2343と言う場所

実は事務所の3階に『2343』と言う飲食店の営業許可が出ました。

 

詳しい紹介はHPを見て頂いた方が良いと思うのでコチラを。

http://2-3-4-3.com/

 

簡単に言うと、私達は様々な日常の事をデザインと言う形で見える化をして、子供達の空間に落とし込んできました。

それは本を読む所だったり、くつろぐ様な場所だったり。

特に食事をする場所については身体作りの根幹と捉えていた事から、その空間作りには注力をしてきました。

 

気持ちの良い空間である事、素材は出来る限り天然の素材を使う事。

それは掃除が大変だったりして、大人の視点から見ると非効率であっても、そこを使う子供達の為に何があるべきかを提案して理解を頂いてきました。

 

ある時、ふと思ったのです。

これ、自分達の身近な生活環境にも置いてみようと。

 

気持ちの良い空間で食事を出来る様にしよう。

そして、ちゃんと料理経験豊かな方に加わって頂いて、本気の料理を提供しよう。

それは今世間で話題の社食じゃなくて、ちゃんとしたレストランにしよう。

そしてレストランで社員は食事を出来る様にしよう。

そこのレストランで出される食事は地場産の物を中心に新鮮かつ安全な食材を提供しよう。

スタッフに外国人も増えてきて、宗教上の理由からベジタリアンもいるから、そんな食事にも対応出来る様にしよう。

そして食を中心に据える事で、人と人が交わる事を大切にしたい。

 

こんな複数の想いから、『やっちゃおう』となった訳です。

 

そしたら、大して広報もしてなかった段階から少しずつ情報が漏れだして、なんだか色々な所から反響が出たして。

もう予約したいとか話が来ちゃったり。

撮影スタジオとして利用したいなんて話で貸切の話が何度も来たり。

 

こんな田舎なのに、これまで想像していなかった人達が来てくれる様になり始めました。

 

そして、今日は事務所スタッフ達だけの小さな完成祝い。

 

 

隣町の猟師から直接鹿肉を仕入れてきてのスペアリブ。

 

 

地場産中心の野菜。

 

 

それらを綺麗に盛り付け。

 

 

テーブルに並べ。

 

 

ちゃんとグリーンも地元のフラワーアーティストに依頼してたり。

 

 

スタッフの家族も参加してくれたり。

途中からサンタとトナカイも来たり。

 

 

 

ちなみにサンタは私じゃないです(笑)

 

そして12月生まれが5人もいた事から、私も含めて誕生日祝いをしてくれたり。

 

 

最後に記念撮影。

 

 

いつの間にかスタッフの数が40名に迫るくらいになっていました。

今年も残り二日。

最後まで頑張ります。

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode