幼児施設と建築視察 in Mexico 5日目

朝10時過ぎにメキシコシティから飛行機で赤道に向かって一時間のフライトで付いた場所がココ。

メキシコの伝統的な街として知られているオアハカです。

メキシコシティでは、梅雨のまっただ中である事から曇天が続いてましたが、やっと晴天に。

 

 

そして、ここにあるこの施設がメキシコに一番来たかった理由です。

 

 

これ、リゾート施設ではなく、いわゆるアーティスト・イン・レジデンスです。

アーティストのみが滞在出来る施設で、ここで創作活動に没頭出来る様になってるのです。

またワークショップも開催されるなどして一般の方達にも使える様になっています。

 

下の写真がレジデンス棟。

 

 

すなわちアーティト達が滞在する場所です。

 

内部はメインのホールから。

 

 

二階もあります。

 

 

ギャラリー兼、大型造形物の創作と展示スペース。

 

 

屋内のギャラリーや―ワークショップスペース。

展示もされていました。

 

 

 

スタジオ。

 

 

ちなみにレジデンス棟の中はこんな感じ。

 

 

更に、少し離れた所に陶芸棟。

 

 

どの建築もなかなか素敵です。

 

 

この建物、最初のアーティスト・イン・レジデンスの設計者は実は安藤忠雄さん。

こちらの陶芸棟の設計はアルヴァロ・シザさん。

 

プリツカー賞受賞者の豪華共演でした。

 

しかし建築は改めて環境が大切であると実感です。

環境とどう向き合うかが、この二つの施設はとても良く考えられていました。

 

 

それにしてもサンセットの美しさに感動です。

 

 

いつも自然が見せてくれる美しさに感動すると共に、どんなにデザインをしても、この美しさには適わないと思います。

だから、私達の建築は自然をどの様に受け容れる事を考えたいと思っています。

 

 

そして、それこそが人工照明や空調設備に頼り過ぎない快適な生活に繋がると信じています。


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode