オランダ視察五日目・WAF受賞式

相変わらず、コチラの朝食は素晴らしいです。

朝から6種類のコールドプレスジュースと、二種類のフレッシュジンジャーショットが飲めるなんてなかなかありません。

 

 

で、慌ただしくチェックアウトをして、少しだけ市内を廻り。

5年ぶりくらいにDroog Designに寄ったり。

 

相変わらずカフェスペースは素敵でした。

 

 

ここから急いでWAF(World Architecture Festival)の最終プレゼン会場へ。

先日にスクール部門での最優秀に選定された事により、全部門合同での最終審査が行われます。

そのリスト18作品がコチラ。

 

 

良く見えないかも知れませんが、オランダの公共図書館、UAEの豪華宗教施設、中国の巨大商業施設、NYの商業ビル、他にもウィスキー蒸留所、大学施設など。

設計事務所も、Roger Stirk Harbor、Heatherwick Studio、更に日本の日建設計とか普段関わらない事務所ばかりです。

 

一応、テクニカルチェックと言うデータの再生確認とかを経て、夕方には本番となりました。

 

 

 

こんな所で、英語で10分のプレゼンです。

会場には参加者だけでなく一般の方もいたり。

特別審査員はステージの上で私達のプレゼンを聞いてました。

 

 

 

この結果は夜に行われる晩餐会で発表となります。

 

前後で他社のプレゼンを聞いてましたが・・・

『いや、これさすがに比較対象にならないでしょ』

と言う規模の物ばかり(笑)

 

もう、評価されるとかどうかよりも、私達の幼児施設に対する理念を伝えられた事で十分な気持ちでした。

 

そして、晩餐会へ。

 

 

これがまたスゴイ雰囲気でした。

なんかノーベル賞授賞式の晩餐会的な長いテーブルに横一列に参加者が並んで食事をしながらイベントを楽しみます。

 

そして、22時を回った頃に『Buliding of the Year』と称される全部門最優秀賞の発表がされ、今回はオランダの公共図書館が受賞となりました。

 

でも、こんな会場で私達の作品がドンとスクリーンに映し出された時には感慨深かったです。

 

 

そしてトロフィーも頂きました。

 

 

本当に良い経験をさせてもらいました。

ただ、こうした受賞は私達の活動の通過点でしかなくて目的でも目標でもありません。

 

多くの方に教育施設や保育施設としての在り方を伝えられたことは何よりも喜ばしい事であり、これからの糧になりました。

 

明日は4時起きで移動です。


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

子どもが本当にほしいもの[本/雑誌] (キッズ・デザイン・ラボが考える) / KIDSDESIGNLABO/著
子どもが本当にほしいもの[本/雑誌] (キッズ・デザイン・ラボが考える) / KIDSDESIGNLABO/著 (JUGEMレビュー »)
2020年発売

子供向け家具資料の最新版。

国内外の写真多数掲載。

好評発売中

KIDS DESIGN LABO著

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode