2019年 最初のレクチャーが終了。でも担々麺食べ過ぎです。

2019年 最初のレクチャーに四川省の成都に来ています。

『育児週刊』と言うタイトルの新聞が中国の南西部で発行されており、その発行元が主催の教育環境に関するイベントです。

 

 

相変わらず、中国のイベントは演出がしっかりとしています。

何しろレッドカーペットまで敷きこまれます。

 

 

そしてレクチャーの風景はこんな感じ。

 

 

上から舞台を見ると

 

 

これ、舞台監督の様な方がいて事前にリハーサルまでして、当日の演出が徹底されます。

 

私の話す事は、常に子供達の成育環境についてなので無事に終わったのですが、実は驚いたことがあります。

会場は350名程度のキャパシティで、比較的小さめの会場だったので立ち見が出る位の満席でした。

しかし、実はオンラインで放送がされていたので、当日の最大視聴者数はなんと1万5千人に到達していました。

 

すなわち、会場にいる人の約420倍の人達が何処かでレクチャーを聞いていたのです。

 

ふと、私が高校生の頃に少しだけ通った学習塾を思い出しました。

当時、人気講師の授業はサテライト授業と呼ばれて他の場所にある塾での授業が衛星放送として日本全国の塾へ放送されていました。

20年も前の話ですが、20年後の今、同じ様な事がより簡単に多くの人が自宅や外出先でスマートフォンを通じて見れる様になっているのです。

 

そして、そこには視聴者がドンドンとコメントを書き込んできたり。

更には動画として録画されているので後日に見る事も出来ます。

 

レクチャーで、外国に出向いて話さなくても日本から海外にレクチャーをする時代はすぐそこに来ているんだなと感じた一日でした。

 

それにしても、四川料理は美味しいです。

そして、担々麺は特に美味しいです。

私が担々麺好きな事が事前に先方に伝わっていた事もあり、何故か到着した日のランチから早速担々麺の店に連れていかれ。

 

 

これが美味しくて、2杯食べ。

翌日の朝食でも担々麺を1杯食べ。

 

更にレクチャー前のランチでは3杯も食べ。

 

 

最後の夕飯は火鍋だったのですが、ココでも私には担々麺が用意されて1杯。

 

 

結局2泊3日で、7杯も食べてしまいました(笑)

 

皆さんも四川に行かれる際には、是非担々麺を試してみてください。

中国の本場の担々麺はスープが無いタイプですが、とても美味しいですから。

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode