幼児の城にはハングリー精神があるか

毎週月曜日の朝は、全体ミーティングがあります。

後半は各スタッフ達でプロジェクトや週の動き方についてを話してるので実務的ですが、前半は担当スタッフが各自テーマを決めてプレゼンをします。

 

このプレゼンは、テーマの面白さはもちろんなのですが大切な事は相手に伝えたい事が伝わっているかどうかです。

だから話し方、プレゼン資料のまとめ方まで様々な視点で、指摘が入ります。

 

今日の担当は台湾から来たウェイ。

 

 

プレゼンテーマは「初心忘れるべからず」。

自分が台湾に居た時、異端児として扱われた幼少期がある事。

しかし、それは一つの価値観でしか見られなかったからだと言う事。

そして、そうした状況を変えるには幼児教育が大切であると言う事。

更に、そこには環境が大切であると言う事。

だから、日本の私達の事務所で働きたかったと言う事。

更には将来の夢にまで語ってくれました。

 

話し方は日本語がまだまだ十分でない事から改善点はあるものの、とても良い内容の話でした。

恐らく多くのスタッフ達の心に響いたはずです。

 

 

実は、先日こんな話がありました。

スタッフの一人が私の所に、これから施主にプレゼンをする計画案を持ってきて意見を求めて来た時の事です。

一目みた瞬間に私は

 

「これじゃ全然ダメ」「使う人が本当に快適になって欲しいと言う視点に立ってない」

 

と叱りました。スタッフは

 

「しかし、現実の施設運営上の使い勝手やコストを考えると、この提案以外は難しいです」

 

的な返答をしてきました。

 

そして私はこう伝えました

 

「ならば、他の人に計画をやらせようか。もしくは私達は無能だからこの仕事を辞退して他の事務所に計画をしてもらおうか?」

「わざわざ遠方の私達にオーナーが設計を依頼してきている理由は何かを考えた事があるか」

「既成概念に囚われたり、既成のルールを前提に計画するならば、どこの事務所だって出来る」

「私達に求められているのは、既成の感覚を打ち破る提案なんだよ。」

 

もちろん、既成概念的な計画や機能優先の計画を行う事は必要です。

その上で、それらを越えたら、こんなに魅力が出て来ると言う提案をするべきなのです。

 

結局、彼らは一週間と言う短期間で素晴らしく改善をした提案をまとめ、施主にプレゼンをして施主から感動の言葉を頂けたと言う事になり、この段階では一段落となった訳ですが、ここで私達が学ぶべき事はハングリー精神なのだと思います。

 

17年前に私達が「幼児の城」と言うブランドを掲げてスタートした頃は仕事を引き受けるのに必死でした。

目先の事と合わせて、自分達のビジョンや理想からブレない様にする事を両立させるのは本当に至難でした。

でも、私達には誰にも負けない幼児施設への情熱がありました。

 

だからこそ、本気で訴え続けたし、それを理解してくれる人達が少しずつ増えてくれました。

 

しかし、今は沢山の受けきれない程に仕事の相談が来ます。

かつての苦労を知らないスタッフ達はそうした状況下にいるのが当たり前になっているのでは無いかと不安になるのです。

依頼主が一つの依頼を私達にくれるのは、相当な検討を経て頂いてるはずです。

何しろ設計事務所なんて全国に五万とありますから。

 

その想いの強さをスタッフ全員が理解するべきだと思っています。

そして、それに応えるには私たち全員が本気にならなきゃいけない。

 

オーナーの為はもちろんですが、そこを使うであろう利用者の為にもです。

その為に私達は専門家として特定のジャンルに特化して、沢山の成功も失敗も経験してきているのです。

経験全てをお客様に捧げる覚悟があるか。

 

私達は、これを常に自問自答続ける事が必要です。

 

外国人スタッフやインターンの多くは、わざわざ海外の事務所で働く訳ですから志が違います。

こうした部分に対してまさに「ハングリー精神」を持っていると言えます。

 

今日のウェイがプレゼンしてくれた事は、多くのスタッフ達の心に火を付けてくれる事を願ってやみません。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode