ウェストサイドストーリーと、8時だよ全員集合

久しぶりに江東区へ行ってきました。

この地区は、東京五輪に向けた開発ラッシュです。

 

周辺はホテルの建設現場を幾つも見かけたり、五輪に関するプレイベントが開催されていたり。

やはり、こういう場所に来ると東京五輪を強く感じる事が出来ます。

 

で、途中でこれを見かけました。

メディアでは良く取り上げられていたと思いますが、『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』です。

 

 

木構造体とETF膜で作られた建築で、中はコチラ。

 

 

この施設は「ランニング」に特化したスタジアムで、全天候型60メートル陸上トラックをメインの空間とし、一部義足の研究施設が併設され、更にランニングステーションとして地域のランナーに開放されたりするとの事。

 

スポンサーがいて成立している建物の様ですが、なかなかユニークな建物です。

 

で、今回の主目的はこの直ぐ横にある『IHIステージアラウンド東京』。

 

 

360度型の劇場です。

http://www.tbs.co.jp/stagearound/theater/

 

ここで、ブロードウェイミュージカルのウェストサイドストーリーが上演されているので行ってきました。

 

内部は最後意外撮影禁止なので、写真は殆ど無いのですが、先週始まった講演は現地からキャストが来日して行う英語講演で、こちらは10月末まで。

 

その後に日本人キャストによる日本語版に切り替わって暫く上演がされる様ですが、オリジナルに近い形を見たい方は今行く事をオススメします。

 

 

久しぶりにミュージカルを見ましたが、360度使ってグルグルと場面転換する様と、その場面をキャストが軽快な音楽と共に走り回る姿が何かと被ってるな・・・・・と途中からずっと思い始めました。

 

そしてふと思いついたのが、40年前に人気を博したドリフターズによる『8時だよ。全員集合』です。

 

40年前に、あの場面転換をやっていたのは、まさにコレでした。

ウェストサイドストーリーの面白さもさることながら、改めてドリフターズの偉大さまで感じてしまう一時でした。

 

是非皆さんも行ってみてください。

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode