幼児の城 スタッフ内藤が大泣き

写真はスタッフの内藤です。

何故か左手にマクドナルドのバーガーを手にして大泣きしています。

 

 

でも、この周りには全社員がいて、全員が内藤の泣き顔を見て笑顔でした。

と言うのも、実はこの日は内藤に対して1月から2カ月半に渡った、大サプライズ企画の完結した日だったのです。

 

内藤は今月末で退社をします。

色々な事情があって、今度は公務員になります。

それは昨年の秋に会社に報告と相談があり、年度内退社を認めた上での毎日でした。

 

内藤はとても気の優しい性格です。

優しすぎる所が、ウィークポイントになる時がある位に優しくて気を配りすぎます。

そしてデザインはひた向きですが、不器用です。

人間って、何でも器用過ぎるよりも多少は不器用な所があった方が愛嬌があります。

だから私は彼のそんな所が結構好きでした。

 

そんな彼の退社が迫る中で、今年の年明けて間もない頃に、ふと全員に対して『そうだ、彼の退社をサプライズで演出しよう』と号令をかけました。

実は4年前にも一度、退社したスタッフに対してサプライズを仕掛けたことがあるのですが、やはり内藤と似て不器用なキャラクターなのですが、人に愛されるキャラクターの持ち主でした。

 

そして、1月上旬から内藤以外の全員でこの事を共有し、シナリオを描いて実行の段取りを進めていったのです。

ところがシナリオには演者が必要でした。

これは事務所関係者でない人が必要です。

人選にかなり難航しました。

友人知人はもちろん、何でも屋にも連絡しました。

そして万策尽きた感があった時に、ある団体の方から前向きな返信が来たのです。

 

それが厚木ミュージカルカンパニーの代表である湖森さんからでした。

私達の企画相談について、協力してくれるとの事だったのです。

 

そこからは早速面会させて頂いて、趣旨説明をし、内諾を頂き、メールでの事前打ち合わせを繰り替えし、当日も会場で事前練習までしました。

 

そして、決行の日を迎えての本番では湖森さんは迫真の演技をしてくれました。

おかげで、内藤は見事に騙されて、その後私達が待ち受けている会場へ知らず知らず導かれ、送別会をするなんて一言も言われていないのに、そこで私達が全員登場して彼の三年間を慰労した訳です。

 

その時に大泣きした写真が一番上の写真でした。

 

散々騙して頂いた厚木ミュージカルカンパニーの湖森さんと内藤は、その後は笑顔で下の様に記念撮影。

一番左側の女性が湖森さんです。

 

 

会の途中では、ずっと一緒にチームを組んでいたスタッフ輿水から花束を貰って、ハグをするシーンも。

 

 

最後には全員で記念撮影。

 

 

結局は、皆で食事を共にする良い時間でもありました。

 

内藤が、次の職場でも愛される事は間違いないと思います。

活躍を祈念しています。


コメント
コメントする








   





categories



selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode