幼児の城が、企業研修に登場

今年は、過去最高にレクチャーの担当が多くこれまでに1月から本日までに、17回を担当してきました。

そして、今年最後の18回目のレクチャーを本日、社員数3000人を超える大手ハウスメーカーさんの社内研修で特別講師を担当してきました。

 

 

 

ハウスメーカーの設計チームと言うと、私達が学生の頃は正直に言って建築にあまり興味が無いけど生活は安定したいと言う志向の人が就職する様なイメージでした。

実際に、友人でも就職した者がいましたが、就職後の話を聞いても『そんなイイ加減な設計しているの?』と驚いた事を覚えています。

 

しかし、今日伺った企業はさすが大手ハウスメーカーと言う事もあって、デザイナーの方達はプロ意識をしっかりと持った方達でした。

 

 

ハウスメーカーに私の話をする意味がどこにあるの・・・

と思う方もいるかも知れませんが、実はハウスメーカーでも最近は施設系に力を入れ始めています。

 

構造体の制限があったりするものの、組織力は抜群ですからそうした企業が施設に関わりだすと既存の設計事務所は脅威かも知れません。

 

でも、そんな小さな事を言ってる様じゃダメな訳で、やはり自分の持っている物を出した後に自分達が更に高みへ行けるかどうかの方がもっと大事だと思っています。

 

私達は常にそんな視点だから、これまでにも沢山の本を出版して私達の思考等をオープンにしてきました。

 

結果として沢山の事務所にコピーされた事は事実ですが、それによって多くの施設レベルが上昇したと実感した事も一方の事実なのです。

そして私達に『そんなに目標にされるなら、もっと頑張らなきゃ』と良い意味で尻を叩いてもらえたとも思っています。

 

もちろん、私達は常に沢山の教育施設に関わっている以上、常に多くの反省があり改善点を認識しています。

だからこそ、今後も情報はシェアしていこうと思っています。

 

話がそれましたが、90分のレクチャーを担当した後は、90分のワークショップになりました。

 

参加者はデザイナーばかりですから、私の話を受けて、皆さんに実際に建築された保育園のトイレスペースを再提案を頂きました。

 

コンセプト立案→プレゼン→作図→最終プレゼン

 

こんな流れで皆さんに楽しんで頂きました。

 

 

スケッチ見ても、さすが皆さんプロでした。

 

 

ベテランから若手まで7人が1チームとなって短時間でのプランニングは大変だったと思いますが、皆さんで力を合わせて一つの成果を出してくれました。

 

今年のレクチャーはこれで終わりです。

1年で18回も良く担当したなと思いますが、機会を頂いた皆様に感謝いたします。

 

今年も日にちが少なくなってきました。

ラストスパート頑張ります。

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode