ワークショップ『トン!カチ!カチ!トン!』vol.2 大盛況でした

前回に告知した、ワークショップ『トン!カチ!カチ!トン!』in 栃木(つながるほいくえん釜井台)は無事に終了しました。
少しだけ報告を。

前日に乗り込んで、園舎内にある黒板壁にチョークアーティストの河合さんがチョークアートを仕込みます。
手伝っているのは中村杏里さん。
私も実は手伝いました(笑)



完成したものは後で紹介しますが、深夜の1時半頃までかかって製作してくれました。





そして当日は綿密?な作戦会議の後、オーガニックな黒板塗料を輸入しているグリーンエレファントさんがサポートしてくれた塗料を使って子供達は
A4サイズの黒板を作りました。





自分で塗装をする事が初めての子供達も多く、それ自体を楽しんでくれたのですが、これで簡単に黒板を作れちゃう事をとても楽しんでくれてました。

そして、これを1時間半程自然に放置しておくと塗料が乾いて黒板の完成です。

最初は子供達にチョークを渡して好きな様に落書きして黒板を楽しんでもらいました。





その次に街を作ろうと言うテーマで黒板に街にある要素の物を書いてもらいました。
ケーキ屋さん、花屋さん、アイスクリーム屋さん等、子供達の夢をいっぱい表現してくれました。



そして、これらを道に模したロール紙の横に想い想いに並べてもらいました。



そしてこうして並べた後に、少し高い所に登って街を上から見てもらいました。

最後に全員で記念撮影を。



皆さん、かなり盛り上がってくれました。
子供達の笑顔と声は本当に元気をくれます。
皆さんありがとうございました。


最後の一枚は、チョークアーティスト河合さんが深夜にまで及んで製作したチョークアートと共に山崎園長、河合さん、中村さん、グリーンエレファントの木田さんと加納さん、そして黄色いシャツが私達のスタッフと記念撮影。



今回のワークショップはvol.2ですが、既にvol.3は熊本、vol.4は東京と決定しています。
ワークショツプは毎回違った志向で企画をしますが、主旨は私達が設計担当した園舎においての使い方や楽しみ方の提案をしたいと言う事が中心ではありますが、
その園舎に通う子供とそのお母さん、お父さんであったり、近所の小さなお子さんをお持ちのご家族等が普段触れる事の出来ない経験をして家族の話題になってくれたり、子供達の原体験の一つになってくれたらとも思っています。

これからも、継続して活動を続けていくつもりですので、近くで開催される際には是非ご参加下さい。
 

コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode