2343と言うレストランの持つスペック

2343で久しぶりに朝食も取れました。

今日は和朝食。

 

基本的にメニューの無いレストランですが、濱砂シェフとアシスタントの土屋は和食のセンスも抜群です。

 

 

ご予約頂いた日によっては、こんな朝食の時もありますので、是非朝食もお楽しみ下さい。

 

そして、2343では様々な商品の開発をしています。

 

例えば、オリジナルの蜂蜜。

 

 

これ、厚木の養蜂家 小川さんの所で採取した百花蜜なのですが一番のウリは非加熱で無添加の蜂蜜と言う所です。

実は世の中に出回っている蜂蜜の多くは純粋では無い事が多いです。

結晶化をさける為に液糖が添加されていたり、加熱は当たり前の様にされていたり。

更には薄められていたり。

しかし、私達の蜂蜜は本当に純粋に蜂の巣から取ったままを集めて瓶詰しています。

だから、当然季節によっては結晶化もしまし、蜂蜜の色も香りも変わります。

 

こんな上質な蜂蜜で、170g 1000円(税別)と格安です。

但し、生産量が限られているので限定40瓶しかありません。

 

レストランのみで販売しております。

 

 

また、こんなクリスマスギフトも。

 

 

こちらは昨日の投稿でランチ時に出されていたソーセージとベーコンが入った物です。

カマルグソルトのソーセージと、ブラックソルトのソーセージ。

2343オリジナルコーヒーで香付けした厚木豚のベーコン。

更にクリスマスターキーの代替えとして愛知県産のスモーク加工したウズラ。

もちろん全て無添加です。

これらをギフト用パッケージに入れてお届けしています。

価格は4000円(税別)です。

 

※既に予約枠で予定販売数に達してしまいました。

 

引き続き、良質な商品開発をしていきますので、ご興味のある方は是非レストランへお越しください。

http://2-3-4-3.com/


中国、マカオからの視察団

今日は中国や澳門(マカオ)から、視察団が来社。

 

 

2343(http://2-3-4-3.com/)で食事も楽しまれて行かれました。

中国から帰国していても中国の方達との接点は続く訳ですから、世界はつくづく狭いし、今の世の中は国単体で考える時代じゃないと改めて感じます。

 

ちなみにランチプレートはこんな感じ。

 

 

相変わらず、濱砂シェフのセンスは見事です。

ソーセージやベーコンは2343が開発して厚木の工場で製造しているオリジナル商品です。

子供達やお年寄りでも安心して食べて頂ける様に無添加な食品です。

 

明日の投稿で少し紹介出来ると思います。

 

外国での食事も楽しいですが、2343での食事は安定していて栄養バランスが良いので安心出来ます。

最近は予約も取りにくくなってきていたりして、来店希望の方にはご迷惑をお掛けしていますが、早めにご予約を頂ければ対応させて頂いてますので、よろしくお願いします。

http://2-3-4-3.com/

 

 


幼稚園の制服、出版書籍などが進行しています。

久しぶりに週初めを事務所で過ごせます。

7時からの取締役会や、7時半からの役員会、8時からの全体会議などを済ませて、

社内でのDRや、海外との電話会議をこなして。

 

ランチも久しぶりに2343で。

 

更に午後からはKIDS DESIGN LABOが担当している海外幼稚園の制服デザインについてデザイナーの山崎さんと打ち合わせがあったり。

 

 

KIDS DESIGN LABOのプロデュースする制服は既存の制服に全く無いコンセプト作りから私達は関わっています。

『カタログから買うほうが楽』と思われている方には、逆に面倒な事ばかりになる訳ですが、

『カタログから選ぶ既製服ではウチの園方針に合うのは無い』と思う方には、私達しか出来ない制服の提供が可能です。

 

 

これまで園舎ばかりに関わってきましたが、改めて園舎に取り巻く物に目を向けてみると、つくづくどの商品も大人都合で作られている事が良く分かります。

 

子供が毎日着る服なのですから、子供たちの為の服であるべきなのですが。

 

夕方からは、このKIDS DESIGN LABOのコンセプトブック制作を進めているので、その打合せも行われました。

 

日本でも海外でも、どこにいても結局は忙しい事は変わらないので、今は忙しい事を楽しんでいます。

 

 

 

 

そういえば、昨日私が出社したらデスクに一冊の本が置いてありました。

人生は自分次第で面白くなる

 

 

著者は私の父であり、日比野設計創業者でもある、日比野満でした。

まだ勤務している頃に書いていたブログの抜粋を本としてまとめた物になっていて、高木書房さんから出版された様で、書店でお買い求め頂ける様です。

 

Amazonではコチラから

 

ご興味のある方は是非ご一読下さい。


上海の幼稚園とIAI AWARD授賞式

今度は上海に移動してきました。

 

そして私達が設計監理担当した上海の幼稚園で、入園希望者向けの方達に対してレクチャー担当をさせて頂きました。

 

 

幼稚園における実際のユーザーになる訳ですから、こうしたレクチャーはとても意味があると思います。

 

 

 

レクチャーの後には、皆さんに園舎を案内しながら詳しい説明をさせて頂く機会もあり、貴重な機会となりました。

 

そして、この後は上海展覧センターへ移動です。

 

 

ここでは、IAI DESIGN AWARDの授賞式が行われ、私達の3つのプロジェクトに対して表彰を頂きました。

 

 

二日連続で表彰されるなんて、経験した事ありません。

昨日も書きましたが、各プロジェクトのオーナーとプロジェクト関係者、主催者、審査員の皆様に感謝申し上げます。

 


16th International Design Media Award 受賞

昨晩は箱根で忘年会があったのですが、再び今朝の便で香港経由の深圳に入りました。

 

そして新規プロジェクトの現場を確認した後に、今日のメインイベント会場のSt.Regisへ。

 

なんか、ここのエレベーターに乗ってビックリしたのは、1階の次が96階って事。

 

 

フロアに到達した時に見えた世界は完全に雲の上でした。

 

本日のイベントは、第16回を数える International Design Madia Awardの授賞式です。

 

 

私達が担当したATM Nurseryが年間公共建築大賞を受賞しました。

 

 

こんなに大きくスクリーンに映し出して頂いたり。

 

そして壇上に呼ばれてトロフィーや盾を頂きました。

 

 

プロジェクトを担当させて頂いたオーナーに感謝すると共に、賞にセレクトしてくれた主催者と審査員にも感謝致します。


日比野設計 忘年会

深夜0時過ぎの香港発のフライトの乗り込んで、朝の6時に羽田に着き、一旦事務所に戻ります。

 

そして打合せを少し終わらせてからは、紅葉真っ盛りの箱根へ。

 

 

今年も忘年会の時期なんです。

 

事務所は必要ならば常に進化をする事を意識していますが、何故かウチの忘年会だけは古典的です(笑)

 

忘年会の前には社友の方達と共に年次総会を。

 

 

写真に写り切っていませんが、60名近い人数になってしまいます。

そして、ここで年間のプロジェクト報告や研修報告、年間表彰まで。

 

この後はメインの忘年会。

 

平均年齢32歳位の若い集団なのに、未だに温泉旅館に浴衣です(笑)

 

 

でも、これが意外に楽しいんです。

おまけに、ジェスチャーゲームなんかまでやったり。

 

そういえば、日比野設計を引退したレジェンド達も来てくれて、相変わらずの元気な姿を見せてくれました。

 

 

最後に記念撮影。

 

 

これも古典的でした(笑)


深センの小中学校 設計進行中2

深圳のホテルからの景色。

 

 

更に別アングル。

 

 

深圳は、多くの方が抱く中国の対するイメージよりもかなり洗練させている街です。

 

さて今日は、昨日に事前打ち合わせをした深圳の新設小中学校の施主打合せでした。

 

 

事務所スタッフ達は連日の深夜作業で、何とか打合せ資料をまとめてくれて、最新の資料説明をすると施主達は皆が『素晴らしい』と称えてくれます。

 

ただ、問題は結局コストです。

施主側の要望で面積は当初よりも5000平米も増床してきたのに、『今の一番の課題は予算が足りない事です』と言うのです。

で、先方の担当者の中には『こんなに素晴らしい学校は、予算を何とかしても実現すべきだ』と言ってくれる人もいたり。

 

設計も最後の追い込みですが、この先どうなるかはお楽しみに。


深センの小中学校 設計進行中

昨晩は一旦帰国して、朝一番のフライトで香港経由で深圳に入りました。

深圳では以前に報告している新設小中学校の設計が進行しており、模型も幾度となく作り直しがされたり、CGの描きなおしをしたり。

 

 

何しろ37000平米と言う規模は私達にとっては、かなり巨大です。

今日は事務所内の事前打合せで、明日が顧客側との打ち合わせです。


北京の幼稚園現場

北京の幼稚園現場が進行しています。

北京も、これから冬を迎える訳ですが、1月の平均気温はマイナス3度近くになります。

そんな地域なので、冬場に湿式の工事等を避ける為に、該当部分から先行して行っていきます。

 

外国に来ると、当然ですが日本とは勝手が違う部分が沢山あります。

しかし、こうした部分を認識して学ぶ事はとても面白い事です。

 

そして大抵の幼稚園には温水式床暖房が施工されます。

 

 

もちろんこれだけでは寒さを凌げないので、ラジエタータイプの暖房であったり、外部建具の気密グレードは日本より遥かに高かったりします。

 

1972年築の既存建物を改修して幼稚園にするプロジェクトなので、沢山の制約があるのですが、実はこれが楽しかったりもしています。

 

話は変わりますが、北京に来るとお客様が食事に連れて行ってくれるのですが、北京ダッグ率が相当高いです。

 

 

もうこの三年間で、数えきれない位に食べさせて頂きました。

贅沢な話ですが、『もう北京ダッグは食べたくない』と言う位です(笑)

 

逆に、こうした担々麺みたいの物の方が嬉しかったり。

 

 

ただ中国の方にとっては、これではおもてなしをしたと言う意識にならない様で、私達が『担々麺が食べたいです』と言うと、『そんなものじゃ申し訳ない』と言われてしまいます。

 

文化の違いと言うのは、本当に面白いです。


ギリシャ視察 8日目

昨晩からの宿は、Airbnbで谷野と中西がセレクトした所に。

こちらバルコニーからはパルテノン神殿が見えてました。

 

 

ここまで、遠目にパルテノン神殿は見てきましたが、結局は行けてなかったので最終日に行こうとなり、朝から向かいます。

airbnbは食事は自炊基本の為、私達はカフェで朝食を。

 

 

そして、初のパルテノン神殿に。

 

 

ネット上では、結構評判悪かったので心配してましたが、実際に行ってみたら、全然そんな事は無くて感動しちゃいました。

やはり歴史に想いを馳せて、この建築を考えてみると凄い事だと思います。

 

そして帰国の為に空港へ

 

空港で見かけたオリーブオイル缶のデザインがどれも素敵でした。

 

 

 

 

初ギリシャの旅、とても良かったです。

人に任せてみた旅でしたが、谷野と中西のセンスの良さに助けられました。

 

 


| 1/238PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode