私達が園舎設計を続ける理由

ご存知の方も沢山いるとは思いますが、UNICEFが2013年にこんなレポートを出しています。

 

『世界の子供肥満率』

対象は先進国30か国の11歳、13歳、15歳。

日本は圧倒的に肥満率が低いのが分かります。

一方で最下位は米国で日本の約6倍の肥満率です。

 

このデータに対する背景として解説されていた事は、当然ですが『室内でのゲーム遊び、車での送迎、食生活』となっていました。

 

そして、こんなデータも。

 

 

『子どもの朝食取得率』

なんと、こちらも日本がトップです。

最下位はスロベニアで、43.6%ですから日本の約半分です。

米国も28位で50.6%です。

 

私達の設計は、常にこうした社会問題にアプローチをしています。

人の嗜好に依存するデザインだけでなく、確実に社会問題と向き合いながらデザインを入れて解決をしたいと思っています。

 

そして、このテーマは常に変化し続けますし、その時代で何かしらの問題を抱える事から決してゼロにはならないのです。

だからこそ、私達は子供の施設設計や環境作りにおいて関わり続けたいと思っています。

 

そして、8年程前に出版した書籍で宣言した通り、私達は一般的な建築設計事務所では無く、子供に関するシンクタンク的要素を持ち合わせた設計事務所でありたいと思っています。

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode