長沙でのレクチャー

昨日の夜に今日行われるレクチャーを担当する為に中国の湖南省長沙に入りました。

そして今日、会場近くに来たら・・・

 

『えーーーー』聞いてないよ(笑)

 

 

と思わず声が出てしまいました。

交差点に私の写真。

さすがに大きすぎです。

 

と思ったら、他にも幾つか・・・・

 

 

そんなに私達の事を宣伝してくれなくてもっていう位に宣伝してくれてました。

 

今回のレクチャーはかなり限定的な人達に対してだったので、比較的コンパクトな会場。

 

 

これ位の距離感って、逆にお互いの表情や息遣いが分かってやりやすいです。

 

 

カメラマンが撮影してくれた写真の背景が何故か、うどん。

 

 

レクチャー後に、オーガナイザーの担当が全員の前で感想を話してくれたのですが、本当に私の話を良く理解してくれていて感動でした。

 

 


忘年会と研修発表

一昨日の記事でも書きましたが、昨日は忘年会が行われました。

会に先立って、全社員と協力事務所の方達に集まって頂き、まずは一年間の報告を。

 

 

そして、予定通り研修報告です。

12組がくじ引きで順番を決めて、それぞれが3分間と言う短い時間でのプレゼンを行いました。

ウチは毎週月曜日に担当スタッフがショートプレゼンを輪番でやっていて、最大4回までは再プレゼンをするシステムがあります。

そんな事を続けているうちに、皆がプレゼンを意識して考える様になればと思っているのですが、こうしたプレゼンの場を見ると、明らかに全員が上手くなっていました。

 

そして参加していない方達に投票をしてもらったのですが、最優秀賞は・・・

 

なんとメキシコチームの中山恵理。

 

 

私のチームだったのですが、圧倒的にプレゼンが上手かったです。

 

優秀賞は二組いて、一組目がスイスチームの茅野。

 

 

茅野はおだやかなプレゼンながら、まとめ方が上手かった。

 

さしてもう一組はブラジルチームの新城。

 

 

彼のプレゼンは常に熱さがあるのが特徴。これ、とても大事な事です。

 

最優秀賞と優秀賞には都内三ツ星レストランでの食事が贈呈されました。

ただ食事をするのではなく、一流と言われている店に行く事でも感じる事が沢山あるはずです。

 

 

この後はメインの忘年会。

ウチの忘年会、何とも古典的です(笑)

 

 

毎年の様に温泉旅館の宴会場なんです。

で新入社員達が、出し物やったり。

 

 

馬鹿げている様に見えますが、場を盛り上げたり、人を楽しませるために、こんな事でも一生懸命にやる事って素晴らしいと思います。

 

で、この後はくじ引きみたいのがあって。

このくじ引きの当たりとハズレの振り幅が凄いので、結構皆ドキドキです。

 

と言っても、まだ今年も三週間あります。

ちょっとした息抜きでしたが、もう今朝は朝一番のフライトで地方出張に向かったスタッフがいたり。

都内や遠方の現場に向かったものがいたりと、全員が元気でに活動しています。

 

年末まで突っ走ります。

 


今年の研修旅行全日程終了

以前に記事で書きましたが、今年の研修旅行が昨日最終隊が帰国したので無事に終わりました。

このシステムについてはコチラをご覧ください。

http://youji-no-shiro.hibinosekkei.com/?eid=1033866

 

 

で、二人一組のチームを作って、各自が企画をして訪問した国は

メキシコ

スイス

インド

オーストラリア 二組

タイ 二組

アメリカ 二組

中国

ブラジル

フィンランド

 

と9カ国に。

 

これが飛んでもなく面白い企画となりました。

 

 

メキシコチーム

ついに太陽の神殿 テオティワカンを見れました。

 

スイスチーム

完全にアルプスの少女ハイジの風景です。

 

 

インドチーム

光井戸ってやはりスゴイ。

 

 

オーストラリアチーム

自然が見せる美しさに圧倒。

 

 

更にもう一組のオーストラリアチームはタスマニア島へ

豊か過ぎて羨ましいです。

 

 

中国チーム

雲南省にある蓝月谷と言う湖。

中国にこんな美しい湖がある事を知りませんでした。

 

 

 

ブラジルチーム

街中でフットサルに参戦しちゃってました。

 

フィンランドチーム

なんと電気も水も無い生活を数日送り、帰りの機内ではオーロラに遭遇したそうです。

 

アメリカやタイのチームもそれぞれが豊かな経験をしてきてくれました。

こうした投稿が、社内SNSにドンドンUPされてくるのです。

 

そして社内からは『いいなあ』の溜息が連発。

自分達も行ってるのにも関わらずです。

 

私達が意図した事は、経験を増やす事こそが人生が豊かになるし、私達の本業である設計の発想も豊かになると言う事でした。

そして、これは一年目の企画としては成功した様な気がしています。

 

各自が業務の合間を縫って一生懸命に調べて企画をして、社内プレゼンを通して、限られた予算の中で最大限の工夫をする。

そして年長者と若いスタッフが男女を問わずコミュニケーションを図る。

 

普段の生活ではなかなか得られない経験でした。

 

そして、これの最後の企画が明日行われるファイナルプレゼンテーションです。

明日、忘年会の中で各チームが3分にまとめて研修報告をします。

そしてそれを、外部の参加者に『どのチームが最も研修として意義があったか』を審査してもらいます。

 

最優秀者と優秀者には更に豊かな経験をしてもらう機会が与えられる事になります。

 

さて、どんな事になるか楽しみです。


こういう人とまた出会いたい

先週から葬儀が続いています。

今日は、雨宮徳治さんの葬儀。

 

雨宮徳治さんは、建設会社 滝新の専務だった方。

はじめてあったのは、7年位前だったと思います。

 

園舎の改修工事の見積をして頂く業者さんの一社でした。

ヒアリングの為に事務所に来て頂いた時に衝撃的だったのはその風貌。

 

イタリアンマフィアの様なゆるめのスーツに薄く色の入った眼鏡、髪は白髪交じりのオールバック。

なんだか悪役商会の役者さんの様な、いで立ちでした。

 

ところが話をしてみると、なんとも軽妙なのです。

時々座っている椅子からお尻をスッと浮かすんです。

と同時に「プっ」と言う軽い音も。

 

そうです。初対面の人を前にオナラをしまくるのです。

そして『うーん。まあ何とかなるでしょう。ガハハハ。』と笑い飛ばす。

『任せてくれれば、ちゃんとやるから』『この値段しかないんでしょ。やるよ。やる。』

 

こんな感じなのです。

 

一体、このオジサンは何者なんだろうと一瞬は思いましたが、その後に『この人、大丈夫だな。信頼できる』と言う感覚に変わっていました。

 

私達は、建設会社を選ぶ時には値段だけで選ばない様にしています。

工事は人が行うものです。

だからこそ、そこで働く人が信用できるかどうかが大切だと思っています。

 

そういう意味で、雨宮さんは信用できると感じたのです。

 

その後、オーナーには『私は、滝新さんが良いと思います。最終判断はお任せします。』と伝えました。

結果は、オーナーも既存の付き合いがあった業者から滝新さんへ変更する決断をされ、その後の工事においても継続して使われる関係を築かれたのです。

 

雨宮さんと言う方は、こんな方ですから私達も安心してお客様に推薦出来ました。

そして、先程同様に次々とオーナーの信頼を得ていかれました。

 

幾つかの現場でお世話になったのですが、そこではウチの若手スタッフも大分お世話になりました。

色んな事を教えて頂いたり、目を掛けてもらっていました。

恐らく若いスタッフ達にとって、こんなに有難い話は無かったのでは無いかと思う程です。

 

こんな雨宮さんですから、その葬儀には沢山の方が来場されていました。

 

そして葬儀の帰りに渡された物の中に、一枚の紙が入っていました。

 

 

読んだら危なく人前で涙が出そうになりました。

本当に雨宮さんの人柄が出ている文章です。

 

雨宮さんと以前に話をした時に、若い時は沢山苦労をされたそうでした。

でも、だからこそ若い人が頑張る姿が好きだと言っていましたし、常に温もりのある人柄を感じさせてくれました。

 

もちろん、現場の質が悪いとプライドを持って直す姿勢を自社の社員達に指示をしていました。

 

こんな方が早く亡くなられてしまうのはとても残念です。

しかし、私が当初海外出張の予定で通夜も葬儀も出れないと思っていたのが、急きょ出張が中止になり通夜に顔を出せた事は、最後に雨宮さんが『顔を見せてくれよ』と言ってくれた様な気がしています。

 

実は現在も一件の工事でお世話になっています。

 

私達が頂いた愛情や恩を忘れずに、立派な建築を創る様に頑張ろうと改めて心にする機会になりました。

 

雨宮さん、ありがとう。


幼児の城 in 中国

中国 廈門で中国全土の幼児教育関係者が集まる大会が開かれるにあたり、講師として招いて頂きました。

東京ビッグサイトよりも巨大な会場を幼児教育と言うテーマだけで様々なイベントが行われている様子は実に圧巻。

(私が慌ただしくて写真を撮り忘れてしまいました・・・)

 

そして私は幼稚園の施設と言う部分でのレクチャー担当です。

 

かなり広めの会場が用意されていて、会場に入った瞬間は「こんなの人集まるのかな・・・」と心配をしていましたが実際に始まってみたら500名近い人が来てくれて、立ち見と通路座りの人まで発生したのにはビックリでした。

 

 


中国の多くの幼児施設に関わる人が、過保護過ぎたり、派手過ぎる現状に疑問や不安を抱えていて、そうした人達が「勇気を持てた」と言うリアクションをくれた事は私も勇気を頂けた気がします。

 

 


外国でレクチャーすると、子供に対する大人の想いは世界共通なんだと改めて感じます。
2時間も私の話を帰らずに聞いてくれた人達、通訳の舒さんには感謝の気持ちで一杯です。

 


おにぎりの日? in 幼児の城

今日のランチは岩垂が言い出して企画した『おにぎりの日』。

 

濱砂シェフとアシスタントの土屋さんは、週末から鯵の酢締めや、筋子や唐揚げやけんちん汁を仕込んでくれたり。

おにぎりなんか、ネギ味噌の大葉巻き、鮭筋子、ガーリックトマト、さつまいも炊き込みご飯の四種まで用意されたり。

 

そして、カウンターで食べたいおにぎりを二種注文したら、その場で握ってくれるなんて、『お店かっ!』て感じに。

 

 

ウチのスタッフ達はいちいち捻ってきます(笑)

そして、そういうのが私も好きなんです。

 

 

こうしてテーブルを皆で囲んで食事をすると大家族の様で楽しいです。

 

 

 

あえて普段会話の少ない人と座ってみたりなんかすると、意外な事に気づいたり。

そして、そんな事がお互いの理解を深めたり。

 

これ、私達が園舎設計で食の空間を大切に設計する理由と同じです。

そして気持ちの良い空間で、誰かと一緒に食事をすると食欲が沸いたり。

 

あっ、そういえば事務所の三階、面白い事になりはじめています。

あと二週間位で公表出来るかも知れません。

 


宝塚歌劇団と園舎設計

人生初の東京宝塚劇場で宝塚歌劇団を見てきました。

 

 

特別講演だったので、10時50分から始まり、14時過ぎに終わると言うイレギュラーなスケジュールだったのですが、前半と後半の二部構成はアッという間に過ぎました。

 

別の言い方をすると、大感動の4時間でした。

 

一部の幕が上がった瞬間のカスミ越しに絶妙な立体感のあるライトアップの中で動き始める人からスタートした訳ですが、この段階で『うわっ』とゾクゾクとさせられてしまう始末。

 

その後は、演者の素晴らしいパフォーマンスと共に、オーケストラと、ドンドンと切り替わる素敵な舞台セット。

スピード感溢れる構成に圧倒されてしまいました。

 

休憩を挟んでの二部は、ダンスを中心としたパフォーマンス。

これが更に統率されていて圧巻なのです。

 

そしてトップスターと言われる朝夏まなとさんを中心とした構成は、多くの人を徹底的に魅了する様になっていて、ファンを引き付けて離さない理由が良く分かりました。

 

トップスターの演じ方、立ち居振る舞いはもちろん、出演されている全ての演者の方達が、あそこに至るまでにどれだけの練習を経て来たのだろうと図る事も出来ない位に圧倒されました。

 

改めて一流のプロの凄さに感動し、自らの姿勢を顧みる良い機会になった気がします。

 

宝塚歌劇劇団を見た事が無い人は、是非一度見てみる事をオススメします。


鳥取の保育園

鳥取で工事中の保育園が形が見えてきたので、現場へ。

 

 

 

都市部には都市部の園舎がある様に、空気の綺麗な場所にはそうした環境を存分に取り込める園舎があっても良いと思っています。

そして外観についても、地方には地方の風景に合った、街並みとして違和感の無い外観であるべきだとも思っています。

 

こちらの保育園は、まさにそうした事を具現化した建築になってきています。

 

外観は外構工事が終っていないので、改めての公開としますが、華美な色を使わずに大きな伸びやかな屋根を掛けていて、スッと街並みに溶け込んでくれています。

 

そして建物外周に等間隔で配された木製建具は全部開放出来る様になっています。

これにより、気持ちの良い季節は全開放して存分に気持ちの良い空気を取り込める様になっています。

 

下の写真は廊下と道路の関係性を表した写真です。

 

 

道路境界には蛇篭が配されていますが、建具を開放した事で、かなり開放的に外部と繋がっている事が分かると思います。

 

そしてトイレと廊下と外部関係性を示した写真。

 

 

階段の上にミラー状の板を張った幼児トイレがあるのですが外部の景色を映り込ませているので分かりにくいかも知れません。

ここも建具を開け放つと本当に気持ちの良い空間となります。

 

鳥取でも、この園舎が建つ地域は冬の寒い時期の平均気温はマイナス3度前後まで下がります。

逆に夏場の熱い時期は37度前後と年間気温差が激しい地域です。

降雪の12月から2月にかけてはある地域なので、今回は一枚目の写真で分かりますが薪ストーブが設置されています。

 

実は他にも小さな仕掛けが散りばめられているのですが、それを最初に知って体験するのは子供達と言う事に。

 

まだ二期工事と外構が残っているので、更に環境は良くなると思います。

楽しみです。

 


世界遺産と園舎

せっかく福建省に来てるのだから、福建土楼を見ないで帰る訳にはいかないと言う事で、今日は漳州市へ。

車を2時間半程走らせて向かいました。

 

そして目の前にドーンと登場です。

 

 

25年程前に、事務所にいた福建省出身の中国人の方に福建土楼の話を聞いて以来、ずっと見てみたいと想い続けて来たものをようやく見る事が出来ました。

 

この建築は古い物は1300年代に建てられたものであったりします。

この写真から見ても分かる通り円形の物と四角形の物があるのですが、外に対して閉じて内に対して開くこの形状の訳は盗賊対策だったそうです。

 

 

構造は木造で、壁は土で築きあげられているのですが、その厚さは1m50cm程にもなっているそうです。

 

 

中に入ると圧巻です。

『良くこの時代にこんな建築を建てたな』と人間の知恵と力の凄さを改めて強く感じました。

 

 

建築としての居住性については、各居室は狭くて暗いのが現実で快適とは言えないのが住民達の意見でもあるそうです。

 

 

 

またトイレは土楼の中には無く、一時的に容器に貯めたら外の川に流すそうで、これも不便な生活として住民が嘆く理由の一つとなっています。

 

写真に上げているのは観光客が殆どいない所を案内頂いたのですが、実際にはユネスコ世界遺産に登録されて以降は物凄い観光客が訪れる様になり、一部の土楼は完全に観光地かしており内部は全てショップとなっている様な所もありました。

 

更にそうしたエリアは土楼周辺にも及んでおり、かつては茶業で生活を支えてきた住民を観光業として生活を成す様に変化してきている様です。

 

そういえば、こんな巨木がありました。

樹齢650年近いガジュマルの木です。

下に見える人とのスケールを見ればその大きさがどれだけ大きいか分かると思いますが、幹の太さは1m50cmにもなるそうです。

 

 

あと、こんな風景も。

これ、完全に星のや軽井沢です。

 

 

と言っても、コチラの方が圧倒的に古い訳ですから偶然と言う事なんだと思いますが、とても素敵な環境がそこらじゅうにありました。

 

最後の一枚はコチラ。

子供達が川で魚を採りをして遊んでいました。

 

 

おばあちゃんが、昔ながらの天稟で物を担いでいたり。

 

 

土楼の周辺には鶏が放し飼いでウロウロしていたり。

 

 

アヒルも川に沢山いたり。

 

 

そして、そうしたアヒルや鶏は食べる為でもある訳で、そのアヒルを川で洗っている姿をみたり。

 

 

 

こういう風景を見ると、いつもホッとします。

何故なら、子供達や、人間が人間としての基本的能力を失っていないと感じるからです。

 

この地区は良い意味で映画に出てきそうな位の農村部です。

観光客が大量に来る様になり、一部の地域は以前とはかなり変わった様ですが、それでも大半の所は何世紀も変化していない様に見えます。

 

すなわち、そこには業者が作った様な遊具や人工的な遊び場は無いですし、加工済み食品を食べるなんて感覚は無いのです。

しかしどこにも負けない豊かな自然があります。

 

だから子供達は自然の中で自ら遊びを見つけて遊んでいる訳ですし、

動物は食料でありながら共存しているのです。

 

私達が幼稚園や保育園の設計で常に意識している事はまさにコレです。

大人である私達がデザインをしすぎない事。

物や事の過剰供給をしない事です。

 

そしてそこに不足が発生するならば、子供達や大人達が生み出せば良いと思っています。

人が物や事を創造をする余地を残したいのです。

 

今の時代、人間はAIをドンドン進化させて便利な世の中を構築しようと必死です。

しかし、AIとは人工知能であり、それを生み出す過程は人間が行っても、それそのものは人間が思考する事を放棄してAIに思考させようとしています。

 

人間は便利になる事へ知恵を使い過ぎ始めている気がします。

便利になり過ぎると、本来持っていた能力が退化し始めます。

 

こうした田舎を見ると、便利なんて知らなくても人間は十分に笑顔で暮らしていける事を再認識出来ます。

 

中国と言う国は、上海や北京と言ったハイテクが物凄いスピードで進化している巨大都市がある一方で、少し奥に行けばタイムスリップした様な良き時代の風景を沢山見る事が出来ます。

 

多くの人が、こうした風景を自分の目で見て、気持ちを切り替えるきっかけになって欲しいと思う一日でした。


China Good Design Award受賞

朝の5時半に家を出て、15時には中国は福建省の厦門(アモイ)に来ました。

 

空の上から見た初めての厦門は港町らしく美しい海と青い空がとても綺麗です。

 

 

空港近くには、こんな赤瓦の建築群も。

なんだかヨーロッパの様です。

 

 

今回で今年は18回目の中国ですが、今回の目的はChina Good Deisgn Awardの授賞式参加です。

先日NYでも受賞したKM Kindergarten and Nurseryがここでも受賞となりました。

 

かなりしっかりとしたホールで派手な演出の中で、名前を呼ばれて園舎がスクリーンに映し出された後に、写真にある白いカーペットの上を歩かされてステージまで行かされたのには気恥ずかしかったです。

 

 

それでも、こんな形で表彰を頂いた事は私達にとっても大変な光栄な事です。

この賞においても幼稚園は私達だけという事で、多くの方の注目を集めた形となりました。

 

このKM Kindergarten and Nurseryはこれで日本、米国、英国、中国と四か国で五つの賞を受賞させて頂きました。

こんなプロジェクトに関わらせて頂いたオーナーに改めて感謝すると共に、このプロジェクトに関わったスタッフにも感謝したいと思います。

 

 

そして、こうした事に対して私達が恩返し出来るとすれば、直向きに子供達の成長を願って信念を持った園舎設計を続けていく事だと信じています。

 

引き続き精進したいと思います。

 


| 1/224PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode