 

そしてトロフィーも頂きました。

 

 

本当に良い経験をさせてもらいました。

ただ、こうした受賞は私達の活動の通過点でしかなくて目的でも目標でもありません。

 

多くの方に教育施設や保育施設としての在り方を伝えられたことは何よりも喜ばしい事であり、これからの糧になりました。

 

明日は4時起きで移動です。


オランダ視察四日目

相変わらず朝食はチーズだらけです。

 

 

 

しかも一つ一つのカットが大きいです。

 

今朝は食事の後は、日本・オランダ・中国の三か国でテレビ会議からスタート。

過去にも書いてますが、つくづく仕事場所を選ばない時代になっている事を実感します。

 

もちろん、建築の場合は現地確認をする事は必須なのでテレビ会議ばかりでは済まないのですが、それでもオンラインで済む事も沢山ある訳です。

実際に、海外に来ていても設計中案件の打合せはドンドンとオンラインで社内から来ますし、スマートフォンで瞬時にリアクションも出来ます。

 

そんな事をしていら窓の先で沢山の子供達の声が。

 

 

今日は北オランダのシンタクラースの日だったらしいのです。

シンタクラースとは、サンタクロースの起源と言われているらしいのですが、12/5に贈り物を贈って祝うのが習慣だそうです。

シンタクラースに扮した大人が登場した時の子供の興奮ぶりは凄かったです。

シンタクラースについて詳しくはコチラ

 

そして、ランチへ。

 

公園の中にある温室を使ったレストランへ。

 

 

天気が悪いのですが、それはそれで雰囲気がありますよね。

 

中から見るとこんな感じ。

 

 

天井にある黒くて長い筒は空調の布ダクトです。

夏がどれくらい暑いのが気になりますが、今日は快適でした。

 

そして料理。

 

これがなかなか素敵でした。

タイ料理にインスパイアされた様な味付けですが、見た目も、味もとても良かったです。

 

 

最近、このスタイルのレストランが本当に増えたと思います。

私達の2343も似たスタイルですから。

 

そして、午後からは設計事務所見学へ。

 

 

15人程の所帯の事務所ですが、外国の事務所を訪問すると様々な学びと気づきがあります。

外には沢山のスタディモデルが廃棄待ちでした。

 

 

そして、やっと少しだけ街を歩く時間が取れたので中心部へ。

 

 

街中スケート場がオープンしていました。

夜は気温が零度近いですから、結局街歩きもほどほどにホテルへ戻り、まだある時差ボケを解消すべくココまでにします。

 

 


オランダ視察三日目・WAFプレゼン

今日は少し動きが違います。

 

朝からRAIと言う東京ビッグサイト的な巨大展示会場へ。

自転車通勤組が、猛スピードで目の前を抜けていきます。

 

 

会場エントランスには旗が。

 

 

で玄関。

年に一度開かれる、世界の様々な建築関係者が集まり建築の展示会と同時に、建築賞の審査会が開かれます。

 

 

世界中から、建築家達と建築メディアが集まって来る世界最大規模の建築イベントです。

実は私達は2016年に一度、最終選考にノミネートされて当時の会場だったベルリンに行き、審査員達にプレゼンを行いました。

しかし最優秀にはなれませんでした。

 

そして、三年ぶりにノミネートされて再びプレゼンテーションをする機会を頂きました。

 

 

審査会上には一般の方達も参加出来ます。

写真の様な会場が建築カテゴリーごとに分けられていて17か所程あります。

私達は、スクールと言うカテゴリーに入っているのですが、とは言ってもスクールと言うカテゴリーですから巨大な大学や学校と同時に審査されます。

今回も私達のプロジェクトが一番小さかったですから、「この中で最優秀に選ばれるのは相当困難だよね」とスタッフと話していました。

 

で、私達の番が来て約10分のプレゼンと質疑応答となりました。

 

 

結果は19時過ぎにメイン会場で発表されますから、暫くは時間があります。

途中で建築メディア『Archdaily』の取材が入ったり。

 

 

まだ時間があるのでホテルへチェックインをしに。

ホテルは毎日変えているのですが、今日はLloyd Hotel。

 

四年前に一度泊っているのですが、今回は別の部屋に。

 

 

元監獄だった建物がホテルになっているのですが、共用部分の吹き抜けは相変わらずの圧巻でした。

 

 

そして夕飯も取り、結果発表が行われるメイン会場へ。

 

 

結構、スゴイ会場です。

沢山の人で立ち見が出る程。

カテゴリー順に最優秀が発表されていきます。

 

そしてスクールカテゴリーの番が来て、ベルギーの事務所の作品がスクリーンに映し出されました。

『あー、今回もダメだったか・・・』と思っていた矢先に私達の作品がドンと映し出されて

 

『Winner is HIBINOSEKKEI』(最優秀は日比野設計)

 

との声が。

ベルギーの事務所の作品は優秀賞としてのポジションで、私達が最優秀に選出されました。

感動しすぎて、その映像を撮影し忘れてしまう失態(笑)

 

巨大プロジェクトの中から、私達の担当プロジェクトが選ばれるなんて本当に光栄な事です。

 

明日の午前には隣国へ出国予定だったので、嬉しさも程ほどに急いでホテルに戻ろうとしたら・・・・

 

主催者から

『貴方達、受賞おめでとう。』

『明後日、特別審査員達にプレゼンだからね。今度はカテゴリー無で最優秀受賞者達が純粋に競争になるのよ』

と楽しそうに言われました。

 

と言っても、

 

『私達は明日の航空券は手配済みだし、ホテルも次の場所に確保してるし・・・・。行かなくても良い?』

 

と事情を話したら主催者は

 

『何言ってるの、これは貴方達にとって名誉な事よ。絶対に来なさい。』

 

と言われる始末。

もう仕方なく、持っている航空券とホテルをキャンセルし、予定も変更、チケットも再取得となりました。

 

最終プレゼンなんて、カテゴリー外されたら更にとんでもないプロジェクトと競合する訳ですから、超超難関の道です。

まあ、楽しんできたいと思います。

 

 

そういえば、夕暮れがとても綺麗でした。

 

 


オランダ視察二日目

ホテルの朝食にはやはり沢山のチーズ。

 

 

そして、パンに振りかけるチョコレートのスプリンクル。

 

 

さすがオランダです。

私は朝食をかなり食べるほうですが、さすがにこれらを食べる勇気は無かったです(笑)

 

で、今日は早速視察に。

 

以前は視察先情報を詳しく書いていたのですが、私が書くと結構様々な人が視察に行ってしまい先方に迷惑をかける様なので、

詳しくは書きません。

 

オランダは幼稚園単体は少なくて、3歳から12歳までの幼少一貫が一般的です。

この学校もそのパターンでした。

 

 

ちなみに、オランダの大半は公立校です。

ここもそうですが、公立校でも教育メソッドを取り入れていて、ココはモンテッソーリスクール。

 

3歳から12歳までの同居ですから、下の写真の様に高学年の子はかなり身体サイズが大きめ。

 

 

下の写真は中学年の子供達。

 

 

更に低学年。

 

施設として特筆すべき事は無いのですが、やはり大人と子供の関係性は素晴らしいです。

そして、子供を成長させるためのシステムが確立していて、先生のスキルが日本よりも高く求められていると思いました。

 

一人一人の子供達の能力を分析して、それぞれに目標設定をして、子供達に自主的に学習をさせるのです。

そして、進みが悪いと判断したら同じ学年にとどまらせたりもある様です。

 

園庭は中庭なのですが比較的自然豊かでした。

 

 

で、この後は元造船所だったエリアが新しく開発されている地区でランチを。

久しぶりにBOTELを見ました。

 

 

なんかココで沢山食べてしまったのですが、実は最初に出て来たエビのビスクとコロッケが一番美味しかったり。

 

 

午後は更にもう一か所の視察。

 

 

建築の外壁はプレキャストコンクリートです。

コチラの新築は工場で精度を上げた建材を使うシステマチックな事例が多い気がします。

 

中庭。

外壁はなんと竹材です。

 

 

コチラでは比較的耐久性があると言う事で人気の建材らしいです。

5年経過しているらしいのですが、確かに木材に良くある暴れはあまり見受けられませんでした。

 

園庭。

 

 

これが少し残念。

日陰も無いし、自然の要素なんか皆無でした。

まあ、子供達は元気に遊んでいるのですが園庭にも教育的要素は必要だと思います。

 

この学校も2歳から12歳までの公立一貫校です。

公立のプロジェクトはとても予算が無いらしく、設計者は相当な苦労をした様でした。

 

 

夕方からは、市内の設計事務所に伺ってショートレクチャーを聞いたり。

そしてアムステルダムでまさかの出会いがあったり。

 

相変わらず時差ボケなのでココまでに。


オランダ視察一日目

慌ただしくオランダに来ています。

夕方にやっと市内に入り、ヨーロッパの冬は早く陽が暮れてしまう事、そして結構な雨が降っている事からホテルに直行して明日に備える事に。

 

ここのホテルは元児童養護施設だった所。

 

 

それがとても上手く素敵なホテルにリフォームされていました。

インテリアデザインって、古い建物に対して一気に生き返らせてしまうんですから本当に奥深いです。

 

で案の定、時差ボケに襲われて日本時間の深夜である事から夕飯後にはいつの間かベッドでうたた寝。

はっと起きたら深夜の二時。

 

目覚めてしまったら寝るのが困難な私はお風呂に入る事に。

 

幸い、ホテルが部屋をアップグレードしてくれた為に立派なお風呂でした。

 

 

当分、時差ボケが続く予定です(笑)


蛇の様な幼稚園

中国の四川省成都市郊外で工事が進んでいる幼稚園の現場写真が届きました。

 

蛇の様にクネクネとした形をしています。

 

 

実は敷地そのものがこんな形をしているのです。

更に面白いのは、幅が25mしかないのに奥行が400mもあり、高低差が15mもある事。

 

 

こんな敷地は、今後もまず出て来ないだろうと言う敷地です。

私達は、その敷地を最大限に活かすべく形態、高低差を楽しんだ幼稚園になる予定です。

 

実は設計は三年前に終わっていたのですが、三年経ってようやくココまで来ました。

海外のプロジェクトでは良くあることなのですが、日本人の感覚では驚く事が沢山あります。

 

来年には完成の予定ですから楽しみにしたいと思います。


幼稚園で伝統文化を教える空間を

朝目覚めて、ホテルから見た景色が綺麗でした。

 

 

ここは西湖では無くて杭州から100km程離れた湖州市安𠮷にあるダムのほとりです。

この地は安𠮷白茶と言うお茶の名産地でもあり、周囲を散歩すると綺麗な茶畑も見る事が出来ました。

 

 

余談ですが、中国における茶文化は多くの方が認知している事ですが、幼稚園で茶の所作を学ぶ時間があったりします。

こうした伝統文化を幼児教育に取り入れると言う事は、どこの国でも同じですが、空間の作りこみの工夫が足りないのがいつも残念に思っています。

 

 

今日も慌ただしく帰国です。

そして、明日から、また出張になります。


2019年 最後の海外レクチャー

今日はレクチャーが9時前からある為に、朝5時に起きてホテルを出て、2時間かけて会場に入りました。

今年は海外で16回のレクチャーを担当しましたが、これで今年の海外はたぶん最後です。

 

週末の朝にも関わらず会場は満席になっていました。

 

 

で、私は90分の担当だったのですが終わった後の質疑応答がかつて無い位に多かったです。

 

 

質問の範囲も建築設計的な事から、教育的な事まで。

とにかく皆、熱心で毎回感動させてくれます。

 

今回は、私に続いてスタッフの曾も講師を。

 

 

彼女は中国と日本の幼稚園や子供の環境を研究していて、こうした双方の環境について話せる人は貴重な存在です。

そして、こうした事を中国の規範に基づいた解説もしながら話をした事は多くの方の興味を引いていました。

 

更に、この後には福井大学の西本氏が登壇。

 

 

実は、彼もウチの元社員ですが、今は福井大学で幼児の環境について研究をしています。

彼の研究のかなり貴重な研究で、日本では建築学会とかの発表がメインなのに対して、こうした多くの方が集まる場所に招待される事は海外ならではの事だと思います。

 

幼稚園や保育園の環境は、多くの場合が設計者の感覚で設計されています。

色彩や素材、空間スケールまでが言ってみれば設計者の嗜好そのものが強く反映されています。

 

しかし、私達の設計はこうしたデータに基づいて設計する事が多い事は、他の設計事務所と大きく違う点であり、こうした事を公の場で話、皆に関心を持ってもらう事はとても大切な事だと思っています。

 

日本でも、こうした組み合わせでレクチャーをする機会が増える事を願っています。


| 1/254PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode