ミャンマーの幼稚園

ミャンマーの首都ヤンゴンから200km程離れたサンドウェと言う所にある幼稚園、小学校、中学校、高校を見てきました。

 

 

と言っても、施設はこんな感じです。

日本の昭和初期にあった木造校舎の様です。

 

ところが中に入ると

 

 

子供達がとんでもなく子供らしくて輝いていました。

 

そして、何よりも素晴らしかったのは

子供達は先生をとても敬っている事。

先生は子供達に沢山の愛を優しさを持って接している事。

更に保護者が学校を信用している事。

でした。

 

これは昔の日本でも当たり前の様に見れた事です。

しかし現在の日本では残念ながら、こうした光景を見る事が少なくなりつつあります。

 

 

私が教室に入ると、先生が子供達に一声かけ、子供達は一斉に立ち上がって先生と共に私に挨拶をしてくれて全員で素晴らしい笑顔と共に手を振ってくれたり。

その笑顔が作られたものでない事は誰でも分かるくらいに素晴らしい物でした。

 

 

こうした環境で素晴らしい教育がなされている事を見る度に、私達が作っている建築は教育を補完するものでしか無い事を改めて感じます。

そして幼稚園や学校において一番大切な事は教育そのものである事だと痛感しました。

 

ちなみに、この学校は公立学校なので授業料は無料です。

この後に、イギリス人の方が作った小さな私立幼稚園を見て来たのですが、これは月額300円程でした。

偶然、イギリス人オーナーがいた事で色々と話を聞けたのですが、この方の素晴らしい奉仕の精神で作られた学校だったのです。

 

 

だから教師たちもボランティアだったり。

それでも英語を教える事で、この地にいるミャンマーの子供達の可能性を広げようとしているのでした。

 

私達は先進国の事例ばかり見がちです。

もちろん、それはそれで沢山の学びがあります。

しかし、先進国で行われている教育は時として新しい事に取り組むあまりに大切な事を忘れてしまっていたり、失ってしまっている事に気づいていなかったりします。

そして教育は人間をつくる事が目的であるはずが、いつのまにか将来、お金を稼ぐ為の教育の様になっていたりします。

 

そんな時に、こうした国の素朴ではあるけども、本当に大切な人間同士の触れ合いと信頼感が築かれた中で行われる教育を見ると沢山の気付かされる訳です。

 

 

そして、こんな絶景に建つ幼稚園もありました。

 

 

目の前には真っ青な海が広がっているのです。

残念ながら園舎は海に対して開く事はなく、むしろ閉ざされた設計だったのが残念ですが、これだけ周りに豊かな海があり、日常的に接しているとその素晴らしさに麻痺してしまう事はよくある事です。

 

素晴らしい教育があるので、こんな所にいつか設計をする様な機会があったら、素晴らしい事だなと妄想してしまいました。

 

世界中の幼稚園や学校を見る事は本当に勉強になります。


園舎や園庭は使い方次第(レッジョエミリア・三日目)

レッジョ視察三日目です。

ここまでの二日間は、少し雨が降ったりしながらも曇天続きでしたが、今日は朝から快晴です。

 

ホテル横にあるカフェでエスプレッソを頂きスタート。

 

 

今日も素敵な園を回っているのですが、基本的に撮影NGですので内部写真はシェア出来ません。

ただ、ここは建築系サイトでも紹介されている所なので実は建築の雰囲気は見れたりします。

道路から撮る写真にNGは無い事から、園庭と建築の風景を一枚。

 

 

ここの園で、教育の責任者的な方と話をさせて頂いたのですが、結局レッジョの園関係者達は、クリエイティヴである事なんだと思います。

この運営者は、園舎建設当時の人では無いのです。

すなわち園舎に自分達の意向は反映されていない訳ですが、それでも建築や空間を理解した上で、最大限に生かそうと努力をしてるんです。

 

そして、素晴らしいのは園長的な人が強い権限で主導していない事。

実際にそうした権限の人はいないに等しいのですが、だからこそ教育の責任者の方を中心に現場の先生達で意見交換をしてベストな方法を見つけ出して実行しているのです。

 

もちろん、園としての基本方針は理解して守られている上での話です。

 

これって、とても大切な事だと思います。

 

日本で良くあるのは、園長が大半を決めて現場の先生は意見を持っていても言えないで従うだけ。

園舎の使い方も旧態依然とした使い方をルーティーンワークの様に繰り替えていく。

 

しかし園舎や環境は40年前とは相当に変化しています。

時代も変化している中で、園舎の使い方も常に変化はしていくべきだと改めて思いました。

 

レッジョに毎年日本から研修に来ている様ですが、レッジョの表面的なアプローチだけでなく、彼らの空間を使いこなす姿勢や子供達との接し方まで含めて理解をして持ち帰らないと、結果的にはただの表面的なコピーで終わってしまうのだと思います。

 

園舎の使い方に、決まりはありません。

もちろん、『こうやって使って欲しい』と言う意図はあります。

 

しかし、現場の先生達がこうしたらもっと子供達にとって良くなると言う視点があるならドンドン改善していけば良いのだと思います。

 

だって、どんな事でも常に変化しているのですから。

 

 

以前、私達は意識の高い園長先生達を募って、海外の視察を行っていました。

これを再びレッジョで企画してみたい気がします。

 

教育的視点と合わせて、私達が空間利用の視点を解説や助言出来る事がある様な気がします。

 

それでも、ちゃんとフォロー出来るのは10名程度が限界な気がしますが興味のある方はお問合せ下さい。

 

 

これはボローニャの園舎。

昨年も来たのですが、全く汚れていないです。

恐ろしい程に清掃が行き届いています。

 

 

帰り途中に寄った図書館。

 

 

レッジョでの最後の食事で、今日誕生日だった谷野に小さなケーキとキャンドル。

 

 

 

 

夕飯スタートが20時なので、帰るころにはこんな街並みになっていました。

 

 

 

電球の色と石やレンガの街並みが絶妙な雰囲気でした。

 

明日はブレシアに移動します。


園庭は原っぱでイイ(レッジョエミリア・二日目)

今日もレッジョエミリアです。

実は昨年も学びに来ているので、二度目の訪問になる園が幾つか出てきます。

それでも、また『素敵だな』と再び感動しています。

 

今日の園庭はコチラ。

 

 

これを見て、『昨日と大して変わらない』と捉えないでください。

昨日の様な環境が。この町の幼稚園には沢山あるのですから当然です。

 

ここは、地面が自然に生えたタンポポとマーガレットで埋め尽くされています。

これが絨毯の様に美しいのです。

 

園の先生に話を聞くと、『これは自然になった状態だから、大して手をかけてないわよ』との事。

これがとても大切な事なんだと思います。

 

良く園庭をゴルフ場の様に美しい芝生を張ろうとする園がありますが、それを維持するのは大変です。

大変な事を園が続けようとするから、最後は続かないのです。

 

だから、雑草が生えてきても放置して、子供達が踏み荒らす位で良いのです。

 

園庭をゴムチップ舗装や、固めた土の舗装より、原っぱの様な園庭の方が絶対に楽しいですよ。

 

そして子供達は自分では出来ないですから、大人が意識を変える事です。

 

ちなみに、最近園舎内にアトリエを作る所が増えてきていますが、中のアトリエに加えてこうして外に開放できるアトリエも設置してみてください。

 

 

太陽光が入るだけで、太陽光を利用した製作物に挑戦出来る様になりますし、そのまま外と繋がれるので、外と一体的なアート活動だって出来ます。

 

ここの園、ランチを出してくれるのですがこんなに素敵ななんです。

 

 

この素敵なセンス、信じられないですよね。

食事にも色使いや見せ方がある事を改めて教えてくれます。

 

 

他にも色々見たのですが、詳しい話を聞きたい方は是非お問合せ下さい。

 

 

 

市内のシェアオフィスが素敵でした。

 

 

元々は大きな製粉工場だった所がシェアオフィスになった事例です。

敷地内には他にも古い工場があって、改修が進んでいるので楽しみは続きそうです。

 

 

最後に同行しているスタッフの谷野と早川。

 

 

夕飯を沢山食べたのに、ジェラート三段盛りを美味しそうに食べていました。

この二人、常に明るくてポジティヴな性格で、素敵ですよ。


園庭はシンプルでイイ(レッジョエミリア・一日目)

再び、レッジョエミリアに来ています。

今日で二日目なのですが、初日に入ったミラノでとんでもないハプニングが起き、更に今朝も連続ハプニングが起きています(笑)

まあ、もう笑うしかない様な状況なのですが・・・・

 

で、レッジョ入りが遅れたりしましたが、視察スタートです。

 

本当は超素敵な環境の園に行っているのですが、写真がNGなのでお伝え出来ないのが残念ですが、

撮影可能だった園の園庭を二枚だけUPします。

 

私は園庭はこういうシンプルなのが良いと常に思っています。

 

 

特別大きな遊具はありませんが逆に、樹木、草花で満たされています。

 

 

だからココには、毎日何かしらの芽が生えるし、花が咲き、葉っぱが落ちてきます。

落ち葉の下に虫が隠れていたり、花の蜜を吸いに虫も来ます。

実のなる木には鳥も来ます。

毎日、同じシーンが無いし、毎日子供達に発見が起きます。

 

この環境を見て『子供達ず遊ぶものが無い』と言うのは間違いです。

子供達は様々な物を見て感じ、遊びを生み出せます。

 

遊びとは遊具や玩具で遊ぶ事だけでは無いのです。

木の棒や葉っぱ一つでも遊べるのです。

 

それこそが、創造力を養う訳であり、幼少期に人間が養うべき能力の一つです。

 

だから、幼稚園の環境をデザインしている人達は、デザインしすぎない事が大事なのです。

デザインしすぎるのは大人の都合です。

 

園庭や遊具のデザイナーなんて本当は不要です。

デザイナーにお金をかけるなら、木を一本でも多く植えたりした方が良いです。

 

園庭をゴムチップで舗装している様な所があったら、草木で満たして維持管理にコストを回した方が良いです。

 

そうしたバランスを見れるデザイナーならコストをかけるべきだと思いますが・・・・

 

 

大してお金をかけなくても、十分魅力的な環境は作れます。

 

 

 

ランチを頂いたレストランが素敵でした。

 

 

元々は戦車の倉庫だった様です。

このまま幼稚園として使いたい位に素敵でした。


無事に帰国しました。

先日のメキシコで様々なハプニングが起きましたが、なんとか17日朝に無事に帰国です。

実際には15日の日中を延泊して、16日深夜にフライト、時差の関係で17日の早朝に成田着と言う感じでした。

 

大した事ではありませんでしたが、小さなハプニングが三回も起きるなんて記憶に残る旅になりました。

 

それでも、メキシコに対しての印象はとても良い物となっています。

 

行く先々での人の温かさ、優しさ。

食事の美味しさ。

建築やインテリアデザインの良さ。

ホテルや飲食店の文化度の高さ。

環境の良さ。

などなど、良さをあげたらキリがない位でした。

 

まだまだ行きたい国は沢山あるのですが、私の再訪した国としてはかなり上位になっています。

 

旅が始まる時の記事で書きましたが、今年の研修旅行はスタッフそれぞれが企画します。

これから秋に集中して皆が旅に出る事になりますが、既に何組かが社内プレゼンを経て許可が出始めています。

そして、それらはとてもワクワクする内容です。

 

どんな旅をして、どんな経験を皆がしてくるかを楽しみにしたいと思います。

 


幼児施設と建築視察 in Mexico 8日目

今回のツアー最後の日としてメキシコシティ締めです。

やっと予定無しで街を歩けます。

 

朝から洗車場に車が長蛇の列でした。

聞いたら、手洗い洗車が格安だから当たり前らしいです。

 

 

こんな場面も見かけたり。

 

 

明らかに公道ですが、屋台出店して、固定の庇までついています。

そして警官が、その屋台で食べ物を買って店主らしき人と話しながら食べています。

 

当然違法らしいのですが、妙に人間らしくて、温かくて、のどかな雰囲気だなあ。

日本だったら、絶対に許されないでしょうから、変に羨ましく感じたり。

 

公共交通機関ほを乗り継いで国立大学の美術館へ。

 

 

大学の美術館にしては豪華です。

 

 

ここで、シュナイダー展をやっていました。

 

 

 

こうした展示にも、遊びごごろが盛り込まれてい楽しかったです。

 

で、この後街中を引き続きウロウロとして、疲れたので地下鉄で滞在先に戻る事に。

地下鉄に乗り込むときに、左側から一気に歩いてくる少年がいたのですが、乗り込むときに沢山の人の勢いに紛れて誰かに触られた気が・・・・

『おっ、何か盗られたかも』なんて感じましたが、カバンは閉じていて無事でした。

 

数分後・・・・

 

『あれ、携帯が無いな』

 

一緒にいたメキシコ人の知人に話したら、『さっきのスリだな』と。

 

これまで30カ国の旅行をしてきて一度も遭遇した事ありませんでしたが、初のスリに遭遇となりました。

幸い、取られたのは海外用の携帯だったので国内用携帯でローミングをして通信も復活したり、大したデータ損失も無かったのですが、昨日のフライトが先に行かれてしまったのについで二度目のハプニングに。

 

ビックリでした。

 

 

いよいよ帰国です。

先日のゲートを閉められた事を教訓に、今日は早めに空港へ行こうと。

フライトは深夜1時55分の便なので、22時位には空港へ。

さてチェックインをと思い、手続きを始めたら発見されたチケットに不思議な文章が印字されてきました。

 

Check in is too late. Please come to our counter.

(チャックインが遅すぎます。カウンターへ来てください)

 

4時間近く前に来ていて遅すぎると言われる意味が分かりません。

 

ちょっと不安がよぎります。

 

カウンターへ行くと、『チケット見せて』と。

 

そして

 

『フライト、昨日だよね?』と。

 

理解不能です。

同行しているスタッフはカンクンからメキシコシティに戻ってきていて、空港内で合流する段取りになっていますから、間違っているはず無いのです。

 

しかしチケットを良く見ると確かに一日前の日付に。

 

どうやら、先日カンクンから一日早く戻る変更をした際にアエロメヒコの担当者が帰国便まで早めてしまった様でした。

この後はカウンターで、喧々諤々のやりとりに(笑)

 

しかし、航空のトラブルを覆すのは容易じゃなく、翌日便に振り替えられるハメに。

 

なんと予想外の一日延泊となりました。


幼児施設と建築視察 in Mexico 7日目

プラヤ・デル・カルメンの朝。

 

 

滞在先から徒歩で5分位でビーチです。

宿があまり心地よくないので、朝から散歩に。

 

朝なので人は少ないのですが、やはり観光地なのでビーチ沿いにはホテルが沢山並んでいます。

 

 

こういう雰囲気の場所はあまり好きじゃないです。

ちなみに、このビーチはキレイなのは事実ですが反対側を振り返ると

 

 

海藻が沢山漂着していて、一人のおじさんが黙々とそれを集めています。

掃除なのか、商売なのかは解りませんが手押し車一杯に積んでもとても解消される量じゃないです。

 

日陰で暫くスマホを使いながら仕事をしていたのですが、やはりココに長居しても仕方ないかなと言う気持ちに。

 

本当は翌日のフライトでメキシコシティ経由で帰国だったのですが、メキシコシティに一日早く戻った方が楽しいかもと思いフライト変更です。

 

宿に帰る途中に見かけたノボリ。

 

 

そして宿の庭。

 

 

この後、バスでカンクン空港へ。

30分前に着いて急いでチェックイしたのですが、搭乗便のゲートが既に閉められてしまっていました。

なので、次の便へ振り替えて貰って、一時間半空港で待機。

 

夜には無事にメキシコシティに。

さて明日は最後の一日です。


幼児施設と建築視察 in Mexico 6日目

今日は移動日なのですが、昨晩みたサンセットがとてもキレイだったので。

 

 

そして今朝のサンライズも。

 

 

空気が澄んでいるので、空の美しさが半端じゃないです。

私達が建築をどんなに頑張っても、自然の美しさにはどうやっても勝てないです。

 

だから、こういう所に来ると自然をどうやって取り込むかを常に考える様になります。

 

結果的に、建築と自然が共存できる事が理想だし、自然を上手くとらえる事が出来れば、子供達にとってより良く伝わったり、記憶に残ってくれたりする事を期待するのです。

 

この後は、一旦空港へ。

そこから二時間半のフライトを経て、カンクンへ。

 

更にカンクンからバスで一時間移動して、ブラヤ・デル・カルメンに。

この地区には大きなホテルばかりで面白い滞在先が無かったので、今回の滞在先はAirbnbで。

バスターミナルから2kmも無い所だったのですが、これが分かりにくくて結構迷うハメに。

 

夕飯も取れずに深夜になり、なかなか大変な一日でした。

 


幼児施設と建築視察 in Mexico 5日目

朝10時過ぎにメキシコシティから飛行機で赤道に向かって一時間のフライトで付いた場所がココ。

メキシコの伝統的な街として知られているオアハカです。

メキシコシティでは、梅雨のまっただ中である事から曇天が続いてましたが、やっと晴天に。

 

 

そして、ここにあるこの施設がメキシコに一番来たかった理由です。

 

 

これ、リゾート施設ではなく、いわゆるアーティスト・イン・レジデンスです。

アーティストのみが滞在出来る施設で、ここで創作活動に没頭出来る様になってるのです。

またワークショップも開催されるなどして一般の方達にも使える様になっています。

 

下の写真がレジデンス棟。

 

 

すなわちアーティト達が滞在する場所です。

 

内部はメインのホールから。

 

 

二階もあります。

 

 

ギャラリー兼、大型造形物の創作と展示スペース。

 

 

屋内のギャラリーや―ワークショップスペース。

展示もされていました。

 

 

 

スタジオ。

 

 

ちなみにレジデンス棟の中はこんな感じ。

 

 

更に、少し離れた所に陶芸棟。

 

 

どの建築もなかなか素敵です。

 

 

この建物、最初のアーティスト・イン・レジデンスの設計者は実は安藤忠雄さん。

こちらの陶芸棟の設計はアルヴァロ・シザさん。

 

プリツカー賞受賞者の豪華共演でした。

 

しかし建築は改めて環境が大切であると実感です。

環境とどう向き合うかが、この二つの施設はとても良く考えられていました。

 

 

それにしてもサンセットの美しさに感動です。

 

 

いつも自然が見せてくれる美しさに感動すると共に、どんなにデザインをしても、この美しさには適わないと思います。

だから、私達の建築は自然をどの様に受け容れる事を考えたいと思っています。

 

 

そして、それこそが人工照明や空調設備に頼り過ぎない快適な生活に繋がると信じています。


幼児施設と建築視察 in Mexico 4日目

今日もホテルを移動。

そして朝からウェルカムドリンクはテキーラ。

 

 

もう大分、この感覚になれてきました(笑)

 

ホテルの写真。

 

 

部屋は小ぶりですが、センスの良い感じです。

そして屋上にあるジム。

まさかの半屋外です。

でも、これ絶妙なセンスです。

気持ち良さは半端じゃないですから。

 

 

今日は幼稚園二か所の視察です。

ところが、目的地まで行ったときにUberにカメラを置いて来てしまった事態に。

最終的には夜には手元に戻ったのですが、ここから携帯カメラのみに。

 

そして、私達が事前に知りえていた情報と、数年後の園舎である状態がかなりかけ離れていた事に直面。

 

 

良くある事なのですが、やっぱりステキな建築でも、ユーザーが理解しないと使い方が悪化して建築の意図とは違う形になっしまう事例を見るハメに。

 

でも、建築家のベンジャミンさんがわざわざ来てくれて案内をしてくれました。

 

 

とてもセンスと頭の良い方である事は話をすれば良く分かるだけに残念。

 

 

この後の視察した幼稚園はコチラ。

 

 

これ、米国の建築賞まで受賞している幼稚園です。

しかし、実際には設計当時のオーナーと変わってしまったらしく、コチラも色々と建築の意図とは違う形に。

 

設計者が同行してくれたのですが、設計者が『あれ、ここも変わってる・・・』とリアクションが沢山出るハメに。

 

でも、コチラの設計事務所から来てくれた二人もなかなか優秀でした。

最後は事務所訪問までさせて頂き、記念撮影。

 

 

この後、彼らが街中にある有名な建築を案内してくれました。

 

 

ただ、この種の建築に最近あまり興味がありません。

 

 

 

形態操作が強すぎると言うか、美術館なので良いのだと思いますが私達が関わる建築は、形態は大事なのですが、それよりも居心地が良いかどうかが大切だと思っています。

だから、もう少し小さい建築で、快適である事に拘っている建築に興味が行くのです。

 

この後、彼らと夕飯を共にしたら、結局メスカリン酒を7杯も飲むハメに。

さすがに参りました(笑)

 

 

 


| 1/9PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode