ベルギーの幼稚園 二日目

昨日の雨が上がり、部屋の窓を開けたらホテル一帯の風景はとても美しかったです。

 

 

そして朝食も素敵。

ジュースは全てフレッシュ。

 

 

果物も冷凍は一切なし。

 

 

数種類のシリアルも魅力的な物ばかり。

 

 

そして焼きたてのパンがベーカリーから毎朝届いてます。

 

 

ちゃんと朝食で栄養を取ってから今日も幼稚園見学へ。

ここも公立幼稚園です。

0歳から6歳までの施設。

 

 

設計者はアムステルダムに事務所を構えているベルギー人の方。

なんと車を3時間も走らせてわざわざ会いに来てくれました。

 

下の写真は教室。

 

 

天井は吸音を考慮して、発泡剤を吹き付けてありました。

設計者は『イメージは雲なんだよ』との事。

 

廊下には沢山の子供達が庭で遊ぶために整列しています。

 

 

こんな大きな体育室もありました。

 

 

設計段階では一般開放を目的としていた様ですが、現段階では実現していない様です。

そういえば、園庭には手作りのキッチンがありました。

 

 

ここには本物の鍋やフライパンが置かれていて、子供達はそこに落葉を入れて料理を模していました。

やはり子供だからと言って偽物も鍋よりも、お母さん達の真似をしたい子供達にとっては本物の方が良いに決まっています。

 

この後、ブリュッセルへ移動して、今度は子供達のアート教育を大人達にレクチャーする施設へ。

 

 

こちらも元工場が改修されたもの。

中には幼稚園的なスペースが模して作れています。

 

 

ここで、大人達は子供達へのアート教育を中心に学ぶのです。

階段教室の様な場所で授業を受けていました。

 

 

アトリエはちゃんと外部に面していて、外を使ったアート活動も出来る様になっていたり。

 

 

あと、こんな食事が出来るキッチンスペースもありました。

 

 

天井に天窓が設けられていて、とても明るくて気持ちの良い場所でした。

 

こういう民間施設で大人が子供達への教育を学ぶ場所って、意外に日本では少ない気がします。

NPO団体が運営しており、自治体から運営に対する助成が出ているから出来るとの事でした。

 

やはり、日本もこうした部分に自治体がお金を出すべきですね。

 

夜のグランプラスが綺麗でした。

 

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode