今の文京区のままでは良い保育園は建たないです

文京区内で内装型の保育所設計監理を二か所担当していたので、最後の確認に行ってきました。

 

現地に行って、担当スタッフから事情を聞いて驚いた事がありました。

 

文京区の幼児保育課による無意味な指導が沢山入ったとようです。

 

まず下の写真。

 

 

角に対する過剰反応で、全てにクッション材を付ける指導。

更には腰高1200を超える箇所にまで。

一体何の意味があるのでしょうか。

 

下の写真も同じです。

 

 

こんな箇所にクッションを巻きないという指示をする意味が分かりません。

 

更に、下の写真。

 

 

ガラスへの衝突防止シール張り。

ガラスへの衝突事故は床が繋がっている箇所に限ります。

床が繋がっているから、人間はガラスの透明度が高い時にガラスの存在に気付かずに前へ進もうとしてガラスに当たるのです。

 

今回の様に床が繋がっていない場所で前に突き進む人なんていないのです。

それにも関わらず、ガラスには衝突防止シールをつけなさいと言う指導がはいった様です。

 

実は他にも沢山あったのですが、馬鹿馬鹿しくて書く気になれない事ばかりです。

 

子供が成長する上で、小さな怪我は必要だと言う事を分かっていれば、こんな指導をしないはずなのですが、保護者からのクレームを恐れる役所としての姿勢がこの様な形で表れています。

結果的には役所が責任逃れをしているだけで、子供達は小さな怪我をして学ぶチャンスを奪われたと言う事なのですが、これが正義として捉えられているのは実におかしな話です。

 

私は20年近く前から、こうした園舎における過保護措置は無意味であり、子供達にとって不利益であると言いづけています。

子供たちの環境設計に関わる者は、こうした意思をもっと強く持つべきです。

もちろん、園を運営する側も信念をもって役所に言うべきだと思います。

 

こんな指導をする文京区では、当分まともな保育園は出来ないでしょう。

 

残念でなりません。

 

 

話は変わりますが、帰り道に立ち寄った高速道路のサービスエリアのトイレでこんなものを発見しました。

 

 

洗浄機能付きトイレのリモコンがウィンドウズタブレットになっているのです。

これの凄いのはボタン一つで多言語対応になっている所。

 

それ以外は従来のリモコンと変わらないので、家庭用に使う事はないと思いますが、ちょっとビックリの進化でした。


2343では、小さなお子様をお預かり出来ます。

今週は、2343のランチ週間です。

今年から、各月一週間のみを予約を受け付けて、一日4名までランチをお受けしています。

 

 

予約可能日を公開すると一瞬で予約枠が埋まる状況が出てきており、少し驚いています。

 

更に、この季節はテラス席がとても気持ちが良いので、天気が良い日はご利用頂けます。

 

 

新型コロナウィルス対策についてですが、150平米+テラス30平米と言う空間に私達は一日4名様までしかご予約をお受けしていない事から、お隣の方を気にせずにお食事頂けます。

 

更に私達の特徴は、ベテラン保育士が待機している事です。

外出制限や、学校や園が休校状態の中でお子さんをどこかに預けてゆっくり食事をしたい方にも、保育士がお食事中は面倒をみさせて頂くので、ゆっくりとした時間をお楽しみ頂けます。

 

実際にお子さんと一緒に利用頂く事例も増えており、保育士対応のプランも人気となっています。

 

4月の予約枠も残り僅かの様です。

ストレスがたまる状況が続ているこんな時に、是非ゆっくりとした時間をお過ごし頂ければ幸いです。

 

ご予約はコチラから

http://2-3-4-3.com/

 

 


新型コロナウィルスによる建材遅延

2/18の記事にも書きましたが、新型コロナウィルスによる建材関係の遅延が更に発生しています。

 

 

LIXIL社からは以下の広報。

https://www.lixil.co.jp/announce/delivery.htm

 

他にもメーカーからの公式発表は出ていませんが、工事現場では湯沸器も遅延が始まっている様です。

引き続き、園舎工事中の皆さま、工事を計画中の皆さまは、工期に必ず影響が出ますのでゆとりを持った計画をされる事をおススメ致します。

 

 


新型コロナウィルスにおける建築への影響

新型コロナウィルスの日本国内における感染者数は少しずつ拡大をしていますが、こうした事態に伴って建築への影響が出始めています。

 

TOTO株式会社さんからは以下の広報が発表されています。

https://jp.toto.com/News/info_cv2020/index.htm

 

建材商社経由では、他にも多数の建築関連会社から遅延等の連絡が来ている模様です。

 

既にエレベーターに関してはオリンピックに伴う需要過多によってメーカーによっては辞退という事も出ていましたが、ここに来て新型コロナウィルスによる遅延も発生し始めています。

 

幼稚園や保育園の工事計画を進めている方に置かれましては、スケジュールにゆとりを持って計画を進められることをオススメ致します。


コロナウィルス対策

コロナウィルスが日々脅威になってきています。

私達は中国での仕事も多い事から、こんな時には何としても中国に助けの手を差し伸べたいと思い、マスクを購入して支援物資として送付しようと思いました。

しかし中国側の公式な支援物資受け入れはN95クラスに限定されており、街中にある店で一定量を簡単に変える物では無いのです。

 

ちなみに参考程度に掲載しますが、中国が公式に受入可能なマスクは以下リスト右欄に「是」と書いてある物のみです。

 

現地スタッフかにの話によると現在は支援物資のすべてはグリーンゲートと呼ばれる機関に集められて検査を通過した物だけが受け入れになっている様です。

だから、闇雲にマスクを送れば良いという状況ではない訳です。

 

 

 

では、公的に支援は出来ない状況ですが、私達には中国に事務所があり、そこで働いている人も家族もいる事からせめて身近な人に支援しようと思い、先程、ホームセンター、ディスカウントストア、ドラッグストアの三店を回ってマスクを買ってきました。

 

しかしどこも購入制限が掛かっていました。

 

↓某ドラッグストア

 

 

↓某ホームセンター

 

 

↓某ディスカウントストア

 

何だか日本も少しずつパニックの方向に向かっている事を感じました。

購入制限を掛けて、満遍なく行き渡る様にする事は小売側の手法としては良い事だと思います。

 

こうした感染症は、人から感染しない為の予防措置と同時に人に感染させない予防措置も同じ様に必要です。

だから、感染しているか否かに関わらず現状はマスクを付けておいたほうが良いと思っています。

 

 

小さいお子さん、お年寄り、妊婦さんなど体力的に整っていなかったり、整えにくい方は早めに購入しておく事をおススメします。


2019年度 グッドデザイン賞

2019年のグッドデザイン賞が発表され、私達が担当した二つのプロジェクトが受賞となりました。

 

まず一件目は、長崎県佐世保市に今年開校した『九州文化学園小学校・中学校』。

 

審査員コメントは

廃校の改修にあたり、建物には徹底して手を付けず、家具のデザインに注力することに徹して、ローコストながら、効果的な改修に成功したプロジェクトである。どうしても建築中心に進みかねない改修工事において、本来はまず検討されるべき家具による対応という、改修の原点を思い出させてくれるプロジェクトだ。また、家具が持つ力も感じられるところが評価につながった。今後多くの学校建築が更新時期を迎える状況では、一つのひな型となりそうなプロジェクトである。

 

まさに私達の意図を評価頂いたコメントで大変嬉しいです。

 

 

二件目は「YM Nursery」。

 

審査員コメントは

子供たちが自然や自然素材にいかに触れることができるか、というテーマに誠実に対峙した過程が読み取れる作品。完全に開放的な空間を実現する構成や建具の計画は、伸び伸びと過ごせる豊かな空間性とともに、屋外の自然と内部空間のつながりを圧倒的なものにしている。子供たちの豊かな感性を醸成するであろう良質な建築として評価すべきプロジェクトであると考えた。

 

こちらも設計意図を評価頂いた事が嬉しいです。

 

どちらのプロジェクトも設計担当者の努力があった事はもちろんなのですが、その前にオーナーが私達と意を共にして頂いた事がこうした評価へ結びついた事は間違いのない事実です。

 

改めてオーナーには感謝の意を表したいと思います。

 

ありがとうございました。

 


台風と床上浸水

深夜に私達の所も直撃した台風があまりにも凄くて、3時頃に目覚めてしまいました。

窓の外を見ると、木々の揺れ方が半端じゃなくて自然の猛威を感じさせられました。

 

そして、朝起きて出社の途中では、高木が根元から倒壊していたり。

 

 

あの木を根から押し倒す風の力って、どれだけ強かったんだろうと想像が付きません。

 

事務所に来ても、小さい被害が沢山。

テラスのテーブルや椅子、植物はふっとばされてましたし、物置の木製建具も崩壊していたり。

 

 

そして、私達が担当した園舎でも、浸水が起きたり。

1991年以来の台風直撃ですから、こうした事だけの為に最初から台風対策としてコストを掛ける訳にも行かないのですが、

ニュースなどの報道を見ても、様々な台風被害が起きた事を目の当たりにすると怖さを感じてしまいます。

 

御自宅などでも床上浸水された方がいらっしゃれば、まずは換気良くしてとにかく乾燥を早くさせる事が大事です。

湿気が残り続けると、次はカビが生えたり、木材だったら腐ったりと現象が変化していきます。

 

日中は極端な位の湿気と暑さに見舞われていて、気候の異常さに人間が追い付ききれていないのが心配です。

 


仕事を選ぶ時の事

女子プロゴルファーの渋野日向子さんが全英女子オープンで優勝と言うニュースを目覚めと同時に知りました。

 

インタビューをテレビニュースで拝見しましたが、メンタルの強さを感じました。

20歳の若さで、あれだけ自己をコントロール出来るのは素晴らしいなと思います。

 

 

日刊スポーツの記事ではこんな事が書かれていました。

------------------------------------------------------

今大会の快進撃で「笑顔のシンデレラ」と呼ばれるまでになったが、流した涙は数え切れない。

苦労を重ね、努力ではい上がってきた。

「うまくいかなくて、悔しくて。みんなに置いて行かれてしまう気がするんです。でもどんなにうまくいかなくても、笑っていないといけないと思う。なかなか難しいですけどね」

------------------------------------------------------

 

そして更にこんな文章も

------------------------------------------------------

プロになる夢を、諦めようとした。

悩んでいた時、1人のプロが目に入った。

「先輩の大出瑞月さんがずっと、パットの練習をしていた。それくらいやらないと、うまくはならないんだと、気づかされました。うまくなりたかった」

------------------------------------------------------

 

20歳の若さで』なんて書きましたが、年齢なんて関係ないとつくづく感じさせられました。

結局は、常に課題や目標に対して意識をして、努力をしていたと言う事なのだと思います。

 

良く語学のマスターには、3000時間が必要と言われます。

でも早い人は2000時間で可能と聞きます。

これ、意識と努力の差らしいのです。

 

どんな仕事にも共通して言える事だし、もちろん建築設計も同じだと思います。

 

今の時代、会社や上司は若い人に沢山の仕事を任せたくても、なかなか出来ない時代です。

特に経験値が物を言うような仕事においては、沢山の仕事をこなす事が成長への近道だったりするのですが、難しい時代です。

 

そんな時に必要な事は、自らの意思だと思っています。

 

もちろん世の中には自らの道を自ら決められない人も沢山います。

しかし、もし『自らの道は自らが決める』事が出来る環境ならば、若い人は是非目の前の仕事に対してガムシャラになってみて欲しいです。

 

もし、これから仕事を選ぶ様な状況にある人は、是非そんな観点で仕事を選んで欲しいです。

お金や勤務地なんて事を後回しにしてでも、『この仕事に打ち込んでみたい』と思える事に出会えたら、それは素晴らしい事なのですから。

 

 

 


幼稚園、保育園の工事でも高力ボルト不足

建築現場における高力ボルト不足問題は深刻です。

実際に私達の担当する現場でも、ボルトが入ってこない事から現場がストップしているのが出てきています。

 

現在の日本の建設事情は大分深刻です。

工事価格の異常なまでの高騰はもちろん、その背景にある人と材料の不足。

更に工期遅延と繋がっていきます。

 

価格高騰の度合いは、普段建築に関わっていない方に説明すると「嘘でしょ」と驚かれるレベルです。

 

スーパーゼネコンクラスの所が圧倒的な利益を上げている事を見れば、明らかに不均衡な事が起きている事が分かります。

資本主義社会で需要に対して供給が足りないと言う事態が起きると、当然ですが供給側が圧倒的な強気な立場を取ります。

 

実際に今回の事態でも、大手が高力ボルトを相当数を確保してしまっている事から、彼らは強気に出れる状態を作ってしまい、持っていない所は両手を上げざるを得ない状況に陥るだけの事になってしまっています。

 

もちろん、こうした背景の更に裏にある事は、材料や人不足による工期的な余裕を認めないプロジェクトが多い事が建設会社の不安を煽り、『受注の為には何とか確保しなくては』と焦られているのも一方の事実です。

 

こうした事態に対して、先週位から、ようやくマスメディアでも報道が始まってくれました。

 

私達の仕事領域で言えば、待機児童解消目的や耐震化目的で工事を進めている保育園や幼稚園が、予定通り完成しない事は明らかに利用者にとって不利益な事です。

 

これを解決するには、もう政府がそれなりの資金的な援助と、大手の確保している材料を流通させる手を打つしかないと思っています。

そして、事業者の方達がプロジェクトの工期に余裕を持つ意識が大切です。

 

さすがに、どうしようも無い事ですから。

 

私達は、こうした情報共有をタイムリーに顧客に届ける様にしていますので、お問合せ下さい。

 

 

【NHK】「高力ボルト」不足 過剰発注の可能性で国交省が要請

 

 

 

【ANN NEWS】建築用ボルトが足りない!影響深刻化で国交省が対応


厚木市が『共働き子育てしやすい街』で全国3位に

昨年末に日経DUALが発表した、共働き子育てしやすい街ランキング 総合編で、私達の街である厚木市が全国3位に選定されています。

 

記事では全国44位までが公表されていますが、神奈川県では厚木市だけです。

昨年は18位だったので、大幅ランクアップです。

 

 

 

このランキングの指標は以下の通りです。

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

【日経DUALオリジナルランキングの指標・配点内容詳細】

回答に基づき以下の31項目で配点。100点満点でランキング化。

 

 

認可保育所など自治体が管理している保育施設の0歳児クラス利用児童数と0歳児クラス申請児童数の比較(10点)

1歳児クラスで利用枠が増えているかどうか(4点)

2018年度の全クラス利用児童数÷未就学児の人数(3点)

2017年度の全クラス利用児童数と2018年度の全クラス利用児童数の比較(3点)

2018年度の全クラス利用児童数と2019年度の全クラス利用枠(予定)の比較(3点)

2018年度の全クラス利用児童数と2020年度の全クラス利用枠(予定)の比較(2点)

認可外保育所の充実度(5点)

┗娠弔垢詆損・病後児保育施設の有無

病児・病後児保育の最大収容人数と保育所定員の比較施設以外の病児関連サービス(計9点)

保育無償化以上の独自の取り組み(6点)

認可外施設に通う家庭への助成制度の有無

最大助成額

その他助成制度

自治体が補助をしない認可外施設に通う家庭への助成制度の有無とその内容(計9点)

位そ学児がいる世帯へのサービスや現物支給の有無や数

韻修龍饌療な内容(計9点)

科欅蕕亮礎簡櫃悗亮茲蠢箸漾6点)

慨覿伴臚碍進欅蕕両霾鶻示(1点)

簡欅藥粒諒櫃悗瞭伴の取り組み(2点)

㉑産後ケアへの補助、サービス(2点)

㉒独自の不妊治療助成制度の取り組み(2点)

㉓学童保育に小3まで全員入れるか(4点)

㉔学童保育の定員を増やす予定(2点)

㉕学童保育の運営時間(5点)

㉖学童保育の児童1人当たり1.65平方メートル以上の空間確保ができているか(2点)

㉗学童保育の1クラス当たりの平均児童数(1点)

㉘学童保育の夕食・長期休みの昼食提供への取り組み(3点)

㉙児童虐待に対応する支援拠点の整備(2点)

㉚未就学児の人数㉛増加率(調整点として3点+2点)

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

皆さんの住んでいる街はどうだったでしょうか。

あくまでも、雑誌の独自視点に基づいた調査とランキングではありますが、こうした結果がより関係者の意識を高め、子育て世帯が増える事に繋がれば厚木市が多世代に渡って賑わう街となり、より魅力的になると思います。

 

今後が楽しみです。

 


| 1/13PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode