だから子供達にも自然を触れさせたい

今日から二日間は、同行している谷野も早川も別行動です。

 

谷野はベネチアへ。

早川はミラノへ。

 

こうして一緒に行動する時と、単独で行動する時をあえて作るのって意外に重要です。

一緒に行動する時は、共有すべき事がある時。

しかしそればかりではなくて、一人で目的を持って動いて、一人で物事に向き合い、感じる。

二つの事は真逆でありますが、いずれも成長出来るプロセスの一つです。

 

そして、私はレッジョエミリアを出て三時間程、電車とバスと徒歩を経て辿り着いたのは、ブレシアはエルブスコにあるホテルへ。

 

あのフランチャコルタワインの産地です。

 

ホテルの雰囲気が絶妙です。

 

 

部屋から見える景色

 

 

更に別の窓から見える景色は、ぶどう畑が広がっています。

 

 

私は、やっぱりこうして環境を活かして、距離の近いホテルが好きです。

 

テラス席なんか最高です。

 

 

こんな雄大なランドスケープを設計して作ろうとしたらとんでもないコストが掛かりますが、ココには既に存在しているのです。

だから、それらを前に食事したりするのは当然の設定ですし、気持ちが良いのは言うまでも無いのです。

 

で、これは私達の園舎設計に通じています。

 

 

私達が何故、外部との繋がりを設計の時に強めるのか。

それは大人も子供も気持ち良いからです。

 

もちろん天気の悪い時だってあります。

そんな時は残念な気持ちになります。

しかし、その後に雲の合間から日が差したときの感動ってスゴイですよね。

 

花の香る時期、どこかで焚火をしていて香る煙。

そんな事を感じられるのは外と繋がれるからです。

 

少しでも時間があれば、出張先にあるこんな環境の場所に来るのには意味があります。


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode