インドの幼稚園・二日目

午前中の打合せ前にオーナーが新聞を持ってきてくれました。

 

 

昨日取材を受けた新聞「the pioneer」に既に記事として掲載されていました。

何故か私だけ「Mr」が抜けているのが気になりますが・・・・

 

この後は昨日に続いての打合せ。

 

 

打合せは午前中で終えて、昼食を取った後に少しだけ市内を見る事が出来ました。

 

 

インド門です。

これ、パリのエトワール凱旋門を模して造られたものだそうです。

ただ、これは慰霊碑となっていて戦死者の名前が刻まれていました。

 

それにしても、人の数がスゴイです。

 

観光地ですから、周囲はリキシャだらけ。

 

 

 

こんなシーンも。

 

 

子供達がこうして水遊びをしている姿って、どこの国でも実に微笑ましいです。

水が汚いとかなんて関係ないんです。

水があるだけで遊べるなんて、子供って言うのは実にクリエイティブなんだと改めて感じるシーンでした。

 

 

 

イサカーン廊。

 

 

フユマン廊。

 

 

どちらもお墓です。

タージマハールはデリーから少し離れているので見れませんでしたが、外構も含めて徹底的にシンメトリーな空間と作り方は実に美しかったです。

 

 

で、最後に夕飯の為に寄ったホテルでついてに、ついにシーク教の人達を見かけました。

 

 

日本人がインドをイメージすると必ずこの服装になってしまうのは、外国人が日本人をイメージする時に侍をイメージするのと似ているかも知れません。

シーク教の人達は髪の毛を絶対に切らないそうで、ターバンはその髪を収める為の物だそうです。

 

で、帰りの空港に行ったら、もっと沢山いました(笑)

 

 

更に象。

 

 

牛は沢山いましたが、インド象とは結局帰りの空港でしか出会えず。

 

インドには沢山の日本企業が拠点を作り始めていますから、これから益々日本との関わりは増えていくのだと思います。

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode