オランダ視察四日目

相変わらず朝食はチーズだらけです。

 

 

 

しかも一つ一つのカットが大きいです。

 

今朝は食事の後は、日本・オランダ・中国の三か国でテレビ会議からスタート。

過去にも書いてますが、つくづく仕事場所を選ばない時代になっている事を実感します。

 

もちろん、建築の場合は現地確認をする事は必須なのでテレビ会議ばかりでは済まないのですが、それでもオンラインで済む事も沢山ある訳です。

実際に、海外に来ていても設計中案件の打合せはドンドンとオンラインで社内から来ますし、スマートフォンで瞬時にリアクションも出来ます。

 

そんな事をしていら窓の先で沢山の子供達の声が。

 

 

今日は北オランダのシンタクラースの日だったらしいのです。

シンタクラースとは、サンタクロースの起源と言われているらしいのですが、12/5に贈り物を贈って祝うのが習慣だそうです。

シンタクラースに扮した大人が登場した時の子供の興奮ぶりは凄かったです。

シンタクラースについて詳しくはコチラ

 

そして、ランチへ。

 

公園の中にある温室を使ったレストランへ。

 

 

天気が悪いのですが、それはそれで雰囲気がありますよね。

 

中から見るとこんな感じ。

 

 

天井にある黒くて長い筒は空調の布ダクトです。

夏がどれくらい暑いのが気になりますが、今日は快適でした。

 

そして料理。

 

これがなかなか素敵でした。

タイ料理にインスパイアされた様な味付けですが、見た目も、味もとても良かったです。

 

 

最近、このスタイルのレストランが本当に増えたと思います。

私達の2343も似たスタイルですから。

 

そして、午後からは設計事務所見学へ。

 

 

15人程の所帯の事務所ですが、外国の事務所を訪問すると様々な学びと気づきがあります。

外には沢山のスタディモデルが廃棄待ちでした。

 

 

そして、やっと少しだけ街を歩く時間が取れたので中心部へ。

 

 

街中スケート場がオープンしていました。

夜は気温が零度近いですから、結局街歩きもほどほどにホテルへ戻り、まだある時差ボケを解消すべくココまでにします。

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode