2013年 幼児の城スタート

Soup Stock Tokyo を展開する株式会社スマイルズさんの年賀状に書かれていた遠山社長の言葉がステキです。





-------------------------------------------------------------

『想像の創造』
新しいことをやるには、個人の経験や思い、それを支える意義や意志が必要です。
そして、今ないものを具体的にイメージする想像力、人を巻き込むなどの実行力が大事であり、
それを『想像の創造』と呼んでみました。


『現実の実現』
一方で、その思い、を現実社会の中でビジネスや制度として実現、継続させていかなくては意味がありません。それを『現実の実現』と呼んでみました。
そして、これこそが苦労であり仕組みであり強さでありお客様からの評価であります。
『いい感じ、、』だけでは残念ながら育たないのが現実です。

-------------------------------------------------------------

全くを持って同感です。

『やれ』と言われた事だけをやるのでは無く、自ら『やりたいこと』を見つけ、それを実現する為の意義を見つけ、意志を強く持ち、現実社会の中でのギャップを埋めて実現して成功させる。

文章に書けばこれだけの事ですが、実際に出来る人はほとんどいません。


本日から私達は2013年の業務を始業しました。
そのミーティングの場で、こんな事を話しました。

-------------------------------------------------------------

昨年、賞を受賞したり、お客様から褒めて頂いたり、プロポーザルやコンペで入賞したりと沢山の嬉しい事がありました。
しかし、そうした事は今日限りで忘れて欲しい。
全て昨年の事であり、過去の事です。

過去の栄光を語る人は現在が充実していないからです。
皆さんが、昨年の良かった事はきっぱりと忘れて新しい事に取り組み邁進する事が出来れば、確実に次のステップへ上がるでしょう。

大切なことは何でしょうか。
今年もお客様から褒められたり、賞を受賞したり出来るかです。
良い事を何回も何年も継続出来るかです。
一回だけでは、偶然かも知れません。
でも、毎年や毎回評価される事は偶然では成し得ません。

貴方達なら必ず出来るはずです。

-------------------------------------------------------------

遠山社長の言葉との共通項を理解して頂けたかは解りませんが、私の中での想いは似ています。
現状に甘えず、常に新しい事へのチャレンジ精神を忘れずに。
そして、新しい事へ挑戦する時には強い意志を持って、現実社会とのギャップを埋めながら社会へデザインとして提起して欲しい。
これが出来たら、私達は今年も何かしら評価を頂けるはずであると思っています。


元旦に新年の挨拶は書きましたが始業にあたり改めまして、『本年もよろしくお願い致します』。


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode