園舎設計の書籍の評価とは

こんな記事が出ています。

 

日経ビジネス(2020年3月19日)

【公取委がグルメサイト調査「利用者の9割が実態知らず」】

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00131/031900006/

 

要約すると、ネットで飲食店を検索するときに良く使われる、点数が付いたりする飲食店検索サイトは正しい情報ではない事があるという事です。

 

以前から言われ続けている事ですから、多くの方は周知している事かも知れませんが、これは飲食業界だけの話ではありません。

Amazonの口コミは、ネット上で5つ星を付けて良いコメントを書いてくれれば商品を無料で届けくれるみたいな事は横行しています。

 

それから、ツイッターやFacebook、Instagram中国なら微博(weibo)などは、フォロワーを一人幾らで買えると言うのも良く聞く話です。

 

 

更に書籍もそうです。

今や書籍は自費出版として簡単に出版出来ます。

幻冬舎から出ている書籍は多いです。

https://www.gentosha-book.com/

 

もちろん、幻冬舎がしっかりと編集者を入れた本も沢山出ていますが、

園舎系の書籍は自費出版ばかりです。

 

 

 

ウェブサイトもそうです。

見た目を体裁よく作ったら、それらしく見えてしまうのです。

 

建築で良くあるのは、建築雑誌に掲載されている建築を実際に見に行ったら、拍子抜けしてしまう事です。

今や紙媒体としての建築雑誌の販売量は激減しています。

建築雑誌だけの話では無いですが、雑誌は販売による収益を得るなんて事は限りなく難しい訳で、実際には広告収入で成立しています。

 

だから、広告主の意向が入ったり、広告や協賛が取りやすい建築が掲載されたりするのは事実です。

そして結果として建築雑誌で言うならば編集者自らが建物を見て、一定のフィルターを掛けた上で掲載の有無を判断するなんて到底出来てないのです。

だから私達は日本国内の建築雑誌に掲載をする事は殆どありません。

 

だから、大切な事は情報を受け取る側の審美眼であり、情報を受け売りしてしまう様な事では真の情報を掴むのは難しいという事です。

 

本が出ている事が素晴らしいのでは無いのです。

フォロワーが多い事が素晴らしいのでは無いのです。

 

私は、常に若手スタッフに「建築雑誌を鵜呑みにするな」「気になる建築があるなら自ら出向き、自らの目で見て、身体で感じ的な来なさい」と言っています。

 

冒頭の飲食店に戻すと、結局美味しいか、不味いかはどこまで行っても個人の主観です。

だから、ネットの口コミに頼るのではなく、自らの感覚を磨いた上で純粋に食事を楽しむべきという事なんだと思います。

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

子どもが本当にほしいもの[本/雑誌] (キッズ・デザイン・ラボが考える) / KIDSDESIGNLABO/著
子どもが本当にほしいもの[本/雑誌] (キッズ・デザイン・ラボが考える) / KIDSDESIGNLABO/著 (JUGEMレビュー »)
2020年発売

子供向け家具資料の最新版。

国内外の写真多数掲載。

好評発売中

KIDS DESIGN LABO著

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode