世界遺産と園舎

せっかく福建省に来てるのだから、福建土楼を見ないで帰る訳にはいかないと言う事で、今日は漳州市へ。

車を2時間半程走らせて向かいました。

 

そして目の前にドーンと登場です。

 

 

25年程前に、事務所にいた福建省出身の中国人の方に福建土楼の話を聞いて以来、ずっと見てみたいと想い続けて来たものをようやく見る事が出来ました。

 

この建築は古い物は1300年代に建てられたものであったりします。

この写真から見ても分かる通り円形の物と四角形の物があるのですが、外に対して閉じて内に対して開くこの形状の訳は盗賊対策だったそうです。

 

 

構造は木造で、壁は土で築きあげられているのですが、その厚さは1m50cm程にもなっているそうです。

 

 

中に入ると圧巻です。

『良くこの時代にこんな建築を建てたな』と人間の知恵と力の凄さを改めて強く感じました。

 

 

建築としての居住性については、各居室は狭くて暗いのが現実で快適とは言えないのが住民達の意見でもあるそうです。

 

 

 

またトイレは土楼の中には無く、一時的に容器に貯めたら外の川に流すそうで、これも不便な生活として住民が嘆く理由の一つとなっています。

 

写真に上げているのは観光客が殆どいない所を案内頂いたのですが、実際にはユネスコ世界遺産に登録されて以降は物凄い観光客が訪れる様になり、一部の土楼は完全に観光地かしており内部は全てショップとなっている様な所もありました。

 

更にそうしたエリアは土楼周辺にも及んでおり、かつては茶業で生活を支えてきた住民を観光業として生活を成す様に変化してきている様です。

 

そういえば、こんな巨木がありました。

樹齢650年近いガジュマルの木です。

下に見える人とのスケールを見ればその大きさがどれだけ大きいか分かると思いますが、幹の太さは1m50cmにもなるそうです。

 

 

あと、こんな風景も。

これ、完全に星のや軽井沢です。

 

 

と言っても、コチラの方が圧倒的に古い訳ですから偶然と言う事なんだと思いますが、とても素敵な環境がそこらじゅうにありました。

 

最後の一枚はコチラ。

子供達が川で魚を採りをして遊んでいました。

 

 

おばあちゃんが、昔ながらの天稟で物を担いでいたり。

 

 

土楼の周辺には鶏が放し飼いでウロウロしていたり。

 

 

アヒルも川に沢山いたり。

 

 

そして、そうしたアヒルや鶏は食べる為でもある訳で、そのアヒルを川で洗っている姿をみたり。

 

 

 

こういう風景を見ると、いつもホッとします。

何故なら、子供達や、人間が人間としての基本的能力を失っていないと感じるからです。

 

この地区は良い意味で映画に出てきそうな位の農村部です。

観光客が大量に来る様になり、一部の地域は以前とはかなり変わった様ですが、それでも大半の所は何世紀も変化していない様に見えます。

 

すなわち、そこには業者が作った様な遊具や人工的な遊び場は無いですし、加工済み食品を食べるなんて感覚は無いのです。

しかしどこにも負けない豊かな自然があります。

 

だから子供達は自然の中で自ら遊びを見つけて遊んでいる訳ですし、

動物は食料でありながら共存しているのです。

 

私達が幼稚園や保育園の設計で常に意識している事はまさにコレです。

大人である私達がデザインをしすぎない事。

物や事の過剰供給をしない事です。

 

そしてそこに不足が発生するならば、子供達や大人達が生み出せば良いと思っています。

人が物や事を創造をする余地を残したいのです。

 

今の時代、人間はAIをドンドン進化させて便利な世の中を構築しようと必死です。

しかし、AIとは人工知能であり、それを生み出す過程は人間が行っても、それそのものは人間が思考する事を放棄してAIに思考させようとしています。

 

人間は便利になる事へ知恵を使い過ぎ始めている気がします。

便利になり過ぎると、本来持っていた能力が退化し始めます。

 

こうした田舎を見ると、便利なんて知らなくても人間は十分に笑顔で暮らしていける事を再認識出来ます。

 

中国と言う国は、上海や北京と言ったハイテクが物凄いスピードで進化している巨大都市がある一方で、少し奥に行けばタイムスリップした様な良き時代の風景を沢山見る事が出来ます。

 

多くの人が、こうした風景を自分の目で見て、気持ちを切り替えるきっかけになって欲しいと思う一日でした。


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode