朝食の提供はどんな効果があるか

私達の事務所では今年の4月から三階にあるレストランで朝食営業を開始しました。

そして、それに伴い社員に対しても無償提供を始めています。

 

 

先日、あるメディアから、この朝食提供している事について取材依頼が届きました。

そして、メディア側から社員のリアクションを聞きたいと言うのでアンケートを取りました。

 

その結果はこんな感じでした。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

・朝食の提供が始まってから朝方の生活リズムに変わったように思います。特に午前中の仕事効率が上がったように感じます。

 

・朝から栄養のあるバランスの取れた食事ができるようになり、午前中の集中力が上がった。

 

・仕事に入る前にスタッフとコミュニケーションをとることができ、気持ちが切り替えられる。

 

・朝、昼しっかり食べる事で夕食のボリュームが下がった。

 

・美味しい食事が提供されること、一日のスタートとしてとても充実できていると思います。

 

・朝の業務もメリハリがついてはかどると感じています。

 

・一人暮らしではたくさんの種類の食材を食べることが難しいので栄養面はもちろんですが、精神的にも満たされています。

 

・朝皆で顔を合わせて食事をすること、個人的にコンビニの食べ物を食べなくなりました。

 

・とても美味しくてうれしい制度です。

 

・いつも美味しく食事出来ています。朝食が出る様になって、朝早く起きる様になりました。

 最近では目覚ましよりも早く起きています。

 

・毎日おいしいので朝ごはんが楽しみです。早めに会社に来る日が増えました

 

・朝食を取れる事、素材が個人的に購入が難しいものなのでありがたい。早く帰る事で朝の目覚めが確かに良くなった。

 

・美味しくて毎食食べ過ぎてしまいます。たまにある和食の日がすごく嬉しいです。手の込んだ料理ワクワクして嬉しいです。

 

・おかずはどれもおいしく、どれもお気に入りです。

 

・上質の食材で健康管理を考えられていておいしくて本当にありがたいです。

 

・家庭での朝食は時間があまりとれないこともあり手抜きで自分の好きなものばかり同じパターンでした。

 

手作りで提供されていることがすごいと思います。また、パンや牛乳ともこだわりのあるお店から仕入れており、

 

・今日は何のパンだろうと楽しみで朝早く来る動機づけになっています。

 

・朝食があることで気持ちの良い朝を迎える事が出来ています。仕事にも集中する事が出来ています。

 

・毎日美味しく頂いてます。朝食が提供されることで朝早起きするモチベーションにもつながり良い循環であると思います。

 

・地域の材料をつかった料理は地域の良さに気づく良い機会になりました。

 

・朝の味噌汁大好き!おにぎり、味噌汁のセットも好き。

 

・栄養を重視しつつ配膳してくださることに感謝。

 

・朝食を食べる事が出来た日は仕事に入る際も心に余裕があるような気がします。

 

・朝食が美味しくてよかったと思います。きれいに作って頂いて食欲も上がりました。

 

・残業を無くしバランスの良い生活へというきっかけとして朝来る動機づけ、対外的なアピールとして分かりやすいと感じます

 バランスの良い朝食をきちんと食べる事で健康が増進されます。食生活は今までと比較し、各段にあげて頂いた事に感謝していま

 す。残業を無くすという大目的からすると、仕事自体の整理(やるべき仕事、しなくてもいい、仕事すればなおよい仕事)を個 

 人、チーム、会  社全体で行うなど、何が残業の原因かを全員が認識しないと本質的な解決にならないのではと感じます。朝食の

 取り組みは朝方にする動機づけであって根本的な解決は別の視点を皆で考えていく必要があるのと感じています。 今までの帰宅

 時間よりは早くなり「日比野設計」としては早くなりましたが一般的にはまだアピールできる種ではないと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

開始して半年しか経っていないので、精度の高いデータが取れる段階ではありません。

ただ、こうして社員の意見を見ると、少しでも効果は出始めているのかも知れないなと感じます。

 

でも、今回のアンケート結果で一番嬉しかったのは最後にある回答です。

 

『残業を無くすという大目的からすると、仕事自体の整理(やるべき仕事、しなくてもいい、仕事すればなおよい仕事)を個人、チーム、会社全体で行うなど、何が残業の原因かを全員が認識しないと本質的な解決にならないのではと感じます。朝食の取り組みは朝方にする動機づけであって根本的な解決は別の視点を皆で考えていく必要があるのと感じています。今までの帰宅時間よりは早くなり「日比野設計」としては早くなりましたが一般的にはまだアピールできる種ではないと思います。』

 

こんな意見をくれる社員がいる事に感動です。

世間一般の話は、社員は会社に対して迎合しがちです。

まして、経営者が目を通すであろうと言う予測が立つアンケートに対する回答なら尚更です。

 

でも、この社員は現実を捉えて更に良くするべき方向性を書いてくれました。

 

会社運営に正解やゴールはありません。

まして全社員に対して満足度100%なんて事も不可能な話です。

 

でも、少しでも良くする事は全員が意識を変えたら出来るはずです。

 

ちょっとした自慢でした。

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode