MEMU EARTH HOTELと、大樹町で感じた事

三日間に渡って、MEMU EARTH HOTEL(メムアースホテル)での滞在について書いてきましたが、最後に書ききれなかった事を書きたいと思います。

 

一日目の記事はコチラ

二日目の記事はコチラ

三日目の記事はコチラ

 

私が滞在した棟はオスロ大学と慶応大学による設計の建物だった訳ですが、敷地内には他にもユニークな建物が点在しています。

一番よく知られているのが、コチラの隈研吾さん設計による棟『Même』。

 

 

中はコチラ

 

 

床は畳敷だったり、囲炉裏があったり。

アイヌの家『チセ』がモチーフにデザインした建物です。

残念ながら囲炉裏は防火上の観点から実際には使えないらしいのが残念ですが、白い壁面内を暖気が循環する様になっているらしく、冬でも暖かいとの事でした。

 

 

次の建物はハーバード大学設計による『Horizon House』。

 

 

奥に、私が滞在した『Barn House』と『Memu』が見えています。

中はコチラ。

 

 

外観からも分かりますが、建物名の通り水平線を意識した窓で構成されていて、景色を切り取る様になっています。

また、床がスキップフロア上に設計されていて、更にこの上にベッドルームがあります。

一連の滞在出来る棟の中で一番住居らしい建物でした。

 

次は早稲田大学設計による『町まとう家』。

 

 

『今あるもので、今あるもの以上の豊かさが得られないか?』と言うコンセプトの中で、牧草に着目したとの事。

中はコチラ。

 

 

内外に牧草が使われています。

 

次はコチラ

カルフォルニア大学バークレー校設計の『Nest We Grow』。

大樹町の植生を考慮し、 建物の中でプランターによって多様な植物を栽培できるように設計とされています。

 

 

中はコチラ

 

建物はユニークですが、実際にはグリーンは殆ど枯れていて少し残念。

 

 

 

既存建物ですが、こんな建物もありました。

 

 

全く分からないと思いますが、これは競走馬が悪天候時に走れる『屋内馬場』です。

中が圧巻です。

 

 

そして、この一角にもレストランが。

 

 

ホテルのレセプションとメインダイニングのある建物はコチラ

 

 

コチラも牧草庫だったものを伊東豊雄さんが改修設計したもの。

中の写真はコチラ

 

 

冬は大分寒いらしいです。

 

あと、こんな建物もあります。

 

 

九州大学設計による、お風呂棟。

各棟にお風呂は用意されていますが、ここのお風呂は星空を見上げる露天風呂です。

ちょっとしたサプライズがあるので、これは行った人のみの楽しみにしておきます。

 

 

最後に大樹町周辺の写真を少しだけ。

 

帯広なので、あの有名な"ばんえい競馬"のばんえい牧場があります。

かなり大きな馬達を見る事が出来るので一見の価値ありです。

週末なら、実際の『ばんえい競馬』も見れる様です。

 

 

 

 

コチラは『ホロカヤントウ』と言う沼。

 

 

 

左には海が見えています。

ホテルの方によると、冬は厚い氷が張ってワカサギ釣りが楽しめる様です。

そして、何故かたまにカレイが釣れてしまったりする様です。

 

この周辺の砂浜は流木のメッカです。

 

 

流木マニアには興奮してしまう位の量を見る事が出来ます。

 

周囲を車で走っていると、野生のキツネや鹿と普通に遭遇するのですが、もちろんこの看板も。

 

 

ただ、残念ながら熊とは遭遇しませんでした。

 

あと、大樹町にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の大樹航空宇宙実験場と言う巨大な施設と滑走路があったり、その横には堀江貴文さんがロケット発射をした場所があったり。

宇宙好きにも実は最高の街だったりなのです。

 

 

最後に滞在の総まとめを

 

この『MEMU EARTH HOTEL』は超コンセプチュアルなホテルです。

私はある程度想像をして来ていたのですが、通常のホテルと言う概念で来ると大分サプライズになります。

 

ホテルなのに、外で生活するとか。

馬と生活するとか。

近くに温泉はあるけど、ホテルのお風呂は温泉では無いです。

 

でも、私の感想は『最高!』でした。

ホテルの方が、『馬との生活はどうでしたか』とか『外で寝てみてどうでしたか』と私に色々と心配してくれたのですが、私からは『全然問題ないです。むしろこのコンセプトをもっと貫いて欲しいです。』と伝えたほどです。

 

各棟は実験住宅と言う事がベースになっているので、実際には機能していない事があったりします。

でも、そんな事は気にならないのです。

 

ホテルの食もコンセプトを貫こうとしていて素晴らしかったし、ホテルの皆さんも素晴らしいホスピタリティでした。

 

ただ心配なのは、これだけの設備に対して僅かな客室である事。

それに対してしっかりとしたスタッフ配置。

ホテルゲストとしては贅沢な滞在が出来るので嬉しいのですが、経営が成立するのか気になってしまいます。

 

私は、是非冬の厳しい環境の時に再訪したいと伝えましたが、ホテルは実験時要素が強い事からドンドン変化していく事が予感されます。

 

以前に、ノルウェーの奥地にある『Juvet Land Scape Hotel』に滞在した時の事を思い出しました。

コチラに書いています。

あのホテルも、とんでも無い山奥にポツンと作られたホテルでしたが、自然との向き合い方は抜群でした。

 

改めて、物事にはコンセプトが大切である事。

そして、それを貫く事はとても難しい事。

しかし、貫いた時に真の価値が見えてくる事。

 

を思わされた日々でした。

良い学びでした。

 

 

そういえば、チェックアウトの時にホテルの方が「一番お気に入りの場所でポラロイドを撮りませんか」と提案頂いたので、私は「じゃあ是非ポニーと一緒に」とお願いをしました。

 

 

二枚とも、顔が半分隠れているのですが、これが絶妙に可愛くて彼らしい写真になりました。


馬と生活する幼稚園があっても良い気がしました

昨日書いた記事の続きになりますが、この時期の馬は日中の放牧はせずに夜間放牧なのだそうです。

理由は、馬にタカって来るアブ達が多いので、日中の放牧は馬に良くないらしく、暗くなるとアブは活動しなくなる事から、日の出の4時半くらいから、日没の19時頃までは馬小屋にいて、その逆になる日没後の19時頃から、夜明け前の4時頃までが放牧される訳です。

 

今回一緒のポニーも、そういう訳で夜中は隣の放牧地に行ってしまいました。

 

そして、朝の4時頃の夜明け前に突然私の滞在している部屋にポニーの雄叫びが『ヒヒーン』と何度も響き渡りました。

それは私にとっては目覚まし時計の様でした。

 

でも、とにかく可愛いポニーなので、雄叫びで起こされてもちっとも嫌な気持ちにならず。

むしろ、『お帰り』と言った気持ちに。

 

窓の外を見たら小雨が降っていましたが、これはこれで美しいと感じさせてくれる風景でした。

 

 

この後、朝7時からは朝食を。

今日は、北海道産蕎麦を使った蕎麦と、山山葵の醤油漬けと、卵かけご飯。

 

 

また三杯の御飯と、二杯の蕎麦を頂いてしまいました。

とにかく美味しいのです。

 

そして、後は11時のチェックアウトまでポニーと一緒に。

糞掃除をしたり、ブラッシングをしたり。

 

世話をしてあげると、ドンドンと懐いてきてくれる気がしました。

 

そして帰り支度をして、客室棟を出る時にポニーが再び『ヒヒーン』と雄叫びを。

とても寂しそうな雰囲気を見せてくれました。

 

 

 

で、私の結論は、とても良い滞在だったと感じました。

 

一日目の自然と向き合うと言うコンセプト。

二日目は馬と共に暮らすと言うコンセプト。

 

どちらも幼稚園や保育園でもあって良い気がしました。

特に、馬はポニーのサイズなら子供達も親しみやすいですし、今回の様に生活ゾーンの隣にいる事が大切な気がします。

園庭の馬小屋で飼育するのとは全く意味が変わると思います。

 

例えば、各教室の間に馬小屋をはさんでしまい、6教室あったら6頭のポニーがいるくらいの環境なんてあったら最高です。

多少の放牧地が必要ですが、トレーニングされたポニーであれば子供達も世話に関わられるくらい楽だと思います。

 

何しろ、馬やポニーを触った事がある人なら分かるかも知れませんが、あの肌の感じと体温、目の優しさと仕草は実に人間に優しさを与えてくれます。

 

こんな園舎や環境を実現したいと言う方がいたら、是非ご連絡下さい。

きっと素敵な提案が出来ると思います。

 


外で寝ると言う事。馬と生活すると言う事。

無事に朝を迎えました。

と言うよりも、昨晩は気持ちの良い空気と心地よい音に包まれて最高の夜と、今日の朝を迎える事が出来ました。

 

そして、デッキにはクワガタが普通にいたりします。

 

 

最近はキャンプが流行っていて、テントで寝泊まりする事は多くの方が行っている事だと思いますが、こうしてホテルに来てるのに外で寝袋と共に寝ると言う経験は恐らく世界でも類を見ないホテル体験なのでは無いかと思います。

 

ここは食に関しても出来るだけ地元の食材にフォーカスした料理を展開する意識で、とても美味しい料理を出してくれます。

今朝の朝食はこんな感じでした。

 

 

最近は殆ど白米を食べないのですが、今朝は三杯も食べてしまいました。

この後は、乗馬を少し。

 

 

元々、競走馬のファームだった事もあり、敷地内には厩舎があり複数の馬が飼育されています。

元サラブレットから、宮廷競技馬、ポニーまで種類も様々。

 

日中は、近くの大自然を沢山触れてきた後にホテルに戻ってきました。

で、私は折角なので今日は違う棟を予約してます。

 

今日の滞在は慶應義塾大学の設計による「Barn House」。

コンセプトは「馬と人間の新しい共生を提示した納屋」。

 

 

可愛らしい外観ですが、この中はこんな感じになっています。

 

 

馬小屋になっているのです。

今回はポニーが一緒に滞在してくれる事に。

 

室内からももちろん良く見えます。

 

 

実は昨晩の滞在も、今日の馬との滞在もホテルゲストとしては私が第一号らしく、ホテルの方からは結構な心配をされます。

この時期は馬にアブなどの虫が寄り付く為に、日中は小屋にいて、陽が暮れてから夜明けまでに放牧するらしく、『日中と放牧終わりの朝4時頃に結構な音と鳴き声がしますが大丈夫でしょうか』と気にしてくれるのです。

 

私は、むしろこんな経験が夢の様ですから、むしろ馬をより近くで体感したいので『全く問題ありません』とお伝えしました。

 

でも、身内での試泊段階ではやはりホテルゲストは様々だからと沢山の懸念があったとの事です。

 

さて、こちらも明日で感想を投稿しますので楽しみにしていて下さい。

 

ちなみに夕飯の一皿はこんな感じ。

 

 

とても美味しいかったです。

超少数のホテルゲストだけの為に作られていると言うのが勿体ない位でした。

 

 

 


自然と向き合う環境を作りたい

北海道に来ています。

札幌から車で3時間半位かけて到着したのは、帯広の芽生(メム)と言う所。

ココにメムアースホテルと言うユニークなコンセプトのホテルがあります。

 

敷地は5万坪も超える、元競走馬のファーム。

その大きさ故に全体を伝える事が難しいのですが下の写真がホテルの客室棟の一部を撮影したものです。

 

 

元々はリクシル文化財団が土地や既存建物を所有した事が始まりの様で、その後に様々な実験的な事を経て、現在は建築家の隈研吾さんと東京大学がディレクションをして、毎年違う「住まい」に関するテーマを決めて世界の建築系大学に対して国際的なコンペティションを行い、選定された大学としてハーバード大学、オスロ大学、東京大学、慶応大学、早稲田大学が、実験的な「住まい」を一棟ずつ設計をしています。

 

その実験的「住まい」がホテルとしての許可を取った事で、「Memu Earth Hotel」として一般に開放が始まりました。

このホテルコンセプトが"地球に泊まり風土から学ぶ"。

 

 

で、今回私が滞在したのはオスロ大学が設計担当をした「Inverted House」。

コンクリート打ち放しで、一見すると新築の様には見えない建物ですが、結構新しい建物です。

このコンセプトは「寒さと季節の移ろいを感じる事が出来る家」です。

 

 

なんと、居間、風呂、寝室の全てが外にあるのです。

その今はコチラ。

 

 

最高に気持ちが良い場所です。

 

お風呂はこんな感じ。

 

 

この反対側には自然が広がって見えます。

 

そして、寝室。

赤い寝袋が私のベッドです。

 

 

ホテルは一応、特製の蚊帳を用意してくれているのですが蚊帳があるとコンセプトに対して中途半端になるので外しちゃいました。

 

一応、中は狭いですがこんな感じのスペースも用意はされていますが、本当に極小空間です。

 

 

元々、この地域は冬でもそこまで雪が降らないらしいのですが、気温はマイナス30度に行く事もあるらしく、そんな時に本当に外で生活出来るのかは想像が出来ませんが、最悪はココで暮らすと言う事が出来る様になっている訳です。

 

もちろん、この時期ですから私は外で寝ますから、また明日のブログを楽しみにして下さい。

 

 

 


仕事を選ぶ時の事

女子プロゴルファーの渋野日向子さんが全英女子オープンで優勝と言うニュースを目覚めと同時に知りました。

 

インタビューをテレビニュースで拝見しましたが、メンタルの強さを感じました。

20歳の若さで、あれだけ自己をコントロール出来るのは素晴らしいなと思います。

 

 

日刊スポーツの記事ではこんな事が書かれていました。

------------------------------------------------------

今大会の快進撃で「笑顔のシンデレラ」と呼ばれるまでになったが、流した涙は数え切れない。

苦労を重ね、努力ではい上がってきた。

「うまくいかなくて、悔しくて。みんなに置いて行かれてしまう気がするんです。でもどんなにうまくいかなくても、笑っていないといけないと思う。なかなか難しいですけどね」

------------------------------------------------------

 

そして更にこんな文章も

------------------------------------------------------

プロになる夢を、諦めようとした。

悩んでいた時、1人のプロが目に入った。

「先輩の大出瑞月さんがずっと、パットの練習をしていた。それくらいやらないと、うまくはならないんだと、気づかされました。うまくなりたかった」

------------------------------------------------------

 

20歳の若さで』なんて書きましたが、年齢なんて関係ないとつくづく感じさせられました。

結局は、常に課題や目標に対して意識をして、努力をしていたと言う事なのだと思います。

 

良く語学のマスターには、3000時間が必要と言われます。

でも早い人は2000時間で可能と聞きます。

これ、意識と努力の差らしいのです。

 

どんな仕事にも共通して言える事だし、もちろん建築設計も同じだと思います。

 

今の時代、会社や上司は若い人に沢山の仕事を任せたくても、なかなか出来ない時代です。

特に経験値が物を言うような仕事においては、沢山の仕事をこなす事が成長への近道だったりするのですが、難しい時代です。

 

そんな時に必要な事は、自らの意思だと思っています。

 

もちろん世の中には自らの道を自ら決められない人も沢山います。

しかし、もし『自らの道は自らが決める』事が出来る環境ならば、若い人は是非目の前の仕事に対してガムシャラになってみて欲しいです。

 

もし、これから仕事を選ぶ様な状況にある人は、是非そんな観点で仕事を選んで欲しいです。

お金や勤務地なんて事を後回しにしてでも、『この仕事に打ち込んでみたい』と思える事に出会えたら、それは素晴らしい事なのですから。

 

 

 


2343でウェディング

スタッフの青木と谷野が入籍をした事は、5/27の記事で書きましたが、今日は二人の結婚式とパーティーが2343で行われました。

 

 

こうして二人を改めて見ると、似合いの夫婦だなと思います。

新郎の青木は、仕事になると行動力ある仕事ぶりで社内外からの信頼が厚いのに、プライベートになると途端にゆったりと優しい男性で、新婦の谷野はそれを補うかの様な立ち居振舞いを見せてくれます。

 

 

そんな二人の周りはいつも笑いで包まれているので、これから益々幸せになってくれる事を予感させてくれました。

 

 

2343のウェディングは、ベースがレストランなので、料理にはしっかりと力を入れており、22種類の魚介、肉、野菜、果物と幅広くご用意をしてくれました。

 

 

更に、会場や新婦が身に着ける花装飾もフラワーアーティストの黒田さんに依頼をして、生命感ある壮大な作品を提供されていたり、DJはアボカズヒロさんが来てくれたり。

 

 

60名から80名の立食形式がメインになりますが、通常のレストランウェディングよりも価格と内容のコストパフォーマンスが高く、満足度が高いと思います。

 

 

 

ご興味のある方は是非2343までお問合せ下さい。

http://2-3-4-3.com/

 

 


プロジェクトリーダー候補を募集中です。

現在、プロジェクトリーダー候補を募集しています。

 

年齢は問いませんが、設計職としての経験はあった方が良いです。

そして、幼児施設か福祉施設の設計専門なので、これらの施設に対して興味のある方が良いです。

英語や中国語が使える方は、特に優遇します。(必須ではありません)

給与は、前職の状況を考慮して優遇します。

 

 

更に福利厚生が充実しています。

 

・2年目から自由海外研修に行けるので、様々な経験を得れます。

・住居手当が出ますので、生活固定費負担が軽減されます。

・朝食と昼食はグループのレストランから無料提供されるので、毎日の生活費が軽減されます。

・育児休暇制度、子育て支援制度が確立しています。

・性別、国籍等の差別は全くありません。

・40歳以上の人はフルコースの人間ドッグを受診出来、より健康について安心した生活へ繋がります。

・海外事務所で経験を積みたい方は、海外グループ会社での勤務も可能です。

・沢山のプロジェクト経験が積めるので、将来へのキャリアにプラスになります。

・独立開業したい方には、支援も行います。

 

様々な働くメリットがあると思いますので、是非興味のある方はご連絡頂ければと思います。

 

お問合せはコチラから


建築コスト、高過ぎです

相変わらずの建築コストが高いです。

高いと言うより、高過ぎと言う表現の方が良い気がします。

 

鉄筋コンクリート造は工期的要因とコストからして、元々ここ数年は考えられない状況ですが、今は鉄骨はもちろん木造ですらビックリする高値が出てきます。

 

私達は海外のプロジェクトも抱えているので、特に日本の建築コストの異常ぶりは強く感じています。

 

建築のコストを構成するものは、大きく分けて資材と人件費です。

 

このどちらも不足している事で需給バランスが崩れて、供給側の言い値になってしまう事も一つの要因と言われています。

 

昔から言われている事ですが、こうした厳しい条件の時こそ、デザインや設計の力がより求められるし、こうした時に生み出された物は後世に残る素晴らしい物になったりもします。

 

いずれにしても、引き続き私達は最新の情報をお客様に迅速に共有し、プロジェクトの滞りない遂行に尽力したいと思います。


健康でいる事が、良い園舎を作る

人間ドッグへ行ってきました。

 

昨年初めて受検したのですが、一昨年から私達の事務所では40歳を超えた人は全員がフルコースの人間ドッグを受ける事を義務化しています。

 

フルコースなので、それなりに費用が掛かるのですが、とても意味があると思っています。

 

健康で無いと仕事を全う出来ないし、仕事を全う出来ないとお客様にも家族にも不安をかけてしまいます。

 

だから、健康である事はある意味で基本的な事として整えるべきだと思っています。

 

そして、そういう部分をリスクの高まる40代から毎年検査をする事でネガティヴな事も早期発見に繋げていけば良い循環が生まれると思っています。

 

 

話は変わりますが今日、私が胃と大腸内視鏡検査を同時に受けた後の事です。

 

私は麻酔を掛けて頂く事を希望しているので、検査前に麻酔でストンと記憶を無くすのですが、必ず検査の途中で起こされます。

そして内視鏡が入っている時に説明が入るのですが、終わりかけた時に看護師さんがこんな事を言ってきました。

 

『日比野さん、海外に住んでいたりしましたか?』

 

私はこう答えました。

 

『海外出張は頻繁にありますが、住んでいた事は無いです』

 

すると看護師さんは

 

『そうですか。何か英語で寝言をお話されていましたよ。』

 

そして看護師と医師はそれ以上語らずに、その場でウンウンと微笑みながら頷くのです。

 

 

お尻に内視鏡が刺されている時に、私は一体何を言ったのでしょうか・・・・

 

なんだか、とても恥ずかしかったです(笑)

 

そんな中途半端な情報なら、看護師さんも私に伝えなければイイのに(笑)

 

昨年の大腸内視鏡検査ではポリープが二つも見付かり、その場で切除したのですが、今年はそうした事も無く無事に終わったのが幸いでした。

 

これで、今年も一年全力で頑張れます。


中国国際モンテッソーリ教育協会

今日は中国国際モンテッソーリ教育協会のイベントで講師を担当させて頂きました。

 

 

この辺りの流れは、いつもと大して変わらないのです。

 

 

 

ただ、今回いつもと違うイベントがありました。

それは、レクチャー後に、昨日の記事で書いた私達が設計監理担当して完成した幼稚園へ移動して、

幼稚園に通わせたい親御さん達を前に座談会のスピーカーを担当させて頂いた事です。

 

 

大勢の前で話す事も意味はありますが、こうして顔が見える少人数の前で話をする事、そして話を聞く事は別の意味があると思える良いイベントでした。

 

どこの国でも同じですが、お子さんをお持ちの親御さん達は、常に不安や悩みを抱えています。

そして、一体何が正解なのかは誰もが分からなかったりします。

 

今回の座談会の様な場合は、環境と言う事がメインでありながら環境と子育てや教育とリンクした質疑応答になった訳ですが、

私達が常に環境に教育的テーマを設定している事をお話させて頂くと、多くの方が驚きと納得をしてくれました。

 

 

やはり、世の中は様々な情報に溢れていて、その情報の多くは商業的に操作されていたりします。

だからこそ情報を受け取る側の意識が求められたりする時代な訳ですが、空間や環境と言う部分においては実際にその空間に身をおいて肌で感じる事が一番であると改めて感じる良い機会になりました。

 

この幼稚園は教育方針も子供達の為と言う事が明確で、私達の設計思想ともかなり強くリンクしています。

今後の幼稚園が楽しみです。

 

 

最後に参加者の皆さんと記念撮影。


| 1/247PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode