ポルトガル視察一日目

朝の四時に起きて、朝一番のフライトでポルトガルはリスボンに入りました。

そこからレンタカーを借りて少しだけ市内を散策。

 

海沿いの観光地に来てみたら、とんでもない人の量で直ぐに退散。

 

 

移動中にフリーマーケットを見かけたので立ち寄ってみました。

 

 

売られているものはこんな感じ。

 

大量のビニール人形とか。

 

 

うーん・・・・

何とも言えないです(笑)

 

 

更に

 

 

もしかしたら、ビンテージな物があるかも的な雰囲気は漂っていましたが、私には分かりませんでした(笑)

 

街中の幼稚園の壁には、ずり落ちたサンタクロースが・・・・

 

 

そして倉庫が改修されてちょっとしたモールになっているエリアへ。

こういう落書きがされた廃墟みたいな所で、こんな感じの方とすれ違うと何故か勝手に「マフィア?」とか想像したり(笑)

 

 

でも、ここの花屋はとても素敵だったり。

 

 

シーフードのオリーブオイル漬け缶詰がの売り方がとても素敵だったり。

 

 

そしてランチのレストランも雰囲気は抜群。

 

 

オーダーはもちろんタコのグリル。

 

 

タコを薪のオーブンでグリルしただけなのに、なぜこんなに美味しいのか。

 

そして、幼稚園の視察へ。

モンテッソーリ教育の幼稚園です。

 

 

ビルの一階店舗スペースを改修して作られた幼稚園です。

日本の感覚で言うと驚く事はやはり無いのですが、コチラの視点で見ると、こうした整理整頓された環境はかなりレアです。

 

 

ちゃんとダイニングルームもあったり。

 

 

ただ調理はココでされていなかったのは残念。

あとは、やはり建材が偽物木材が多かったの残念でした。

 

 

でもオーナーの思想はとてもしっかりしていて、補助金の無い中で一生懸命に運営している事は良く解りました。

きっと、少しずつ理解されて広がっていく様な気がします。

 

そして、高台から陽が落ちるのを見て。

 

 

とても美しい坂を下り。

 

 

途中の碧いタイル張りも本当に美しい。

 

 

街中では沢山、栗が焼かれていました。

 

 

そして街中がクリスマスモードでした。

 

 

時差ボケがなかなか治らず、この時間になると猛烈な眠気が来ます。

 

最後はリスボン市内から120km離れた場所のホテルまで、移動してきて記事を書いてますが、真っ暗なので就寝します。

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode