大分の認定こども園

大分の認定こども園が着工する為に起工式に参列させて頂きました。

 

 

周りには田畑が広がる、とても良い場所です。

いつも言っていますが、やはり自然が身近にある環境は子供が育つには最高の環境だと思います。

 

 

思い起こせば、数年前位からオーナーは私達にコンタクトを取って頂き、私達の事例を見学に何度も来てくれました。

そうしてお互いの信頼関係を築かせて頂けたのは何よりも有難い話でした。

 

いつも『面白いな』と思う事は、距離感と言うのは当事者の想いで、どうにでもなるという事です。

 

今回の現場と私達の事務所は車で移動するとしたら約1000kmの距離です。

これを『遠い』と感じる人もいれば『それでも国内だよね』と言って遠くないと捉えられる人もいます。

 

私達の所には、世界中から相談が来るので、もはや国内だったらどこでも遠いと思う様な所は無く、隣国でも思いません。

上海なら日帰り出張もします。

 

先日も、モロッコから相談が来て、やりとりをしましたが、これまでに相談が来た国は様々です。

 

当人の想い一つで物事の価値は変わる。

 

改めて、良いオーナーと出会えた事に感謝です。

 

最後まで頑張りたいと思います。

 


園舎の木質化に関する調査研究

最新の日本建築学会が発行する計画系論文集に福井大学の西本氏と調査研究を続けてきた事をまとめた論文が掲載されました。

 

 

タイトルは『内装木質化の保育室に関する保育者による評価』

共同研究者は京都府立大学 准教授の河合慎介氏、三重大学 名誉教授の今井正次氏です。

 

 

西本氏を中心とした調査研究チームは、なんと166施設 1194保育室を対象に調査しました。

最終的にはアンケート回答をして頂いた所と図面が整っている所と言う条件の中で、37施設 265保育室に絞り込まれましたが、このデータは園舎設計における一つの貴重なデータになったと思っています。

 

調査の中で、保育者から『木の環境がある事で子供達の特徴的なエピソード』を挙げてもらう項目があったのですが、

『柱や壁の匂いを嗅ぐ』

『模様を見て楽しむ』

『裸足で木の床の上を歩きたがる』

『音を楽しむ』

等があったのは、子供らしい感性豊かなエピソードでした。

 

詳細は論文を読んで頂ければと思いますが、今回の調査では非木質化室は木質化の部屋と比べて『注意集中の国難』や『眠気とだるさ』の様子が見られるという回答が8〜14%も高かったことです。

そして意外な事に、その効果は壁面を木質化するよりも床もしくは天井を木質化する方が効果が高いと言う事でした。

 

壁面の木質化の効果が上がりにくい理由の一つは、壁面装飾がある事が想像されますが、その点が改善されれば壁面木質化も有効になる可能性もあると思っています。

 

私達は、デザインを感覚だけで行うのではなく、こうしたデータを基に行う事を進めており、西本氏と連携して引き続きその他調査研究も進めております。

 

幼児教育関係者や、環境に関わる人達にとって有益な情報が提供出来る様になれば本望です。


30人の園舎専門家達

毎週、週の初めは全体会議があります。

その全体会議で、あるプロジェクトをテーマに担当者が全員に向けて15分のプレゼンテーションをしました。

 

 

そして、その後に全員から質疑を行いました。

初めての取り組みだったのですが、とても面白かったです。

 

良く考えてみたら、ウチのスタッフ達は全員が園舎設計の専門家です。

恐らくウチの若いスタッフでも、一般的な設計事務所よりも園舎設計に関しては経験値があるはずです。

30名近い園舎の専門家がいるのだから、こうしたデザインレビューみたいな事が面白いのは当然です。

 

1人の目よりも、30人の目。

これ私達の強みなんだと感じた朝でした。


福井の幼稚園

福井県で工事監理を進めてきた認定こども園 新園舎の完成が近づいてきており、現場確認へ行ってきました。

 

 

外壁に使った黄土色のタイルは福井は越前焼の手法と同じ方法で焼いた特別なタイルです。

 

そしてダイニングルーム。

 

 

テーブルと椅子が入っていませんが、奥のほうは外部と大きく接続していて、気持ちの良い空間になりそうです。

 

他にもご紹介したい箇所が幾つもあるのですが、やはり全貌公開はもう少し先までお待ちください。

 

今年の福井は殆ど積雪が無かった様で、今日もとても温かかったです。


子供達にもっと自然を

自宅から徒歩圏内にある森林公園をトレッキングしてきました。

 

 

私は小さい頃から外遊びや自然が好きで、今でも住むなら自然の近くが良いと常に思っています。

だから今の家の周りも豊かな自然があり、先日車を運転していたら突然大きな牡鹿が目の前に現れて、危なく轢くところだったり。

朝から付近で銃声が聞こえると思ったら、猿を追い払うボランティアが空砲を撃っていたり。

 

それにしも、厚木って人口が20万人もいるのに中心街区から7kmで標高280mくらいの森林へ登れるんです。

 

 

そして、そこから見える景色は絶景です。

 

 

ちなみに、こうした山並みと反対側を見ると横浜のランドマークタワーや、東京スカイツリーが見えたりもします。

 

私達の園舎設計が常に自然と向き合うのは、こうした背景が強くあります。


幕張のインターナショナルスクール

幕張で、テナント型のインターナショナルスクールの工事が進んでいます。

今回のご紹介はこのワンカットだけになりますが、この写真は実は鏡によるトリックが入っています。

 

 

かなり奥行がある様に見えますが、途中から先は鏡による反射なのです。

ちょっとした工夫で空間が豊かになる。

だからデザインって面白いです。

 

ちなみに、このインターナショナルスクールはプロサッカー選手であり監督でもある本田圭佑さんがプロデュースしているKSKグループとGLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSによる『SOLITIOGSA INTERNATIONAL SCHOOL』です。

 

建物隣には、ZOZOと本田さんがコラボしたサッカー場もあったり。

 

様々活躍をする本田さんのお手伝いが出来ている事を嬉しく思います。

 


KIDS DESIGN LABOの家具

KIDS DESIGN LABOの書籍出版される為の編集が進んでいます。

今日は、その為の撮影でスタッフ小西の自宅に。

 

 

写真は一番人気の『スクエアチェア』。

カラーバリエーションも整ってきて、相当良い感じです。

 

出版は夏前には、出来るはずです。

小西家と、御家族モデルとして登場してくれるので出版をお楽しみに。

 


日比谷でショートレクチャーでした

日比谷で行われたキッズデザイン賞の応募説明会のゲストスピーカーとして招待頂いたので、少しだけお話をさせて頂きました。

 

 

現代は世界中に子供の為のデザインをウリにした商品が溢れています。

しかし、その多くは『それは本当に子供の為?』と問いかけをしたくなる商品が多いと感じています。

 

どちらか言うと、結局はその商品を使うときの事故をゼロにする事の目的は会社へのクレームを無くす事が目的になっている様に見受けられるからです。

もちろん、こうした背景にはPL法と言う製造者責任の法律が日本にはあり、こうした事から守らざるを得ないという事があるのは理解しています。

 

ただ、どうしても本来は子供は失敗も含めて様々な経験をする事で成長していく訳なので、その失敗を事前に摘み取ってしまう事が本当に正しい事なのかは常に疑問が付きまとう話です。

 

これは、メーカーの社員と言う立場だと怪我ゼロを目指しながら、実際に自らの子供の事になると「怪我も必要な経験だよね」と言う事も理解している大人が多い事から矛盾の中で多くの大人が日々過ごしている訳です。

 

だからこそ、キッズデザインと言う事を言うならば、商品を作る側も使う側も大人が一定の覚悟をする必要があり、それが結果的に子供を成長させるという事を意識して欲しいとお話をしました。

 

簡単には行かない事ではありますが、参加者の方の一人でも意識を変えて頂くキッカケになってくれたら本望です。

 

そういえば、代官山でこんなロボットと会いました。

 

 

名前はLAVOTと言うのですが、以前にテレビで見た事があったのですが、AI搭載したロボットで一体35万程度との事です。

最近良くある人助けをするロボットと言うよりは、人を癒すペット的なコンセプトのロボットで、なんと人肌の温もりを持っています。

だから抱きかかえると、本当にペットを抱いている様な感覚になります。

 

 

そして、AIが1000人近くまで顔と声を認識して人を認知したり、接し方によって成長が変化していくとの事で、ペットが飼えない人向けに販売が好調との事でした。

 

私は幼少期から常に犬が身近にいて、今も12年目の犬がいるので、やはり実際の動物には敵わないと思いますが、ペットが飼えなかったらアリだろうなと感じちゃったのが意外でした。

 

 

そして、こちらがウチの犬です。

 

 

小さなクッションを自ら加えて移動して、自らの落ち着く場所に重ねて座ります。

こんな事を教えた事は一度も無いのに、自ら重ねる程に柔らかくて心地よいと理解してくる所は、教える事で成長するAIでは絶対に出来ない所だし、良い意味でサプライズと癒しをくれています。


幼児の城壁紙がバージョンアップ

ルノン社から発売され、幼児施設だけでなく病院、福祉施設、店舗、個人住宅まで様々な所で使われて好評の『幼児の城壁紙』がついに新色が追加されてバージョンアップしました。

 

今回も幼児の城スタッフ総動員で、現代のトレンドやこれからの方向性を含めて、色の追加と廃止を議論しました。

 

 

バージョンアップの内容は、人気の高いビビットなトーンを軸に、優しいグレイッシュなトーンを多く採用。
更に人気のウォームグレー、グレージュやミディアムなトーンのニュートラルも新たに追加しています。

 

とても素敵な色が増えて、ますます使いやすくなっていますので、是非サンプル帳をご覧ください。

お問合せは下記のルノン社まで

https://ssl.runon.co.jp/youjinoshiro/

 

 


宮城の復興支援プロジェクト

宮城県の女川町へ行ってきました。

 

 

東日本大震災のすぐ後に、仙台へ行って震災の傷跡を目の当たりにしたショックを今でも忘れられません。

あれから8年が経過して再び訪れた地は、表面的な傷跡はかなり消えていました。

 

しかし、訪問した女川町は街全体が役場から学校、道路までドンドンと新築されていて、逆にそれが震災の被害を想像させられてしまったり。

 

役場の裏には大きな墓地が広がっていたのは、心が痛み、手を合わせさせて頂きました。

 

でも実際には街の中は若い人達が一生懸命に盛り上げようとしている雰囲気がありました。

人気のある飲食店は平日でも列が出来ていたり。

休日は更に多くの人が来るとの事。

 

私達も女川のウニやアナゴなど、美味しい食事を堪能出来ました。

 

 

詳しい事は何も決まっていない事なので、現段階では書けませんが、私達が関われる様になれば嬉しい事です。

 

最近、地方都市でもアクセスが良ければ殆どが日帰り出張です。

今回も朝早い新幹線で乗り込んで、日帰りでした。

 

ところが、新宿まで戻ってきたら・・・・

 

 

小田急線が人身事故です。

時計の表示は22時前。

新宿から各駅停車が限定本数の運行状態では列車は大混乱と大混雑です。

 

仕方なく、ここからスタッフ達とタクシーになりました。

 

 

 


| 1/242PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode