地震に備える園舎

北海道・胆振地方で震度6強の地震がありました。マグニチュードは6.3の様です。

報道では、道路の隆起陥没、地滑り、家屋倒壊、大規模停電が発生して、人命が奪われているとの事です。

津波の心配は無い様ですが、猛暑、台風被害についで日本列島が引っ切り無しの自然災害に見舞われています。

 

 

ちなみに、阪神・淡路大震災は震度7が一部の地域で広い範囲では震度6、マグニチュードは7.3でした。

東日本大震災も一部の地域で震度7、その他広い地域で震度6強、マグニチュードは9.0でしたが、やはり東日本大震災が、日本周辺においての観測史上最大の地震だった訳です。

 

私達の事務所がある神奈川県も地震の多いエリアで、南海トラフ地震が30年以内に発生する確率は70〜80%と予測されています。

ちなみに内閣府が『ゆれやすさマップ』と言う物を公表しています。

下の画像は神奈川県の物ですが、各都道府県を右のリンク(http://www.bousai.go.jp/simulator/list.html)から見れます。

 

 

私達のいる厚木市は比較的揺れは少ないと想定されていますが、横浜、川崎、平塚、茅ヶ崎と言った地域では『ゆれやすい』と言う評価がされています。

 

地震はいつ来るか正確に読む事は難しいですが、土地の状況はこうした情報から読み取れます。

新たに住まいを構えようとしている方は、こんなデータを参考にしてみれば万が一の時の大きな被害を避けれる可能性も高くなるはずです。

 

逆に、『ゆれやすい』とされている地域の建物は、そうでない地域より危険度は上がる訳ですから事前の備えをすれば良い訳です。

 

ちなみに日本の現行建築基準法に合致した建築物であれば震度6強くらいの時、建物は損傷を受ける可能性はありますが、倒壊する確率は殆ど有りません。

ただ意外に見落とされるのは、天井材の崩落や外部にある塀の倒壊等、建物本体以外による事故です。

 

天井は耐震クリップ(http://www.yasio.jp/catalog/TC/book_swf.html)と言う物があり、こうした物を使う事で被害を減らす事が出来ますし、外部の塀も補強をちゃんとすれば倒壊の確立をグンと減らす事は可能です。

 

幼稚園や保育園の建物においても同様の事が言える訳ですが、こうした部分にまで気を向けない事例が多い事から、ここであえて書く事で関係者の気付きになればと思います。

 

一昨日も書きましたが、自然災害に対する対策は目に見えにくいコスト増の要素です。

こうした事を配慮すればするほど、デザインとは違う形でコストを消費するので、費用対効果として感じにくい訳ですが、やはり建物は人を守るものである事からすれば、建物所有者や設計者はこうした事にコストを掛ける事は責任があると思っています。

 

地震で命を無くす方が一人でも願って止みません。

 

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode