厚木市が『共働き子育てしやすい街』で全国3位に

昨年末に日経DUALが発表した、共働き子育てしやすい街ランキング 総合編で、私達の街である厚木市が全国3位に選定されています。

 

記事では全国44位までが公表されていますが、神奈川県では厚木市だけです。

昨年は18位だったので、大幅ランクアップです。

 

 

 

このランキングの指標は以下の通りです。

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

【日経DUALオリジナルランキングの指標・配点内容詳細】

回答に基づき以下の31項目で配点。100点満点でランキング化。

 

 

認可保育所など自治体が管理している保育施設の0歳児クラス利用児童数と0歳児クラス申請児童数の比較(10点)

1歳児クラスで利用枠が増えているかどうか(4点)

2018年度の全クラス利用児童数÷未就学児の人数(3点)

2017年度の全クラス利用児童数と2018年度の全クラス利用児童数の比較(3点)

2018年度の全クラス利用児童数と2019年度の全クラス利用枠(予定)の比較(3点)

2018年度の全クラス利用児童数と2020年度の全クラス利用枠(予定)の比較(2点)

認可外保育所の充実度(5点)

┗娠弔垢詆損・病後児保育施設の有無

病児・病後児保育の最大収容人数と保育所定員の比較施設以外の病児関連サービス(計9点)

保育無償化以上の独自の取り組み(6点)

認可外施設に通う家庭への助成制度の有無

最大助成額

その他助成制度

自治体が補助をしない認可外施設に通う家庭への助成制度の有無とその内容(計9点)

位そ学児がいる世帯へのサービスや現物支給の有無や数

韻修龍饌療な内容(計9点)

科欅蕕亮礎簡櫃悗亮茲蠢箸漾6点)

慨覿伴臚碍進欅蕕両霾鶻示(1点)

簡欅藥粒諒櫃悗瞭伴の取り組み(2点)

㉑産後ケアへの補助、サービス(2点)

㉒独自の不妊治療助成制度の取り組み(2点)

㉓学童保育に小3まで全員入れるか(4点)

㉔学童保育の定員を増やす予定(2点)

㉕学童保育の運営時間(5点)

㉖学童保育の児童1人当たり1.65平方メートル以上の空間確保ができているか(2点)

㉗学童保育の1クラス当たりの平均児童数(1点)

㉘学童保育の夕食・長期休みの昼食提供への取り組み(3点)

㉙児童虐待に対応する支援拠点の整備(2点)

㉚未就学児の人数㉛増加率(調整点として3点+2点)

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

皆さんの住んでいる街はどうだったでしょうか。

あくまでも、雑誌の独自視点に基づいた調査とランキングではありますが、こうした結果がより関係者の意識を高め、子育て世帯が増える事に繋がれば厚木市が多世代に渡って賑わう街となり、より魅力的になると思います。

 

今後が楽しみです。

 


書籍『子どものための建築と空間展』

1/12の記事で、汐留の『パナソニック汐留ミュージアム』にて『子どものための建築と空間展』が開催されている事は書きましたが、展示会連動で書籍『子どもたちのための建築と空間展』が刊行されています。

 

Amazonで購入出来ますコチラ

 

書籍監修は、展示会監修もされている長澤悟先生。

 

 

この本、教育建築や教育環境について興味のある方は必読のクオリティです。

何しろ、日本の教育環境に関する歴史と系譜が分かりやすく写真と文章でまとめられているのです。

 

私が学生時代や若かりしき頃に、必死に学んだり、見に行った当時注目された学校建築も沢山掲載されています。

もう懐かしくて感動してしまいます。

 

そして、そんな豪華な掲載リストの中に私達が担当させて頂いた『阿久根めぐみこども園』も肩を並べて掲載されているのですから更に感動です。

 

 

そして、この本には私の幼少期を思い出させてくれるこんな昔の公園遊具も。

 

 

この写真は都内の公園に置かれた物ですが、この遊具は私の住んでいた藤沢市の湘南台公園にもありました。

そして、毎日のようにこれを使って友達と鬼ごっこをしました。

 

見てわかる通り、コンクリートを研ぎ出されて作られた物ですから、滑り台の部分はとても良く滑ります。

鬼ごっこで逃げ回るのですから、当然滑るのではなくて、走り回るのですが、最初の頃は滑って後頭部を強打を良くしました。

 

しかし、次第に身体のバランスも覚えて自由自在に走り回れる様になった事も覚えています。

 

私がレクチャーで話す事の一つに、山梨大学の中村和彦先生の研究『幼少期には36の身体の動きを身につけるべき』と言う事を話します。

そして、それは特定のスポーツをするだけでは身に付かず、『遊び』を増やす事で成しえるものであり、だから子供達には『遊び』が増える様な環境を創る事が大切であると伝えています。

 

私の幼少期は、当時も任天堂やセガと言ったビデオゲームは流行っていましたが、やはりこうした公園で身体を使って良く遊ぶことが中心でした。

そして知らないうちに多様な身体の動きを身に着けていけた事、結果として怪我が少なかったり、健康な身体を獲得していった事を今になって分かるのです。

 

今の時代、コンピューターを使った様々な遊ぶものが沢山あり、それを子供達に触れさせる事の大切さも分かります。

しかし、幼少期に体得しておくべき事の一つに身体の動きがあり、それはスポーツクラスの通わせれば解決する事では無い事も理解して欲しいのです。

 

そして、遊びを増やすというテーマを解決するには、幼稚園や保育園の環境整備はもちろんですが、それだけ解決出来る訳は無く、大切な事は大人が意識を変える事なのです。

 

子供達がもっと自由に遊べる場所を提供する事であったり、遊ぶ事に口を出し過ぎない事であったり、自治体は公園をもっと制限なく開放すべきであったり。

 

ルールばかり作ったり、マナーを子供達に押し付けすぎてたりと今の時代は少し子供達にとっては息苦しい環境が多すぎます。

 

だから、大人が意識を変える事で、子供達はもっと自由に頭と身体を使いドンドンと成長出来るはずですし、この記事を読んでいる

大人達はそうして育ってきたはずです。

 

昔を思い起こすためにも、是非この本を手に取ってみてください。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 


上海の幼稚園 工事進行中

昨日から上海に入っています。

一昨日には四川省の成都に居たのですが、一旦帰国してからの上海入りです。

こうやって書くと、大抵の人に『そのまま国内移動すれば良いのに』と言われますが、直行便があれば成都から日本は5時間程度ですし、東京から上海へは2時間半程度です。

 

私が慣れてしまったのもありますが、都内で渋滞にはまりながら千葉や茨城に行けば3時間や4時間なんてザラですから、むしろ飛行機で動く中国の方が近かったりし、運転中は寝る事は出来ませんが、飛行機移動中は寝れるので体調管理が容易だったりします。

 

今回の目的は現場確認と、打合せ。

 

 

この現場、上海で3年ほど前から進めてきたプロジェクトで、昨年にやっと着工しました。

政府案件なので、民間案件と比較するととんでもなくプロセスが面倒で、時間が掛かります。

と言っても、三年前の私達はこんな事になるなんて把握も出来ておらず、ただオーナーがとても真摯で教育に情熱のある方だったから進められてきました。

 

上の写真で奥に見えているグリーンの部分が新築されはじめている園舎で、手前は現場事務所です。

この園舎は4階建ての7000平米にもなる巨大な幼稚園です。

 

現場事務所もかなり巨大ですが・・・

 

 

そして現場での打合せ風景です。

 

 

現場事務所の雰囲気は日本と似ています。

ただ、厄介なことは現地の法律や工事監理をする設計事務所がやはり政府系である事です。

民間の仕事をやっていない人なので、やはり付加価値の大切さに対する理解度が低く、面倒な事を嫌がりますし、自らの判断でドンドン進めようとします。

 

まあ、私達にとっては常に海外の仕事は学びの部分があるので、良い経験をしているという風に捉えていますが、結果がどうなるかは未知数です。

 

 

そういえば、中国の建設現場には大抵、下の写真の様な仮設厨房が作られます。

 

 

多くの建設作業員は地方から働きに来ている人で、近くに作られている寄宿舎に住み込みで働いていますから、建設作業員に対して食事を賄う為の物です。

 

だからこんな食堂的な場所も作られています。

 

 

 

かつての日本の建設現場も地方からの働きに来る沢山の作業員で構成されていましたから、当時の日本と似ている部分が今の中国の建設現場です。

人口の多さがこうした状況を生み、低賃金で働く地方からの作業員が結果として安い工事費を生み出しているのも、かつての日本と同じです。

 

今の日本は職人不足であったり、最低賃金問題や労働環境改善等が重視される事から建設現場のコストもかつてより相当に高くなっていますし、結果として工事費が高くなるという状況です。

 

支払われた賃金が国内で使われていけば、経済は回りだすので良いのですが、外国人建設労働者が増えて賃金が海外流出しだすと日本経済に取っては、あまり良い話とは言えなくなります。

 

外国人を受け入れていく事は私達の事務所でも推進しており、否定する事では無く、お互いに学びがある事からむしろ推進すべき事なのですが、こうした状況下の時こそ、ビジネスは日本国内だけと言う思考を捨てて、海外と仕事をして外貨を獲得して日本に持ち帰ってくると言う意識も必要だと思っています。

 

いずれにしても、今の時代に国内だけをビジネスターゲットとする事には限界が来始めているので、世界全体で思考を進める事が大事だなと思っています。


『子どものための建築と空間展』が開催されています

本日1月12日より東京汐留にある『パナソニック汐留ミュージアム』にて「子どものための建築と空間展が開催されています。

 

 

近代教育の始まる明治期から現代に至るまで、子どもの空間や玩具・衣服がどのように変化を遂げたか展示されています。

 

 

そして本イベントでは私達が設計監理担当をさせて頂いた「阿久根めぐみこども園」が展示されています。

 

 

ダイナミックに遊ぶ子どもの様子が映像とともに紹介されています。

 

 

汐留では3月24日まで。その後は、青森県立美術館へと巡回します。

是非足をお運びください。

 

イベント詳細はコチラ↓

https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/19/190112/


2019年 最初のレクチャーが終了。でも担々麺食べ過ぎです。

2019年 最初のレクチャーに四川省の成都に来ています。

『育児週刊』と言うタイトルの新聞が中国の南西部で発行されており、その発行元が主催の教育環境に関するイベントです。

 

 

相変わらず、中国のイベントは演出がしっかりとしています。

何しろレッドカーペットまで敷きこまれます。

 

 

そしてレクチャーの風景はこんな感じ。

 

 

上から舞台を見ると

 

 

これ、舞台監督の様な方がいて事前にリハーサルまでして、当日の演出が徹底されます。

 

私の話す事は、常に子供達の成育環境についてなので無事に終わったのですが、実は驚いたことがあります。

会場は350名程度のキャパシティで、比較的小さめの会場だったので立ち見が出る位の満席でした。

しかし、実はオンラインで放送がされていたので、当日の最大視聴者数はなんと1万5千人に到達していました。

 

すなわち、会場にいる人の約420倍の人達が何処かでレクチャーを聞いていたのです。

 

ふと、私が高校生の頃に少しだけ通った学習塾を思い出しました。

当時、人気講師の授業はサテライト授業と呼ばれて他の場所にある塾での授業が衛星放送として日本全国の塾へ放送されていました。

20年も前の話ですが、20年後の今、同じ様な事がより簡単に多くの人が自宅や外出先でスマートフォンを通じて見れる様になっているのです。

 

そして、そこには視聴者がドンドンとコメントを書き込んできたり。

更には動画として録画されているので後日に見る事も出来ます。

 

レクチャーで、外国に出向いて話さなくても日本から海外にレクチャーをする時代はすぐそこに来ているんだなと感じた一日でした。

 

それにしても、四川料理は美味しいです。

そして、担々麺は特に美味しいです。

私が担々麺好きな事が事前に先方に伝わっていた事もあり、何故か到着した日のランチから早速担々麺の店に連れていかれ。

 

 

これが美味しくて、2杯食べ。

翌日の朝食でも担々麺を1杯食べ。

 

更にレクチャー前のランチでは3杯も食べ。

 

 

最後の夕飯は火鍋だったのですが、ココでも私には担々麺が用意されて1杯。

 

 

結局2泊3日で、7杯も食べてしまいました(笑)

 

皆さんも四川に行かれる際には、是非担々麺を試してみてください。

中国の本場の担々麺はスープが無いタイプですが、とても美味しいですから。

 


取材、来客。アウトプットは大事。

急に私達の事務所でもインフルエンザ感染が出始めました。

 

 

昨日、一人。

今日も一人。

半月程前に、9割位の社員がワクチン接種したのですが・・・・

 

日中はリーダークラスは出張や外出している事が多い為に、事務所は比較的空いてるのですが、普段事務所にいるスタッフがインフルエンザ休暇になると更に事務所がガランとした感じに。

 

私は今の所大丈夫ですが、皆さんインフルエンザにはお気をつけください。

 

今日の午前中は京都から園舎設計の相談でオーナーが来社頂きました。

打合せをしていたら、私達のスタッフの一人が、その園の卒園生だと判明。

紹介したら、オーナーはスタッフの名前と顔を見るなり覚えていてくれた様で、お互いにビックリ。

 

500を超える園舎を全国で担当させて頂いてるので、こんな事もあるんだなと感動でした。

 

午後は、某経済雑誌が取材に。

私達の仕事の取り組み方や理念についてのインタビューを受けて、回答をさせて頂きました。

 

久しぶりに事務所にいて、色々と対応出来た一日でしたが、こんな一日も充実感があります。

 

明日からは新年最初の海外出張です。

 


フィンランドからのリンダ・リューカスが来日

フィンランド人で、絵本作家であり、イラストレーターであり、コンピュータープログラマーであり、経済紙フォーブスが選ぶ【2018 テクノロジー系女性 TOP50 in 2018】にも選出されたリンダ・リューカスが来日しており、私達が担当した三か所の園舎を見学に来てくれました。

 

 

リンダのTEDスピーチはコチラ

 

【リンダに関する記事】

https://diamond.jp/articles/-/68136

https://tech-camp.in/note/technology/41075/

https://www.huffingtonpost.jp/2015/02/25/railsgirls_n_6749256.html

 

 

新年早々の外国からの来客に子供達もビックリ。

 

そしてリンダが即興で壁に絵を描いてくれたり。

 

 

その様子に子供達は興味津々だったり。

 

 

そして記念撮影。

 

 

リンダの笑顔と子供達への接し方はとても素敵でした。

リンダの絵本は、世界20か国以上で翻訳されており日本語版も出ております。

 

 

 

 


幼児の城 2019スタート

2019年 新年あけましておめでとうございます。

私達も本日から業務開始となります。

 

事務所に一番乗りをしたら、美しい朝焼けを見る事が出来て気持ちの良い、仕事始めとなりました。

 

 

そして全社員が集まっての発会。

 

 

と言っても、産休に入った者、身内の葬儀が入ってしまった者、海外事務所勤務の者等がいる為に全員が揃ったわけではありませんでしたが、全員が元気に新年を迎える事が出来ています。

 

そして全員の集合写真。

四名が欠けていますが・・・・

 

 

更には、執行役員以上での新年祈願に。

 

 

事務所が多国籍になったり、信仰の多様性がある事から、私は昨年来そろそろ神事は不要かなと思っていたのですが、役員達はどこかで新年祈願をしない事が不安らしく今年も神社へ出向く事に。

 

今年も既に沢山のプロジェクトに関わらせて頂いており、忙しくさせてもらえる事に感謝の気持ちですが、新年早々に国内外から新規の問い合わせが複数来たいたりと、有難いサプライズに包まれております。

 

それでも、毎年全社員で共有している事は、

「信用頂いたお客様の期待に応える事は当たり前。期待を超える事をするのが私達のやる事」です。

 

その為には、お客様一人ひとりを愛し、良く理解する事から始まる訳です。

 

今年も、こども心と遊び心を持ち、笑顔が溢れる環境を創って行くことに、全社一丸で精進したいと思います。

 

一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


2018年の「幼児の城」は終了しました。

2018年の「幼児の城」は本日で終了となりました。

 

最後の日は毎年恒例の大掃除です。

 

 

普段から掃除はしているのですが、普段は手の届かない所も含めて改めて全員で掃除です。 

 

 

 

実は掃除と言うのは建築設計者にとってはメンテナンスを学ぶ良い機会です。

 

 

どんなディテールは汚れやすいのか。

汚れた場合は、どうやって清掃したら良いのか。

 

 

掃除をすると、そんな事が自然と頭に入りますし、それが設計に活かせる様になります。

そしてお客様へのアドバイス出来る様になる訳ですから、掃除は私達にとって大切な学びの場です。

 

今日は2343も大掃除となる為に、食事はデリバリーで。

 

 

たまにはこんな食事も楽しいです。

 

そして15時には全員集まって納会となりました。

 

 

2018年が終わるだけで、私達の業務が終わった訳でも無いのですが、一年間を振り返ると実に忙しくさせて頂いた一年でした。

私も一年の1/3は空の上か海外にいた様な感じでしたし、他のスタッフも同様に出張の多い一年でした。

 

同時に反省も多い一年だったのも事実で、それはそれで次に活かさなくてはいけないと思っています。

 

明日から10日間の休みとなり、新年は1/7からの業務となりますが、スタッフ一同しっかりと休養を取り2019年のスタートに備えたいと思います。

 

改めて私達を応援して頂いた多くの方達に、2018年の御礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。


誕生日を迎えて嬉しい事

本日12/26は誕生日で46歳になりました。

 

何人かから誕生日プレゼントや誕生祝のメッセージを頂き、とても喜んでいます。

今はSNS経由で海外からもメッセージが届くので、こんな時にも世界と繋がっている事の喜びも感じたりします。

 

 

誕生日プレゼントを頂くのは幾つになっても嬉しいです。

でも、若い頃とは嬉しいの感覚が変わってきています。

 

若い頃は単純に、物を貰える事に喜んでいました。

でも、最近は物を貰える事も嬉しいのですが、それよりも物を選んでくれたり、メッセージを書いてくれたりする時に私の事を想ってくれている事を感じるのが嬉しいのです。

 

特に手書きのメッセージは、そこに手間が加わるので嬉しさの度合いが更に違います。

 

想って頂ける方の為にも、これからも色々と頑張ります。

 

ありがとうございました。


| 1/239PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode