無いなら作ればイイ。

最近、事務所の3階とテラスをリフォームした事は、何度か記事にしてきましたが、こんな事に対しても意外に沢山のポジティブリアクションが起きています。

 

『そのスペースの有効利用興に興味があるので、見せて欲しい』

『パートでも良いから、とにかくそこで働きたい』

『厚木のこんな不便な場所に、素敵な飲食店が出来るの?』

 

なんだかんだ、とても有難い話ばかりです。

実際に私達が、この空間をどうするかは未定であり、模索をしている最中です。

昨日の記事で紹介した様な事も、模索の一つである訳ですが、やってみたら『これ、全然ありじゃないか』と言う感じです。

 

ヨーロッパの田舎に行くと、『何でこんな不便な所に、こんな素敵なレストランが?』と言う事が良くありますが、そんな感じの事すら出来そうな予感です。

 

これ、私達の園舎設計に対する考え方とリンクしています。

 

園舎設計の依頼は様々な所から届きます。

幼稚園や保育園は、人が多い都市部に需要がある事は確かなのですが、仕事の相談は決してそうした都市部ばかりではありません。

むしろ、人口減少が著しい地域からの相談の方が多かったりするのです。

 

そうした依頼の多くは、『園児減少に歯止めをかけたい』と言う意識が強い訳ですが、子供達への教育や保育に情熱を持ち続けていて、経営が厳しい事を予想していても継続する意思を持たれている志のある方であったりもします。

 

そんな方と出会い、実際に現地を見に行くと私達からすれば沢山の魅力があったりします。

その魅力に慣れ過ぎていて気付いていないのです。

 

だから、私達設計者はその土地や建物が持っている魅力を再構築すると言う事も使命の一つだと思っています。

そして、それをデザインと言う形で具体的に分かりやすくする事で、より多くの方達に伝われば物事の流れを変える事が出来ると信じています。

 

事務所3階の話ですが、殆どの人が『厚木のあんな不便な場所は魅力ないよ』と言い続けてきた所です。

ところが、今では多くの人の意見が180度変わり始めたのです。

 

私は常に『無いなら作ればイイ』と思い続けています。

そして社内で常に言っているのは、

『作れないのは、貴方が作れる方法を知らないだけ』

『創造出来ないのは、創造する基礎的知識量が少ないだけ』

 

だからこそ、私達は常に沢山の情報を得て、知識を増やす事が大切だと思っています。

 

『無いなら作ればイイ』のですから。


ベジタリアンミールが無いなら、自分達でやろう

昨日の記事にも書いたインドからの来客ですが、ベジタリアンの食事を探すのは厚木では実に困難です。

で、今日のディナーは『もう厚木でベジタリアンミールが無いなら自分達でやろう』と言う事に。

 

しかし、これが決まったのが午後3時。

そこから急いでレシピを決めて、食材を買いに行き、テーブルセットやメニューリストも作り、調理も食前酒〜前菜二品〜メインディッシュ〜デザートと流れを作る事になりました。

 

これをウチの岩垂を先頭に、新城、早川がとても段取り良くやってのけたのにはビックリでした。

 

 

 

ミネラルウォーターにもレモンとミントをちゃんと入れてくれてました。

 

 

そしてメニュー下部には岩垂のサイン入り。

 

 

岩垂達がスタッフである事を明かさなかったのですが、最後に『お味はどうでしたか?』とテーブルに挨拶に行ったら

『Excelent !!』と大絶賛してくれました。

 

 

これ、決して手前味噌な話ではなくて、飲食での仕事経験が無い中で、このクオリティを出したのって感動でした。

そして彼らはこういうハプニングをを楽しんでいる様に見えたんですから、人が持っている可能性って素晴らしいです。

 

 


【Lounge2343】トライアル中

3階の【Lounge2343】が様々なトライアルをしています。

今日はランチにスタッフ岩垂が中心となってカレーを用意。

 

 

タイ米をターメリックで色付けしたり、ピクルス用意してくれたり。

カレーも夏野菜入りで。

 

 

スタッフだけでランチの席が満席になっちゃうって・・・・(笑)

まあ、楽しいので良い事だと思いますが、これに外部の人達が沢山入ってきたら面白いだろうなあと思っています。

 

毎日、数件の問い合わせが来る様になってきていて、こんな辺鄙な場所なのに興味を持ってくれている事に驚いています。

 

一つずつ話を聞きながら、最終的に一番良い形で進められたらと思っています。


インドの幼稚園

インドから幼稚園のオーナーが来日されています。

外国の仕事は少しずつ増えてきているのですが、同時に外国人学生らのインターン希望も増えています。

もしかすると、日本人よりも少し多いのでは無いかと感じています。

 

中でもインターンの相談が多いのが何故かインドなのです。

 

で、今回はインターンではなくて実際に幼稚園を建設する話としての来日頂きました。

 

食事はベジタリアンと言う事なのですが、厚木では普段から用意している所はありません。

なので、懇意にしているお店にお願いして特別に用意して頂きました。

 

 

 

とても紳士な方達で、この話がどんな方向に向かうのか楽しみです。


Lounge竣工式

既報の通り、事務所3階のラウンジが完成した事により、関係者の方達を招待してのパーティーが行われました。

社内イベントは、毎年新入社員が企画と仕切りをする事になっていて、今年はこの池谷、松井、中西、早川の四名が担当に。

 

 

ちゃんと服装もギャルソン風。

 

彼らは厚木の牧場や養豚場、生産者を回って食材を集めて、料理やデザートに。

 

 

素人とは思えないクオリティです。

 

 

写真には無いのですが、厚木の名産である豚の味噌漬けまで作られていたり。

 

 

最後には厚木にある牧場Boccaから仕入れてきた牛乳を使ったプリンなんか、もう市販出来るくらいのレベルでした。

 

会に先立って、来年度入社の内定式が全員の前で行われたり。

下の写真の右から、斎藤(鹿児島大学大学院)、石山(筑波技術大学)、李(京都造形芸術大学院)。

 

 

来年も個性豊かなメンバーになりそうですが、女性がいないのが不安がよぎります・・・・

 

そして、工事担当をして頂いたシグマの菊池社長に記念品贈呈。

 

 

前会長の安藤も来てくれたり。

 

 

前相談役は夫婦(私の両親です)で来場。

そして、ちょうど誕生日だったので私の母に花束とケーキを。

 

 

実は、私が普段あまり着ない赤い服を着ている理由は幹事が決めたドレスコードが赤だったので。

綺麗な赤い服って、急に探してもなかなか無いので、白いシャツを赤く染めてきました(笑)

 

他の皆も赤い服や小物を身につけてきてくれたのですが、イマイチ地味だったので皆に赤いマニキュアを塗るサービスが登場したり。

 

 

もっと皆が真っ赤な色で彩ったら面白かったな。

 

 

DJ ABOさん、今回も会場の雰囲気を良い感じにしてくれました。

 

 

そういえば、こんなサプライズも。

スタッフの茅野と近藤が婚約の発表を。

 

 

この二人、なかなかセンスが良いので、楽しみなカップルになりそうな予感です。

 

そして集合写真。

 

 

社内イベントであり、新入社員が企画と仕切をしてくれた事から、ハプニングや不慣れな部分もありましたが、十分に楽しい一日になりました。

 

この場の利用方法に対して、複数の方から問い合わせが届き始めています。

これからどうなるか、楽しみにしていてください。

 

ここを使って、この地域にある良質な食材を使った期間限定のコンセプトレストランを運営なんて最高にアリだと思います。

直接お問い合わせ頂く場合は

http://e-ensha.com/profile_inquiry_form/

もしくは、0462413339(早川)まで

 

 

更にコチラでも受け付けています。

【Lounge2343】by Spacemarket

https://spacemarket.com/spaces/-jzOD3-MptwkaaO1/rooms/MNNuRpapFrJ_Cdvo

 


幼児の城 3階にラウンジが完成

事務所の3階の改修を一カ月前から進めてきましたが、本日植栽も整ってようやく完成に。

植栽はSOLSOさんに協力をして頂き、なかなか素敵な感じになりました。

 

 

そして、この3階は事務所完成以来、30年近く閉ざされてきた絶景が望める様になりました。

田舎には田舎の良さがある事を存分に味わっていただける空間です。

 

更にテラスまで整いました。

 

 

テラスにも8席あり、シェードもあるので日差しの強いでも万全です。

 

 

BBQグリルもあります。

 

 

夜も使えます。

 

 

事務所へ打合せにお越し頂いた方はこの3階にご案内する事になりますが、この場所を使ってイベントされたい方には貸し出しも可能です。

 

貸し会議室やカルチャースクールとしても使って頂けると思いますし、BBQパーティーしたい方、飲食店開業したい方も相談に乗れます。

興味のある方はご連絡ください。

 

【問い合わせフォーム】

http://e-ensha.com/profile_inquiry_form/

 

【電話】

0462413339 (担当:早川)

 

 

更にコチラでも受け付けています。

【Lounge2343】by Spacemarket

https://spacemarket.com/spaces/-jzOD3-MptwkaaO1/rooms/MNNuRpapFrJ_Cdvo


レクチャー後のアンケートが次の意欲になります

先日講師を担当させて頂いた東京デザインプレックス研究所さんから、レクチャー後に学生が書いたアンケートの複写を頂きました。

 

 

こういう所にネガティヴな事を書く人は少ないとは思いますが、皆さんがとても前向きに私の話を聞いてくれていたと思えるコメントが多くて感動です。

 

普段は幼稚園・保育園関係者や、建築関係者に話をする事が多いのですが、普段関わらない様な人に対して話す機会を設けて頂けた事を改めて感謝する次第です。

 

ありがとうございました。


タイからのインターン生

先日インターンを終えた、タイのミントとジューンが帰国前に事務所へ挨拶に来てくれました。

 

 

写真の笑顔を見れば解ると思いますが、改めて、真面目で礼儀正しく、明るく元気な二人で良かったなと。

事務所内での意思疎通は基本的に英語な訳ですが、完璧に話せるスタッフなんか誰もいないのに、ちゃんと仕事をこなすんだから大したものでした。

 

海外からのインターン生受け入れは、国際交流みたいな視点であったり、ウチのスタッフ達にとっても英語に慣れ親しむ良い機会であったり、海外に対して興味を持つ機会になったりするので、とても有難いと思っています。

 

最近は何故かインドからの申し入れがとても多いのが不思議ですが、世界には意欲溢れる学生が沢山いる事を知るだけでも意味があります。

 

これから夏休み期間に入ると日本の学生が何名か来る様ですから、こちらもどんな学生と出会えるか楽しみです。


保育士希望の学生が来社

先日、ある問い合わせが届きました。

某短期大学の保育学科に通う学生で、卒業したら幼稚園教諭や保育士になる事を希望されているとの事でした。

そして、現在研究を進めている中で幼稚園や保育園において、子供の自己充実を深める生活の場構築と園舎建築の視点から研究をしているとので、ヒアリングをしたいとの依頼でした。

 

私達の所には連日沢山の問い合わせが届きます。

大半は園舎設計についての相談です。

他には、メディアからの取材や資料提供の問い合わせ、就職やインターンについての問い合わせ等も多くあります。

極僅かですが、製品売込の問い合わせもあります。

 

就職やインターンの問い合わせは建築学科の学生ばかりですが、今回の様に保育系の学生からの問い合わせはかなり稀です。

 

基本的に、何かに対して一生懸命で世の中の為になろうとしている人達に対しては私達は門戸を開きます。

だから、今回のケースに対しても来社とインタビューを受け容れる事とし、その学生が本日来社してくれました。

 

印象的だったのが、とても社会性を持ち合わせている感じだった事です。

短期大学の二年生ですから20歳前後だと思いますが、私達の所に来る大学院にいる建築学生よりも遥かに考え方、受け答えに対して安心感がありました。

 

そして、目が輝いていました。

 

私が常に私達が訴え続けている園舎環境に対する考え方を話をすると目がキラキラと輝くのです。

そして沢山の希望を持っている様に見えるのです。

 

こういう前向きな希望を持った学生が、将来幼稚園や保育園で子供達に接して毎日楽しそうに過ごしている姿を想像したら、こっちもワクワクしてきました。

 

静岡県内で幼稚園や保育園を探している様ですが、良い園があったら是非紹介したい位でした。

 

 

こんな記事を書いていたら、今度は高校生から問い合わせが入ってきました。

空間デザインの大学へ進むにあたって園舎設計に興味があるのでヒアリングしたいとの事です。

 

意欲ある若い人との出会いは楽しいです。

 


渋谷の保育所には、病児保育、障碍児保育、小児科も併設。

渋谷区内で工事中の保育所現場に行ってきました。

 

 

裏には交通量の多い、山手通りが通っていますが正面側は住宅街の狭い道に面した環境です。

そんな環境なので、出来るだけ落ち着いた色調と素材を選定して違和感の少ない様しています。

 

こちらは通常の認可保育所機能と合わせて、障碍児保育、病児保育、小児科医院と様々な形で子育て中の家庭を支援出来る様な施設になります。

決して大きな施設ではありませんが、都市型ニーズに合った注目される施設となるはずです。

 

残り一カ月で完成となる予定なので、頑張ります。


| 1/134PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode