『幼児の城』 2016年 新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

今年も年末年始休暇とは言え、何故かこの時期に何件か問い合わせや連絡が来て結局対応してしまう事になり、改めてネット社会の便利さと不便さを実感しています。

『ならば携帯をオフにすれば良いじゃないか』とか『ネットに接続しなければ良いじゃないか』と言われるのですが、私の感覚ではどうしても折角私達に興味を持ってくれる方がいて、何かの理由でそのタイミングで連絡をくれているのだから私達も出来る限り対応をしたいと思うのが礼儀だと思ってしまうので、携帯オフとかは出来ないのです。

恐らく、身内や廻りの人には常に仕事から切り離れないので迷惑をかけていると思いますが・・・

今年は色々と変化や動きが多い年になります。
まだ書けない事もあるのですが、書ける事と言えば海外のプロジェクトが複数進行していて、恐らく年末までには幾つか結果を報告出来るのではないかと思っています。

何しろ海外の案件は私達にとっても初めての事であって全てが挑戦です。
それ故に、これがどんな形になるのかは私達も想像がしにくい状況です。

ただ、子どもに対しての感覚や園舎としてのアプローチについては日本で行ってきた事を伝えて理解と共感頂いた方とだけ組んでいるのでブレずに進めて行けそうだと思っています。

法律の壁がどうしても出てくる時があるのが厄介ではあるのですが。

もちろん日本においても従来通り、気持ちを寄せて頂いた方とタッグを組ませて頂いて真剣に取り組んでいます。
今年は長崎、兵庫、大阪、三重、奈良、埼玉、東京と言ったエリアで複数のプロジェクトが竣工する予定です。

どれもオーナーは理解のある方ばかりな上に、楽しみなコンセプトを持った園舎ですから、改めて紹介する時が来ると思います。


それから、今の所夏頃に新刊書籍の発行が予定されています。
幼児の城シリーズの第7巻になる訳ですが、全巻よりも更に充実した内容になりそうです。
こちらも時期が来たら報告をさせて頂きます。

海外の学生からインターン依頼が何件か届いてるので、日本語が話せない学生ですから来てくれたら社内には良い刺激になって面白そうです。


こうして業務範囲やエリアが広がっている背景から、良く人から『もっと人を増やしたら良いのでは』と言われます。
もちろん新卒採用は重ねているのですが、この業界は退社して独立する人もいます。だから現実には人数は増えていなくて、それでも質を確保しようとすると結局辞退をさせて頂く仕事も増えているのが現実です。
体裁を繕って無理に請けた所で結局依頼主に対して十分な対応が出来無くなるのは本意では無いからです。


それから人を育成するには時間がかかります。
特に建築設計の場合は学校の課題程度であれば創造力の豊かな人であればこなす事は出来ても、現実に大地に建つ物には創造力だけでなく技術力や知識が必要です。
更に私達の仕事には建築設計だけの知識ではなく、園舎を中心にどうやって園から園の伝えたい事を外部に情報発信するのかと言うコンサルタント能力も求められています。

こうした部分において力をつけだすのが、個人差はあってもどうしても30才前後になってきています。

それでも、こんな少子時代の中で忙しくさせて頂いてる時だからこそ期待に沿える様に頑張りたいと思ってスタッフ全員が昼夜を問わず頑張っています。

私は企業は真面目な部分と、少し砕けて面白い部分の両方が無いといけないと思っています。
この砕けた部分には、いわゆるミーハー的な感覚をどれだけ持っていけるかである訳で、時代の流れに乗るのではなく、時代の流れを創る側になるべきだと思っています。
私達にどこまで出来るかは解りませんが、しっかりとしたデータに基づく設計と合わせて、データには絶対に出て来ない人間の感覚の部分を研ぎ澄まして世の中に私達なりの解釈をした上で形にして発信する事も忘れずに進みたいと思います。


今年はあまり固い話は書きませんが、また心新たに一年間頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。


そういえば、ウチの福祉施設研究所ブログ(http://dairy.hibino-fukushi.com/
)が昨年から心入れ替えて、担当の裏木が一生懸命に発信しています。
私の場合は不真面目さが出過ぎているのですが、福祉研ブログは書いてる記事が本人の性格がそのまま出てしまって真面目すぎるので、そんなに面白くないのですが・・・(笑)
でも、『つまらない』でもコメントを頂けると本人には良い意味での叱咤激励になると思っています。
恐らくこの5年間位の間に福祉施設でも意義と意味のある物を発信してくると思いますので、どうか多くの方に読んで頂き、福祉研にも興味を持って頂ければと思っています。





日本のデザインに関する情報を発信しているウェブサイト『Spoon & Tamago』さんで昨年の記事閲覧数1位が第一幼稚園の記事だったそうです。
実は、この記事が海外45か国以上で報道されたキッカケだった訳で、改めて私達の意を汲んで頂き、しっかりとした記事を書いて頂いた事に改めて感謝したいと思います。

 

Our #1 most popular post from 2015: this amazing preschool in Japan that made us all want to be kids again! Happy New Year! #spoontamagocountdown

Posted by Spoon & Tamago on 2015年12月31日
 

『幼児の城』 2015年 新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

毎年感じている事ですが、仕事は常に重なって継続し続けている事から、新年だからと言って気持ちの切り替えは結構難しいものです。
そしてネット社会により、世界と容易に繋がっている状況が、より物や事の価値観を多様化させ、時間的や地理的な感覚が不思議な物にさせられています。

特にFacebook等のSNSを使っていると、世界にいる知人がそれぞれのいる場所のタイミングで『Happy New Year』を書いてますし、祝い方もそれぞれです。

価値観や物、事、事象の変容については様々な意見があります。
伝統を重んじれば新しい事を否定せざるを得無い部分も出てくる訳ですし、
逆に、新しい事に挑戦する時は、伝統的な事を否定さぜるを得ない部分も出てくる訳です。

しかし、こうした話においてはどちらが正しいかなんて答えは無いと思います。
数学の様に問題と解答が用意されている訳ではないからです。
そして、そうした変化を起こすは人間そのものですし、人間は時代に合わせて少しずつ変化してきたから地球上の様々な生物が絶滅したり、絶滅危惧種指定をされたりしている中で、今日まで生き延びてこれたとも言えます。

かつてこのブログやツイッター等で何度となくダーウィンの進化論について書いてきました。
『強い物が生き残ったのではない。変化に対応出来た物が生き残ったのだ。』

だとすれば、やはり私達が進むべき道は失敗を恐れずに変化していく事なんだろうと思っています。

もちろん、守るべき部分は必ずあります。
そして42年と言う事務所経歴と園舎事例330件と言う積み上げてきた物は確固たる事実としての自信です。

そこに、常に時代を見て、先を読み、数歩先を歩いている様な集団でありたいと思っています。



さて、本日の日経新聞の記事で
----------------------------------------------------------------
2014年に国内で生まれた日本人の赤ちゃんは前年より2万9千人少ない100万1千人で、
統計の残る1899年以降最少を更新したことが31日、厚生労働省の人口動態統計の年間推計で分かった。
死亡数も戦後最多の126万9千人。
出生数が死亡数を下回る「自然減」は26万8千人で過去最大となった。
----------------------------------------------------------------
ショッキングな話なのに8年連続の人口減ですから、何だか慣れてきてしまいました。

保育所に関するデータは毎年4月1日現在の数値が9月から10月に公表されますが、
昨年の9月に4月の時点でのデータでは、
・保育所定員は平成25年度から平成26年度にかけて47,000人分増加。
・保育所を利用する児童の数は平成25年度から平成26年度にかけて47,232人増加。
・年齢区分では3歳未満が31,184人の増、3歳以上は16,048人の増。
・待機児童数は21,371人で4年連続の減少(1,370人の減少)
・待機児童のいる市区町村は、前年から2減少して338。
・100人以上増加したのは、世田谷区(225人増)、大田区(175人増)、熊本市(139人増)など6市区。
・100人以上減少したのは、福岡市(695人減)、川崎市(376人減)、名古屋市(280人減)などの9市区町。


保育所が必要となる理由の新生児が約3万人も減っている中で、保育所整備は以前として行われています。
地域的な片寄がある事から、これらの数値を同じ土俵で比較するのは意味が薄い所もありますが、事実です。
いずれかのタイミングで飽和する事は明らかです。
すなわち待機児童じゃなくて、待機保育所の様な事になる訳です。

認定こども園についても先行きが不透明になってきました。
認定を受けたままだと園経営が成り立たなくなると言う理由から、認定を受けた園が返上をし始めている事態です。

この話は本当に難しいです。
元々違う成り立ちでここまで来た保育所と幼稚園をまとめようとするんですから。
国が相当の強い意志を持って、あらゆる既得権や利権の様な物を排除しない限り、まとまらない話な気がします。
業界団体から支援を受け当選し、強い繋がりを持った議員がいる限りは中途半端な妥協案でしか出てこない訳ですし、
第一政党がどこになろうが大した変化も起こしきれなかった訳です。

でも、大切な事って何でしょうか。
国が強い力で変化をさせてくれる事でしょうか。
日本は共産主義国家では無く、民主主義国家です。
国が国民皆平等になんて方針を示すなんて事は建前であっても実際には出来ません。

だとしたら、思考としては先程のダーウィンの進化論と同じであるべきです。

『強い物が生き残るのではない。変化に対応出来る物が生き残るのだ。』

少子時代なりの運営方法があるはずです。
国も、通り一遍の縛りばかり言うのではなく、運営者に裁量を増やして上げて自分達で考えなさいとすれば良いはずです。
これまでの運営で行こおうとするから、不平や不満が出る訳で、お金はあげられないけど自由にしてあげるから頑張ってくださいで良いはずです。

園舎なんて新しいからとかカッコイイから経営が楽なんてのは間違いです。
どんなに綺麗な園舎でも園としての魅力が欠けていたら親は子どもを預けたくないはずです。
だから園の魅力を作る事が先なのです。

そしてそれは決して遊園地の様な環境を作る事でもないし、アンパンマンやディズニー、サンリオのキャラクターで埋め尽くした環境を作る事でもないし、そうした子供に迎合した様な環境を作る事でもないのは明白です。

子供が強くたくましく成長出来る様な環境がある事が大切なんだと思います。
大人になってもしっかりと物事を考えて行動出来る様に。


私達は、そうした部分に置いて理念や理想の実現をサポート出来る園舎を提供したいと思っています。
繰り返しになりますが、

常に時代を見て、先を読み、数歩先を歩いている様な集団でありたい。

今年もスタッフ全員で園舎創りに励んでいきます。
どうぞよろしくお願い致します。

『幼児の城』 新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

毎年の事ですが、あっと言う間の一年が過ぎて新しい年の始まりです。
私達の場合は大晦日を節目としてプロジェクトが終わるケースは少ないので実際には大きく気持ちを切り替えるタイミングが難しいのですが、それでも一年間をダラダラと過ごす事よりも、何か節目を設けて一年を振り返っての反省と、新しい一年に向けての目標を設定する事が大切だと思っています。

そうした意味では、やはり大晦日と正月は良いタイミングです。

今年も子育て支援や待機児童解消、更にはこども園化加速など、様々な事が私達に取り巻いてくる事が予想出来ます。
そして、ここに園舎と言うハード整備が絡む確率は高く、そこに私達が求められていく事になる事は大変な忙しさが予想出来ます。

既に数年前からお問い合わせを頂いてる方とのプロジェクトが少しずつ形になっていく年でもあります。
また、この年末年始休暇の間にも新しい問い合わせが届いたりしています。


本当に感謝で、有難い事です。

更に、私達が昨年以上に今年は向き合わなくてはならない事があります。

それは建設市況です。

昨年から続いてきた事ですが、稀に見る程、建築の需給バランスが崩れています。
建築需要に対して、供給する側の体制が整っていないのです。
需給バランスが崩れた事で、建設価格が高騰し、人も資材も足りない事から工期厳守も困難な可能性が出てきています。

ここに、東日本大震災の復興はまだまだ道半ばですし、消費税の駆け込み需要と、東京五輪まで重なってきてしまいました。
そして、国はかつて無いほどの子育て支援体制です。

とは言っても、恐らく一つの園舎に対しての補助金額は大幅に増えそうにありません。

こうした事態だからこそ、経験値が求められる時代のはずです。
仮に一つの園舎プロジェクトがあるとして、そこに何社かの設計事務所が提案をするとしても予算は同一のはずです。
同一の予算の中で、どうやって質の高い園舎を創るのかが設計事務所の力量の差となるはずです。
斬新なアイデアと豊富な経験値を掛け合わせる事が出来れば、そこに付加価値のある提案が出来ると思っています。

恐らく私達が求められていく事はそんな事のはずだと思っています。

まだまだ、未完成な部分も多い事務所ではありますが、この難しい時代を楽しみながら、こうしたビジョンに向かって突き進みたいと思います。

今年一年もスタッフ一同で全力で走ります。

2014年も、よろしくお願い致します。
 

2013年 幼児の城スタート

Soup Stock Tokyo を展開する株式会社スマイルズさんの年賀状に書かれていた遠山社長の言葉がステキです。





-------------------------------------------------------------

『想像の創造』
新しいことをやるには、個人の経験や思い、それを支える意義や意志が必要です。
そして、今ないものを具体的にイメージする想像力、人を巻き込むなどの実行力が大事であり、
それを『想像の創造』と呼んでみました。


『現実の実現』
一方で、その思い、を現実社会の中でビジネスや制度として実現、継続させていかなくては意味がありません。それを『現実の実現』と呼んでみました。
そして、これこそが苦労であり仕組みであり強さでありお客様からの評価であります。
『いい感じ、、』だけでは残念ながら育たないのが現実です。

-------------------------------------------------------------

全くを持って同感です。

『やれ』と言われた事だけをやるのでは無く、自ら『やりたいこと』を見つけ、それを実現する為の意義を見つけ、意志を強く持ち、現実社会の中でのギャップを埋めて実現して成功させる。

文章に書けばこれだけの事ですが、実際に出来る人はほとんどいません。


本日から私達は2013年の業務を始業しました。
そのミーティングの場で、こんな事を話しました。

-------------------------------------------------------------

昨年、賞を受賞したり、お客様から褒めて頂いたり、プロポーザルやコンペで入賞したりと沢山の嬉しい事がありました。
しかし、そうした事は今日限りで忘れて欲しい。
全て昨年の事であり、過去の事です。

過去の栄光を語る人は現在が充実していないからです。
皆さんが、昨年の良かった事はきっぱりと忘れて新しい事に取り組み邁進する事が出来れば、確実に次のステップへ上がるでしょう。

大切なことは何でしょうか。
今年もお客様から褒められたり、賞を受賞したり出来るかです。
良い事を何回も何年も継続出来るかです。
一回だけでは、偶然かも知れません。
でも、毎年や毎回評価される事は偶然では成し得ません。

貴方達なら必ず出来るはずです。

-------------------------------------------------------------

遠山社長の言葉との共通項を理解して頂けたかは解りませんが、私の中での想いは似ています。
現状に甘えず、常に新しい事へのチャレンジ精神を忘れずに。
そして、新しい事へ挑戦する時には強い意志を持って、現実社会とのギャップを埋めながら社会へデザインとして提起して欲しい。
これが出来たら、私達は今年も何かしら評価を頂けるはずであると思っています。


元旦に新年の挨拶は書きましたが始業にあたり改めまして、『本年もよろしくお願い致します』。


新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

おかげさまで私達が関わらせて頂いた園舎の数は300を超えました。

数を競うつもりはありませんが、沢山の方から声をかけて頂き信託頂いた証だと思っており、感謝の気持ちでいっぱいです。

そうした結果が数として現れるのであれば、300と言う数字が400にも500にもなれば嬉しいと思います。
一方で、数字が大きくなる事で責任の大きさも増えてきていると思っています。

『それだけの数をやっているのだから当然でしょ』

と言う声をかけられる事があります。
全くその通りです。
しかし、内情は全てのスタッフが同じ様な経験値を持っている訳では無い事も事実です。

だからこそ、スタッフ教育の大切さを胸に続けていきたいと思っています。

信頼頂いた方の期待に応えられる様に。


それから、いつも言い続けている事ですが私達が世の中の全ての園舎を担当出来る訳ではありません。
むしろ色々な設計事務所が担当する事の方が、新しい考え方やデザインが生まれる可能性もありますし、多様性を生んでユーザーの選択肢が増える訳ですから良い事だと思います。
それでも多くの方から私達の資料やノウハウを求められている事も事実です。

これに対しては、出来るだけ多くの情報を開示して共有をしていきたいと思っています。
こうしたブログやツイッター、Facebook上での公開、更に園舎見学会や園舎セミナー(【園舎見学会とセミナー 2013 新春】参加者募集中 詳しくはコチラ
)と合わせて、今年は新しい書籍の発刊も予定しています。

昨年に予定をしていた本ですが、より良い物をと拘るあまりにココまでズレてきてしまいました。
しかし、その分多くの皆様に『園舎ってこんなに可能性があるんだ』と感じてワクワクしてもらえる本
なると思っています。

反省は常にあり、昨年も多くの叱咤激励を頂きました。
そうした有難い言葉を胸に留めて、今年も精一杯園舎設計とこどもの為の空間創りにスタッフ一同、励みたいと思います。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。




年末に垢落としで行ってきた登別温泉と洞爺湖温泉の写真です。
どちらも陰影礼賛的写真ですが、やはり光と影の美しさは建築の根源な気がします。



(登別温泉のホテル 内湯。低く押さえられた窓から見る雪景色の外湯が美しい)



(洞爺湖温泉のホテル 屋上にある温泉が洞爺湖と視線が繋がる)




【園舎見学会とセミナー 2013 新春】参加者募集中 詳しくはコチラ




新年明けましておめでとうございます。

神奈川県は快晴のお正月となりました。

今年も年度末に向けて沢山の園舎が完成へと向かう予定です。
栃木県、群馬県、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、愛知県、広島県と一都九県に新しい園舎が完成する予定です。

いつも言っている事ではありますが、仕事の大小に関わらず、強い想いを寄せて頂いたお客様とガッチリとタッグを組み、コンセプトがしっかりとした園舎を創りたいと思っています。

格好良いとか、可愛いというだけの園舎を創るのではなく。
それらは当たり前のラインとして。


これから、更に進行していく少子化時代の中で、オーナーが使いやすく、ユーザーに対してしっかりと『ウチの園舎はこういう理念で創っています』と伝える事が出来る様な園舎を創りたいと思っています。


全国に沢山ある設計事務所の中で、あえて『幼児の城』を選んで頂いたのだから、
その意味をスタッフ全員にも徹底的に伝えていきたいと思います。

そして、

子ども達がワクワク、ドキドキ出来て、笑顔がいっぱいになる園舎。
お母さん達が預けたいと思い、安心してあずけられる園舎。
先生達が、ここで働けて幸せと思える園舎。

簡単な事ではありませんが、挑戦していきたいと思います。



今年一年、よろしくお願い致します。


今年も園舎設計を存分に楽しみたいと思います (^^)/


今年も園舎情報を発信続けます

新年明けましておめでとうこざいます。

旧年中は、皆様方の多大なるご支援を頂きました事をお礼申し上げます。
年末の行事が終わったと思ったら、あっという間に新しい年を迎えた感じです。


そして、今年も園の特徴を活かせる、オンリーワンな園舎づくりが目標である事に変わりはありません。


こうして、ほとんどの平日に更新を続けていくと、「他にやることあるのでは」と仰る方もいます。
しかし私は、「それは違う」と思っています。


今や、このブログは月間アクセスは多いときで20000件に達します。
もちろん、著名人のブログと比較すれば小さな数字ですが、小さな設計事務所のブログに対するアクセス数としては、驚く数値です。

こうなってくると、自分たちのエゴで書けるものでは無いですし、自分勝手に止めれるものではありません。
アクセス解析をしても、来訪者は様々です。

幼稚園や保育園のオーナーだけに留まらず、同業の設計事務所、建設関係者、メーカー、学生、メディア、更には園にお子さんを通わせている保護者の方もいらっしゃいます。

立場によって、欲しい情報は違うと思いますが、情報が欲しくて訪問してきてくれている事は事実です。

それなら、常に新しい情報をタイムリーに届ける事で役目を果たせると思っています。


こうしたソーシャルメテ゜ィアは、こちらから強制的に見て頂くものではありません。
だから、興味のある方だけに見て頂ければよいと思っています。
そして、その結果として日本中の園舎環境の質が少しでも向上すれば本望です。

大きな事が出来る組織ではありませんが、小さな事をコツコツと積み上げていけば、いつかは大きな成果を成し遂げられると信じています。

その為にも、強い信念を持って進んでいきたいと思います。


その様な訳で、今年もブログ、ツイッター、書籍など様々な手段を通じて、考えている事、最新情報などを発信続けていくつもりです。


どうか、本年もよろしくお願いいたします。




今年最初の写真です。
年末に滞在したホテルの厨房です。



やはり、見せる見える参加するがキーワードでした。
これを、このままスケールを子供サイズに変化させれば、素敵な厨房になると思います。

園舎にとって、厨房は大切な空間です。

福祉施設研究所をご存知ですか

福祉施設研究所』をご存知ですか。


私達『幼児の城』は幼児施設専門ですが、
福祉施設に特化した設計事務所チームが『福祉施設研究所』です。

この『福祉施設研究所』のサイトがリニューアルしました。

サイトをご覧頂ければ解ると思いますが、
福祉施設と言っても老人福祉施設だけではありません。
障害者福祉施設にも精通しています。

これからの建築設計事務所は、より専門家領域が求められる時代です。

その様な中で、福祉施設研究所は幼児の城ともコラボレートします。
最近は、老人福祉施設と幼児施設の融合が求められています。

そんな時には、お互いの専門領域とノウハウを活かして、お客様に最良の施設提案を行えます。

福祉施設研究所をご存知ない方は是非ホームページを訪れてみてください。



福祉施設研究所のHPコチラ


嬉しいこと

今日、某メーカー営業の方が社に見えた際に、このブログや社長コラム現場日記などを定期的に読んで頂いてるとの事を聞きました。

おまけに「勉強になる」とまで言って頂けました。

そんな押し付けがましい気持ちで書いているつもりはありませんが、それぞれの担当が日々の出来事や思った事を私達の目線で捉えて情報として発信続けている事を光栄な言葉を頂いて感謝するばかりです。

これからも、お客様や読者の方の為に少しでも情報発信できる様に努めたいと思いますのでよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

おかげさまで月間1000アクセス超えました

半月ほど前にも、アクセス数について書きましたが、
この『幼児の城ブログ』を開設してまだ2ヶ月です。

まだ、1才にもならないこのブログは、それにも関わらず日々アクセスが
増え続けており、この度7月だけの単独集計で1000アクセスを超えました。

訪問者の方々は園関係者だけで無い所が面白く、全く園舎とは関係の無い方から、同業者の方、教材メーカーの方、建設業者の方など本当に幅広く訪問頂いてます。

又、訪れる先でも皆さん励ましの言葉を頂けるので、嬉しく思っています。

こうなると、プレッシャーを感じる面も出てきますが、私達の想いは『良い園舎を増やしたい』の一心です。
この気持ちを忘れずに、今後も精進を続けていきますのでよろしくお願い致します。


| 1/2PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode