香りは、子供達にどんな影響を与えるか

本厚木駅前のKIDS DESIGN LABOオフィス エントランスには秋の植物が飾られ始めました。

 

 

 

2343 FOOD LABOの店内も秋らしくなってきています。

 

 

午前中に海外プロジェクトのデザインレビューを済ませてからランチを取っていたら、インターンとして来ている加藤君の食べている量が他の人の三倍でした(笑)

 

 

良く食べる人を見るのは何だか気持ちがイイですね。

 

午後からは本社に戻って、アロマオイルの香り確認に。

 

私達のオフィスには、アロマオイルのミスト発生器が隠されていて、事務所内の7か所でタイマーセットされています。

それを年間6つのシーズンに分けて、全部の香りを変える事をやっています。

 

 

アットアロマさんとコラボレートしているのですが、担当の方は7か所×6シーズン分なので42種類のアロマオイルを提案してくれました。

夏の時期なら、清涼感がある様に。

風邪やインフルエンザが流行する時期だったら抗ウィルス効果のあるものだったり。

全部にコンセプトが設定してくれているので、とんでもなく凄い事です。

 

で、それを全部嗅いで行くのですが、これも結構大変な作業です。

 

 

でも、香りって人の気持ちをコントロールしてくるのでとても面白いです。

 

現在、アットアロマさんとは幼稚園や保育園の子供達や、働く先生達への効果を福井大学の西本先生と共に共同研究を進めていたりもします。

 

事務所にお越しの際には是非体感下さい。

 

 

この後、更に他のプロジェクトのデザインレビューを三本。

 

 

工事中のプロジェクトでは、仕上げ材と色の確認だったり。

空間の確認だったり。

 

全員が毎日忙しくさせて頂いてる事は、本当に感謝です。


本厚木が住みたい街ランキング1位に

先日、LIFULL HOMESが発表した『コロナ禍での借りて住みたい街ランキング(首都圏版)』で、私達の事務所がある『本厚木』が一位になったそうです。

 

 

 【コロナ禍での借りて住みたい街ランキング(首都圏版)】

https://www.homes.co.jp/cont/data/corona_s_ranking_shutoken/

 

昨年の段階で、既に三位だったのですが一気に一位になった事は、ちょっと驚きでした。

記事中に、上位にランキングされる所の共通点として

  • 多少都心方面へのアクセスに時間がかかっても、電車を乗り換えずに済むエリア
  • 郊外のターミナル駅で駅勢圏が比較的広く、生活利便性がある程度担保できそうなエリア

の二つが挙げられています。

これは以前より私が言い続けてきている事です。

更に言うと電車よりも車があればより便利に暮らせます。

何しろ、東名自動車道と圏央道が走っていて、東名を使えば東京ICまで20分程度です。

もちろん静岡や関西方面へのアクセスも都内からのアクセスよりも容易です。

更に圏央道は東北道と関越道に接続されている事から、長野などの中部地方方面や栃木、群馬、福島などの北関東や東北地方へのアクセスも容易です。

すなわち東西南北の全ての方向に対してアクセスが用意になっています。

これらは、沢山の物流センターが建設されている事から容易に分かる訳ですが、すなわち物流だけでなく行楽においても便利と言う事になる訳です。

 

そして、こんなに都市部に近いのに丹沢連峰を控え、沢山の温泉やキャンプ場まで有したり、豊かな自然を活かした蓄農産まで豊なんですから、知れば知るほど住みよい街である事が分かるはずです。

 

5G通信がスタートして、ますますテレワークや在宅勤務の環境が整う事で、生活コストも高く、人混みだらけの都市部に住んだり、働く理由はドンドン減ってきていますし、ナンセンスと言われ始めています。

 

働く場所や住む場所を見直してみる良い機会かもしれません。

有事に改めて認識されたと言う事だと思います。


福祉施設研究所のプロジェクト

福祉施設研究所(hibino-fukushi.com)が担当している児童発達支援施設の現場視察へ。

彼らは高齢者福祉施設の専門家でもありますが、障碍者福祉施設の専門家も在籍していて、それぞれ専門知識を有しながら新しい形の施設を提案し続けています。

 

下の写真は現場で見せてもらったモックアップ。

 

 

本物の銅板を300角に加工して菱形で外壁に葺くのですが、それを葺き方、見え方、納まり方を検証する為に作ったサンプルです。

両脇で支えているのは、新潟と福井から来ているインターン生。

 

そして、これで一部葺き始めているものがコチラ。

 

 

ギラギラしていますが、本物の無加工な銅なので暫くすると段々と10円玉の様に落ち着いた色合いになってきます。

銅板は歴史的にも社寺教会建築で使われてきたりする耐久性のある材料です。

そして経年変化もとても美しい材料なので、これがどう変化していくかが楽しみです。

 

福祉研SNSでプロジェクトの事は発信されていますから是非ご覧ください。

 

Twitter(所長): https://twitter.com/fukushi_uragi

Twitter(副所長): https://twitter.com/fukushi_maeshi

Instagram:https://www.instagram.com/fu_ku_shi_ken/

 


キッズデザインラボの新シリーズ椅子

キッズデザインラボが新しいシリーズの椅子製作を進めています。

 

 

ネーミングは正式販売スケジュールはまだ未定ですが、この椅子は写真の状態だと3〜5歳児対応ですが、回転させて反転させると2歳児も座れる様になります。

もちろん材質は天然木に自然系塗料で安心安全。

 

興味のある方は、予約を受け付けて販売も可能ですのでキッズデザインラボまでお問合せ下さい。

HP:https://kidsdesignlabo.com/

 


富山の認定こども園

富山県内で、新設される認定こども園の工事が進んでいます。

工事は佳境を迎えてきたので現場確認に行ってきました。

 

 

富山なら飛行機を使った日帰り出張が通常ですが、今はフライトが減便されている為に飛行機の日帰り出張は難しいために少し不便ではありますが、東京駅まで出て北陸新幹線を使う事にしました。

 

朝の8時半頃に東京駅を出て約2時間で富山駅に到着ですから、フライトの倍の時間が掛かる事になりますから、やはり飛行機の出張の方が私は好きです。

 

で、現場の状況です。

 

 

伸びやかな大屋根が青空にグンと映えてくれていました。

そして内部はこんな感じ。

 

 

とてもユニークな内部なのですが、これは完成してからちゃんと紹介したいので、今回はチラ見せ程度に(笑)

来月には完成となるので、楽しみです。

 


キッズデザイン賞の優秀作品33点にノミネートされています。

先日、5件のプロジェクトがキッズデザイン賞を受賞した事は記事にしましたが、本日はその全受賞プロジェクト237点の中から、33点だけがセレクトされた優秀作品へのノミネートが発表となりました。

 

 

https://kidsdesign.jp/wp-content/uploads/2020/09/14th_KidsDesignAward_nominate20200908.pdf

 

 

 

その中に私達が担当した『こどもの丘ナーサリー』が選出されたとの事です。

 

 

正式な賞名の発表は9/30のオンライン授賞式にて発表との事です。

本来ならば、ノミネートされた人は授賞式に参加した上で発表と授賞をする事になるのですが、今年は海外も国内も授賞式関係は全てオンラインです。

 

いずれにしても、9/30を楽しみに待ちたいと思います。


書籍「子どもが本当にほしいもの」好評発売中

キッズデザインラボが監修した書籍「子どもが本当にほしいもの」が書店の平置きスペースに置かれていました。

 

 

書店で実際に手に取ってからお買い求め頂く事はモチロン嬉しいのですが、早めに手元に欲しい方にはKDL STOREがオススメです。

価格も15%OFFで、即日発送対応です。

 

↓コチラ

https://store.kidsdesignlabo.com/productitem/kdlhandbook/

 


2343に新店

レストラン2343の新店が出来ました。

場所は本厚木駅から徒歩2分くらいの場所です。

 

 

でも、まだ一般の方に住所公開をしていません。

新型コロナの影響で、全国的に飲食店がドンドン閉鎖している時代です。

そんな流れに逆行して、新店・・・

 

だから、これからヒッソリと、ゆっくりオープンさせます。

2343のインスタグラムで少し情報を出してきていたので、多くの方から問い合わせを頂いてるのですが、とにかく限られた人数で、安心して利用して頂けることを当面は大切にしていく予定です。

 

 

 

すぐにお越し頂けない方の為に、少しだけディテール写真を。

 

新店の名前は2343 FOOD LABO。

 

 

LABOと言う名の通り、結構色々と実験と実践する場所になる予定です。

従来の飲食店と言う型にはまらない感じです。

 

 

もちろん、提供する食事や飲料はちゃんと拘ります。

 

 

あと、更にシークレットなスペースもあります。

それは、またの機会にご紹介したいと思います。

 

今後の事はインスタグラムにUPしていきますので、是非フォローしてみてください。

instagram.com/table2343


岡山の保育園

朝一番のフライトで、岡山で工事中の保育園現場へ。

 

 

来週には仮の引渡しをする事になっているので、状態確認が目的です。

岡山駅から徒歩圏内にあるお寺に併設している保育園と言う事もあり、都市型である事、お寺の景観を壊さない事と言う建築のテーマとして二つの大きな課題がありました。

 

そんな事から、色調と建築ボリュームは出来るだけ抑えめに、ディテールには和の要素を所々に取り入れたり。

 

保育園園長とお会いした時には、「お寺の住職も大変喜んでいます」と嬉しい一言頂き、ホッとしました。

 

これから外構整備も残っているので正式な紹介は改めてしたいと思います。


車椅子体験した事ありますか

厚木の本社には福祉施設研究所が同居している為に、いつも車椅子が用意されています。

スタッフが腰を痛めたという事があり、万が一の為に車椅子を倉庫から引っ張り出してきたついでに試乗しました。

 

以前にも試乗はした事あるのですが、改めて乗ってみると車椅子って意外に操作しやすいなと思います。

ホイールを腕の力で動かすので、もちろん腕力の弱い子供や女性にとっては困難な部分もあるかもしれませんが、ホイールを掴む部分は出来るだけ少ない握力と腕力で動かせる様にグリップ力が強い工夫がされていたり、車椅子本体も軽量化されているので想像以上にスイスイと動かせました。

 

それでも、何故か後半はスタッフの武鑓が後ろから押してくれて、これはこれで介護される人の気持ちに少しなれた気も。

 

 

どんな事でも体験する事って、大事だなと思った日でした。


| 1/263PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

子どもが本当にほしいもの[本/雑誌] (キッズ・デザイン・ラボが考える) / KIDSDESIGNLABO/著
子どもが本当にほしいもの[本/雑誌] (キッズ・デザイン・ラボが考える) / KIDSDESIGNLABO/著 (JUGEMレビュー »)
2020年発売

子供向け家具資料の最新版。

国内外の写真多数掲載。

好評発売中

KIDS DESIGN LABO著

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode