船舶コンテナで作られた園舎

先日、竣工の式が行われた、小倉あさひ幼稚園の園舎が海外のサイトで紹介されています。

※Facebookアカウントをお持ちで無い方は画像が表示されない場合があります。

 

イタリアのデザインメディア "designboom"

http://www.designboom.com/architecture/hibinosekkei-youji-no-shiro-oa-kindergarten-shipping-containers-saitama-japan-06-20-2016/

 

 

 

NYの建築メディア "Architizer"

http://architizer.com/projects/oa-kindergarten/

 

 

 

もう一つNYとチリに拠点を置く建築メディア 'Archdaily'

http://www.archdaily.com/789511/oa-kindergarten-hibinosekkei-plus-youji-no-shiro

 

 

 

アメリカの建築や不動産に関するデザイン系サイト 'CURBED'

http://www.curbed.com/2016/6/21/11989874/shipping-container-kindergarten-japan-saitama-hibinosekkei-youji-no-shiro

 

 

 

アメリカの建築やデザイン情報サイト 'inhabitant'

http://inhabitat.com/shipping-containers-make-an-earthquake-resistant-kindergarten-in-japan/

 

 

 

 

 

 

紹介されている写真から見ても解る通り、船舶コンテナを使って建設しています。

これ、工期的やコストのメリットはもちろんなのですが、それ以上に工期短縮、現場での作業短縮から来るCO2削減も意図しています。

今回の園舎設計は既存の遊戯室も構造体を補強してリフォームしたりしている事、鉄や木材等の再利用可能な材料を多用する事、コンテナとして将来への可変性を残す事で持続可能性を高くして、全体のプロジェクトとして地球環境に優しい事が意識されています。

そしてそれらの実現に際して船舶コンテナを使う事で、子供達にも興味を持ってもらう事に成功しています。

 

実際に組み立てていく様は積木を並べたり、積んでいく様でした。

外側は部分的に木材で化粧をしていますが、基本的にはコンテナと解る様にと意図をして荒々しさをあえて残しています。

もちろん、それだけでは固すぎるので植栽に十分配慮をして全体としてはバランスを取る様にしています。

 

そして内部においては、木材を沢山使って温かみのあるインテリアとしました。

 

今回は更に既存で生えていたケヤキの木もサインとして再利用しています。

 

幼稚園の園舎として、これだけコンテナを使用した事例は世界的にも稀ですが、様々な条件が許せば付加価値のある提案が可能です。

 

興味のある方は是非、お問い合わせ下さい。

 

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode