だから園舎の調理場は見せる事が大事

事務所の三階にレストラン『2343』(http://2-3-4-3.com)が開業して、一ヶ月が経ちます。
最近良くある「社食」的な物を作る気は無くて、純粋にコンセプトのある飲食店を作ろうと思って進めてきました。
こんな辺鄙な場所にあるので一見の客は来ないだろうと思っていたのに、突然来店されるお客様がいてくれる事に驚く日々です。
当面はランチは予約制、ディナーは紹介制と言う感じでしか営業しない変な店です。
で、この店が出来てから劇的に変わったのは、三階に上がると気持ちの良い空間に換気扇のゴォーと言う音と共に濱砂シェフとスタッフの土屋が気持ちの良い調理音を響かせてくれている事です。
これ、小さい頃の記憶で朝起きた時に母がキッチンで朝ご飯を料理していて、その時に出る音や匂いに魅了されてジッとその所作に見入ってしまうのと似てます。
こんな経験で、多くの人があるのでは無いかと思います。
だから、こんな年齢になっても彼らの所作を見入ってしまいます。
そして出される料理は毎日濱砂シェフが仕入れに行って、毎日違うメニューで、それは実にクリエィティブであり、母親の料理的な温もりもあります。
事務所スタッフ達は、このレストランで食事を出来るのですが、食事をしてる時の笑顔は私にエネルギーをくれるので、事務所にいる時は殆どホールを手伝ったりします。
食って、食べる事でエネルギーが沸く事はもちろんですが、やっぱり料理する過程も不思議と活力を貰えます。
これって、私達が設計している幼稚園や保育園の厨房を積極的に見える様にしているの理由の一つと似ています。
子供も大人も美味しい食事に触れている時はハッピーになれる。
どこの飲食店とも重ならない不思議な店ですが、つくづく出来て良かったなと思っています。

幼児の城にスウェーデンからの来客

事務所にスウェーデンから建築家と教育関係者が来社されました。

 

 

昔は、私達も沢山の事を北欧諸国から学ぼうと必死に視察をしたり情報を集めました。

しかし、今は逆です。

北欧からドンドン日本や私達の所に視察に来ます。

そして、彼らは沢山の事を学び、吸収しようとしているのです。

 

先進国の建築技術においては世界中で比較的均衡化してきている事と、その中でも更に日本の建築技術は卓越している事から私達が学ぶ要素は減りつつあります。

もちろんゼロでは無く、学ぶ部分はあるのですが昔程では無くなってきているのが事実です。

 

こうして真剣に教育や建築の事を考える人達には、私達も喜んで視察を受け容れています。

そして、こうした事が最終的には必ず子供達の利益に繋がると信じています。

 

 

視察の後は、『2343』(2-3-4-3.com)でランチをご一緒させて頂きました。

 

 

 

2343のランチでは、ミートプレートとべジプレートが用意されていて、選べる様になっています。

 

 

そして、ここにドリンクとスイーツが付くのでかなり充実したメニューになっています。

現在はランチは予約制で、ディナーは紹介制とさせて頂いており、突然来られてもご利用頂けない状況です。

 

それでも、食事希望での来店に加え、撮影のロケ地として使いたいとか、結婚式をあげたいとか様々な要望まで出てきて、何だかドンドン面白い展開になってきています。

 

ご興味のある方は下記よりお問合せ下さい。

http://2-3-4-3.com


家具なのかアートなのか

KIDS DESIGN LABO( kidsdesignlabo.com )の関係で家具工場に来ています。

 

流れ作業で大量生産をする様な工場でなく、昔ながらの手法で一つずつ丁寧に作るやり方をしている工場です。

ココは木工製品の加工が他にも出来る事から、木で作られた照明器具等も製造しています。

 

で、こんなシーンが。

 

繊細な木材で構成された立体物が山積みにされている様子が、美術館のアートの様でとてもキレイでした。

 

 

これらは、製作途中の物でこれから研磨や塗装、検品、箱詰めをされて世界中に出荷されていきます。

 

KIDS DESIGN LABOでは、幼稚園や保育園向けのオリジナル家具の設計と製作を行っており、サイズや形はもちろん樹種、色、仕上げに至るまで全て自由になります。

もちろんKIDE DESIGN LABOがご要望を伺った上でデザインをするので、誰かがデザインした物を製作する様な事は行っていないのですが、従来の既製家具には無い上質な家具を余計なルートを介さずにメーカーとしてダイレクト出荷出来る様になっています。

 

現在、沢山のお問合せとご依頼を頂いてる事から急ぎの対応は難しいのですが、時間的に余裕のある方で、KIDS DESIGN LABOの理念に共感される方は是非お問合せ下さい。

 

HPはコチラ

kidsdesignlabo.com


これを幼稚園にするなんて

今度は北京に打合せに来てます。

もちろん幼稚園の話なのですが、今回は既存建物の改修をして幼稚園にすると言う物。

しかも既存建物は私と同じ1972年に設計がされた物。

 

そして当初は幼稚園として建設された様ですが、途中で様々に用途変更がなされて現在はホテル従業員の為の寮です。

不思議な増築がされていたり、建物の地下には有事の際に避難出来るシェルターがあったり。

 

で、その建物がコチラ

 

 

左側のレンガ色のした建物だけでなく、右側の瓦屋根の物も対象です。

なんだか、こんな建物を改修して再度息を吹き込んで、子供達の声が満たすなんてワクワクします。

 

実際には内部もかなり色々と問題ありなので、かなりの知恵を絞る必要がありそうですが。

 

 


園舎はマイナス何度までが限界か?

こんな景色の所に来ています。

 

 

と言っても、実際には雪はそんなに多くないのですが、ココ吉林省の一番厳しい状況は気温です。

なんとマイナス28度。

 

 

 

しかも、この天気情報の下部には『現在の体感温度はマイナス38度』と書かれていました。

全くの初体験の世界です。

いや、正確には高校生の時に夏休みの日雇いバイトで、当時のバイト募集雑誌『fromA』に『日払い9000円 集合新宿駅南口』とだけ書かれていて、友達と一緒に行ったら白いワゴン車に乗せられ行き着いた先が築地のマグロ倉庫で、そこがマイナス40度の世界だった事を考えれば二度目になるのかも知れませんが。

 

で、私は基本的に寒さに強いので普段は薄着です。

だから冬服は無く、春秋物と夏物の二種類しか服はありません。

 

なので、超薄手のダウンコートで突撃しました。

 

 

フードを被らないと、耳が取れそうな位の気温です。

そして10分も外に居られないくらいにズドンと寒さが身体に来るのです。

 

この場所は、こんな気温なので冬場の工事はさすがに出来ないらしく、町中の工事現場は止まっていました。

 

私達は、この場所で幼稚園と老人施設の合築施設を計画しており、本日無事に初回プレゼンが終了となりました。

 

でも、こんな気温だと町中の川や池と言った水辺は凍り、人々はその上を歩いたいたりする訳で、これって子供的にはとんでもなく楽しい訳です。

 

こんな経験の出来る土地だからこその幼稚園が出来そうな気がします。


あの米国SXSWに「幼児の城」が登場します。

米国人の多くが知っている巨大イベント「SXSW」(詳しくはコチラ)は、教育・音楽・映画・インタラクティブの四分野がありますが、今年のSXSWの教育とデザイン部門で私達がファイナリストにセレクトされ、3月上旬にプレゼンテーターとして招待される事に。

https://www.sxswedu.com/competitions/learn-by-design/

 

 

 

教育とデザインと言うカテゴリーがある事が素晴らしいですが、まさに私達が意識し続けている事であり、こうした機会を頂ける事は大変光栄な事です。

 

 


イギリスの建築賞で幼児の城がファイナリストに

イギリスに本部を置く、世界の建築情報を配信するメディア「World  Architecture News」が主催している、WAN AWARD 2017の教育施設部門で、私達が担当した「ST Nursey」がファイナリストとしてセレクトされました。

http://www.worldarchitecturenews.com/project/2017/28213/wan-awards/wan-education-2017-shortlist-announced.html

 

 

2月末にロンドンで最終選考会が行われる為に、最終選考会に行く事に。

他にファイナリストとしてセレクトされている5件あるのですが、どれも巨大学校ばかりです。

私達の担当した保育園はわずか700平米程度。

 

小さなプロジェクトですが、ここまで評価された事をとても嬉しく思います。

最終選考会を楽しみにしたいと思います。

 


幼児の城 2018 スタート

本日より、幼児の城2018 スタートします。

まずは事務所の三階にある【2343】www.2-3-4-3.com に全社員集まっての顔合わせ。

 

 

 

そして、役員で新年祈願に。

 

 

 

 

例年は全社員で行っていたのですが、外国人が増えたり、宗教上の理由で神社参拝をしない人もいたりする事から、役員だけになりました。

 

 

最後に記念撮影。

 

 

なんか私の右手のちょうど良い位置に手摺が来ていて、まるで杖をついてるかの様ですが、全く健康体ですので心配なく(笑)

 

午後からは全員が通常勤務となっています。

そして私は明日から早速海外出張に。

 

なんだか今年も沢山のワクワクした事がありそうです。

と言うより、既に詰まっている感じなので、本当に有難いです。

 

頂いた期待に応えられる様に社員一同、精進したいと思います。

 


2017幼児の城 終了です

本日を持って、2017年の幼児の城業務は終了となります。

 

そんな訳で恒例の大掃除でした。

一年間で、どうしてこんなに廃棄物が溜まるのか不思議な位に出てきます。

 

 

私達は自社ビルなので、こうして窓も全部キレイにします。

 


更にテラスも清掃。

 

 

まだまだ窓を掃除します。

 

 

で、最後に玄関のウェルカムフラワーを松に入れ替えて。

 

 

更に更に玄関に正月飾りもして終了です。

 

 

今年一年、多くの方にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

反省も沢山あります。

反省については常に全社で共有をする様にしてきました。

でも、一方で常に挑戦しようとも思い続け、試みてきました。

 

この二つをバランス良くやる事はとても難しいのですが、これも挑戦を続けてきました。

 

明日からの年末年始休暇で全社員リフレッシュをしながら、新しい情報も蓄えてきたいと思っています。

そして皆様方が、良い年をお迎えになる事を祈念しております。

 

2017年、大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

※新年の業務は1/5からとなりますが、緊急の場合は問い合わせフォームからご連絡を頂くか、直接担当者携帯までご連絡をお願いいたします。

 


幼児の城は45周年?

本日、無事に45歳の誕生日を迎えました。

中国で祝ってもらったり、同じ12月生まれのスタッフ達と一緒に事務所で祝ってもらったり。

こんな素敵な花を頂いたり。

 

 

あとSNS経由では沢山のお祝いメッセージを頂いたり。

個人的に手書きのメッセージと共に小さなプレゼントをくれたり。

数年前には、こんな形で45歳を迎えるなんて全く予想してなかったです。

 

でも、色んな人が気を遣ってくれるのって恐縮する話ですが、冷静になると有難い話で、感謝の気持ちしかありません。

 

もう、こんなに色んな人が期待してくれると、『もっと頑張らなきゃ』なんて益々ポジティヴになれたりもします。

 

多くの人に『働きすぎ』『その働くスタンスはオカシイ』とか言われますが、私自身は働かされているなんて気持ちになっていなくて、むしろ楽しくてしょうがないのです。

 

こういう事を言うと、『ワーカホリック』みたいな事を言われますが、確かにそうかも知れません。

でも、私は単純に誰かが喜んでくれるなら、誰かが私達を必要としてくれるなら、その人達の為になりたいと思うのだから仕方ありません。

 

もちろん、ちゃんと報酬も頂けてますし、仕事として担当させてもらう事でスタッフを養う事も出来ますから色々な意味で遣り甲斐のある所に居させてもらえてると感謝しています。

 

そんな訳で、まだまだ健康体なので引き続き頑張りたいと思いますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。


| 1/138PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode