新型コロナウィルスはポジティヴに向き合うべき

緊急事態宣言がついに発令されました。

 

メディアの報じ方はネガティヴなマインドを煽るかの様で、出演するコメンテーター達も同様です。

SNSでは、政権批判が飛び交っていてコチラもまたネガティヴ。

医療従事者の方達は、その労力に加えて誹謗中傷にまで直面しているとの事で、本当に申し訳なく思います。

 

何だか、世間は未曾有のネガティヴな雰囲気に包まれています。

 

政権批判の真っ当なものから、そうでないものまである訳ですが、これも言論の自由が保障された日本ならではの事。

それでも、未だかつてない事態への対応ですから、首相をはじめ政府、各省庁、学識経験者も、大変であることは容易に理解出来ます。

担当省庁の方達は、心身が憔悴しきっている位に現場で対応をし続けていると聞きます。

 

過去に経験した事の無い事態であったり、世界中で蔓延しているワクチン無きウィルスである事だったり、誰が正しい回答を示せるというのでしょうか。

これから新型コロナウィルスが終息していく時に、結果論としての正解は出るのかも知れません。

しかし、現段階で国が取る対策も、それを批判する意見も、誰もがどちらが正解だなんて言いきれないものです。

 

物事は考え方次第で良くも悪くも変わる事は以前から書き続けています。

だったら、今は現実を受け止めて自分たちの出来る最善を尽くすしかないと思っています。

 

幸いな事に、現段階で私達の業務に大きな影響は出ていません。

それならば、少しでも社会に目と意識を向けて、私達が出来る事を日々考える様にしています。

 

もちろん、感染しない事だってやるべき事です。

でも、そういう事だけじゃなくて雇用を維持するとか、来年度の新卒採用を内定するとか、こんな事も大切な事だと思っています。

ちゃんと収入が確保されているならば、お金を使う事だって経済を停滞させない為には大切な事だと思っています。

 

小さなことばかりかも知れませんが出来る限り、世の中のネガティヴな流れに同調せずにポジティヴな発信をしたいと思っています。

 

2343のテラスを見たら新緑が芽吹き始めていて、気持ちの良い季節です。

 

 

少しでも世の中にポジティヴな動きと発言が増える事を願ってやみません。

 

 

そういえば、昨日都内で新設予定の保育園敷地を見てきました。

 

 

都内と言っても23区外ですが、とても素敵な敷地でした。

隣地には栗の木が点在していたり、絶妙な原っぱ感が残されていて、たんぽぽが沢山咲いていました。

 

 

更には、小鳥たちも沢山地面に降りてきて、虫を啄んでいたり。

都内でも、こんなに子供達にとって素晴らしい環境がまだまだあるんだなと驚きました。

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode