幼児の城担当プロジェクト5件が、年間建築大賞ノミネート

世界最大の建築系ウェブサイトの「Archdaily」が主催するBuilding of the Year 2019(年間建築大賞2019)の教育施設部門で、日比野設計+幼児の城の担当作品が部門最多の5件がノミネートされました。
これから世界中の読者による投票が始まります。
是非御覧頂き、お気に入りのプロジェクトに投票頂ければ幸いです。

 


【CLC Beijing】
https://goo.gl/p8kdL5

 

 

 

 

【HN Nursery】
https://goo.gl/oQkgzd
 

 

 


【SMW Nursery】
https://goo.gl/6JEkvZ


 

 


【Muronokids Satellite】
https://goo.gl/DMdGtU


 

 


【Child Development Support Center Kiitos Hamura】
https://goo.gl/8UUHU7

 

 

 

 

 

ちなみに、福祉研が担当したプロジェクトも公共建築部門で一件ノミネートされています。

 

【PAL ASUNARO】

https://bit.ly/2GvHugA

 


京都の保育園

京都へ打合せに行ってきました。

小さなプロジェクトは京都で関わらせて頂いたことがありましたが、今回は新築のお話です。

そして、その敷地は京都駅から徒歩圏内のとても良い場所でした。

 

敷地前で見かけた擁壁。

 

 

シンプルですが擁壁に生えた苔も含めて、とても美しかったです。

 

そして敷地内に残されていたフラッグポールの台部。

 

 

昭和初期に作られた物の様ですがポールの部分も含めて、とても端正にデザインされていました。

こんなディテールから改めて京都の奥深さを知る機会に。

 

そういえば、このプロジェクトについてオーナーが先日来社されたのですが、その時に事務所で打合せをしていたらスタッフの一人がオーナーに向かって『こんにちは。覚えていますか?』と。

何を言っているのかと思ったら、本人が卒園した園だった様です。

 

そしたら、オーナーも覚えていてくれた様で、お互いにとてもビックリな事に。

20年以上も前の話をお互いに良く覚えていて、『こんな偶然もあるんだな』と。

そして幼少期の記憶って、改めて強いなと思わされました。

 

 


宮崎の認定こども園 工事進行中

今日は宮崎で工事が進んでいる認定こども園の現場へ日帰り出張です。

 

と言っても今日はとてもハードな一日。

朝8時半に厚木市役所へ行き、9時に銀行へ行き。

そこから一旦事務所へ戻って、用事を済ませてから急いで羽田空港へ。

この羽田までの経路が渋滞が出る確率が高い事から最大の難所だったのですが、意外に空いていてクリア。

12時発の便で、一路宮崎空港へ。

 

15時に現場へ着いて一気に現場確認となりました。

 

こちらの敷地には、雄大な既存樹木が幾つもあり、当然ながらこの樹木は残して活かす事に。

 

 

写真を見てわかる通り、この大きな樹木を買ったら相当な値段します。

それが既にあるんですから使うのは当然と言う位に素敵な木でした。

 

内部は一部だけ。

 

 

ここはホールになります。

左側の窓億には庭が広がり、常設のプールも設置される予定です。

そして内部に使わりている木材は全て宮崎県産材。

 

肌ざわり、視覚共に温もりのある優しい空間になりそうです。

 

 


YM Nurseryが韓国のメディアで紹介されています。

私達が担当したYM Nurseryが韓国の雑誌 2誌に紹介されています。

 

まず『MARU』。

 

 

 

 

 そして『DECO JOURNAL』

 

 

 

 

何故、同時期に同じ国の別のメディアで紹介されたのか不明ですが、私達の思想と共に紹介を頂いてるので嬉しく思っています。

 

 

そういえば、レストラン2343(http://2-3-4-3.com/)では桜が咲き始めています。

 

 

少し早咲きの桜ですが、日本には600種近い桜があると言われており、今回もそうした早咲きの桜が生けられています。

これから4月上旬頃までは、様々な種類の桜が生けられていきますので、是非御来店頂き少し早めの春を感じて頂ければと思います。


福井の幼稚園 工事進行中

福井県内で工事が進行している幼稚園改築の現場確認の為に日帰り出張へ行ってきました。

外装は大分終わってきているのですが、足場は外れておらず今回は一部の内部だけを紹介します。

 

まずはエントランス。

 

 

そして、その先にある子供達がプレイスペース。

 

 

全貌はまだ伝えられないので、ここからどうなるかは楽しみにしてください。

 

そして遊戯室。

 

 

最近、幼稚園でこうした規模の遊戯室を単独で所有する事例が少なくなってきているので私達の中でも久しぶりの事例です。

 

内外装共に、福井の事や園の事をコンセプトとして展開していて、素敵になりそうです。

 

 


雑誌『文教施設』への寄稿

一般社団法人文教施設協会から依頼を受けて、同法人の刊行する季刊誌『文教施設』の73号に寄港をさせて頂きました。

 

 

タイトルは『これからの幼児施設の在り方 〜建築的な視点より〜』です。

 

 

 

他にも東工大名誉教授の仙田先生が『これからの幼児施設の在り方』だったり、美晴幼稚園の東先生が『これからの幼児施設の在り方〜教育的の観点より〜』を寄稿されており、幼児教育関係者には参考になる特集号だと思います。

 

ご興味のある方は是非ご一読下さい。

コチラからお買い求めいただけます。

http://rief.or.jp/business/publication


長崎の小中一貫校 工事進行中

以前にも紹介した、長崎県佐世保市内で小中一貫校の工事が進行しています。

 

下の写真はダイニングルーム。

元々は公立中学校校舎だったので、ダイニングルームなど無くて別の特別教室でした所に、外部に元からあった緑を活かし、テラスを設置して、更に開口部を開放的に作る事で内外の連続性を出しています。

かなり気持ちの良いダイニングルームになると思います。

 

 

そして、下の写真はエントランス棟。

ココだけは学校への入口として新設されます。

更に中には茶室も設けられることになります。

コチラの学校は日本文化を教える事も意識している事から、茶道を取り入れる事をしている事が理由ですが、玄関に設けられる事でより学校の教育方針を明確にする事も意図しています。

 

 

4月には入学式が行われるので、現在は猛烈に追い込み中です。

まだ生徒募集枠が若干ある様ですので、興味のある方は是非下記よりお問い合わせ下さい。

 

九州文化学園小学校・中学校

https://kyubun-ejhs.jp/

 

 

 

全然関係無いのですが、ウチの犬は冬になると常にこんな感じです。

 


メキシコのメディアにATM Nurseryが紹介されています。

メキシコの政府系メディアが編集発行した『Arquitectura para el juego urbano Lineamientos para diseñar espacios
públicos de juego en la cdmx』(都市の建築的遊び場〜メキシコシティにおける公共の遊び場デザインガイドライン)と言う書籍に私達が担当した『ATM Nursery』が紹介されています。

 

 

 

この書籍は冒頭に紹介したテーマで、『都市の中に公共の遊び場をデザインするならこんな感じで』と言った内容で構成されていおり、世界中の遊び場がリサーチして分析がされています。

 

 

 

もちろん、ここで言う遊び場は遊園地の様な場所ではなくて、公園の様な場所であったり、公園よりももっと簡易的な遊び場であったりの話です。

しかし、こうした遊び場のデザインが子供達にとって有益であるという事をメキシコ市が書籍としてまとめて出版しているのです。

 

 

そんな書籍に紹介されている事、とても光栄に思います。

 

この書籍は下記リンクにて、オンラインで閲覧が公開されています。

https://issuu.com/maciaestudio/docs/apju__dig_single


カザフスタンのメディアが日比野設計+幼児の城を特集

全く読めないのですが、カザフスタンのメディア『Estatemag』が私達の事を特集してくれています。

 

 

海外のメディアが私達の事を紹介してくれる時には、デザインに加えて私達が子供達の成長についてどう考えているかと言った思想や理念を書いてくれます。

こうした思想が広がってくれる事をとても嬉しく思うと共に、本気で子供達の成長を願い行動出来る大人が増える事に期待をしています。

 

【Estatemag】記事はコチラ

https://estatemag.kz/studiya-hibino-sekkei-youji-specialisty-detskogo-sado-stroitelstva/


「保育園」がこんなにも建てられない理由

Yahoo!ニュースに「保育園がこんなにも建てられない根本理由」と言う記事が出ています。

そして、記事トップに私達の紹介がされています。

 

トップのイメージ写真は私達が担当させて頂いた保育園ですが、記事本文や記事後半に出てくる写真に私達は関わっていないので、ライターの方と建築関係者による文章ですが一つの事実だと思います。

 

 

興味のある方はコチラから

 

【Yahoo!ニュース】

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190131-00263166-toyo-bus_all

 

【東洋経済オンライン】

https://toyokeizai.net/articles/-/263166


| 1/241PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode