新潟の認定こども園

新潟県十日町市内の園へ園舎改築の件で打合せに伺ってきました。

 

朝8時半に事務所を出たのですが、厚木からは圏央道が開通した事で関越道へのアクセスが抜群に良くなり、十日町市には12時前に着けました。

 

打合せは午後からだったので『それならば』と急いで、へぎそばを頂きに。

 

 

 

半生麺で頂いた事はあったのですが、実際にお店で頂いたのは初めて。

つなぎに布海苔が使われているのですが、ツルっとした食感で美味しかったです。

 

更に、時間があったので有名な棚田へ。

 

 

 

星峠の棚田です。

とても美しい風景でした。

田んぼに水を張る時期は水鏡の様になって、更に美しさが増す様で、見物の方が大勢訪れるらしいです。

今日は、収穫の時期なので黄金色の稲穂でビッシリと詰まっていて、これはこれで感動しました。

 

 

この後に、園へ伺って打合せと現地を拝見させて頂きました。

それにしても、ここの子供達が実に人懐っこくて可愛かったです。

そして現場の先生達を含む大人と子供達の接し方が信頼関係が築かれているのが良く分かり、改めて地方の魅力を感じる事に。

やはり、大人の立ち位置で、子供達の動きや表情がガラっと変わるのが良く分かります。

 

この地域は一晩で1mを超える積雪がある様な豪雪地帯らしいのですが、その除雪に絡む苦労話を聞くと何とも長い冬は大変そうです。

しかし、子供達は雪は雪として遊びを生み出して楽しんでいる様で、それを『子供達は雪が好きだから』と大人都合で物事を捉えない姿勢を感じたのも、嬉しかったです。

 

こういう良い関係性がある所では、沢山の提案が出来る可能性を秘めていて、それらが積みあがっていくと結果として、楽しい園舎になっていく予感がします。

 

最後に、夕方に市役所へ打合せに伺ってきました。

 

 

この市役所庁舎は45年近く前に建てられたもので、シンプルですがちゃんとデザインされた建物です。

耐震補強をして、内部は現在の使い勝手に合わせて綺麗に改修されて使われているのですが、実はこの建物は私の父が独立開業する前の事務所時代に設計担当した建物でした。

 

こんなに年月が経っても、建築として使われている事に感動すると共に、建築をしっかりと作る事の大切さ、建築の力を改めて教わる事になりました。

 


2017 FIRM OF THE YEAR AWARDに選定されました

先日発表された、THE AMERICAN ARCHITECTURE PRIZE(アメリカンアーキテクチャプライズ・米国)主催の2017 FIRM OF THE YEAR(2017設計事務所大賞)でShortlist(優秀賞)に選定されました。

 

 

で、賞状が届きました。

 

 

建築単体としての評価も嬉しいのですが、事務所として評価されるのって、全員の活動が評価された様で更に嬉しいです。

でも私達の上には、まだまだ沢山の事務所がありますし、そうした評価とお客様から頂く評価は別物だと思っています。

 

だからこそ、受賞を機に改めて気持ちを引き締めてスタッフ一同で精進をしたいと思います。

 


Yahoo!ニュースで『幼児の城』が取り上げらています

マガジンハウスさんが運営しているウェブメディアの「COLOCAL」で掲載されたニュースが、Yahoo! JAPANのニュースとしてピックアップされています。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-10218204-colocal-l14

 

 

デザインに好き嫌いはあっても正解はありません。

私達のデザインや行っている事が正しいかなんて分かりません。

しかし、ニュースを見てくれた方が子供達の成長していくプロセスとしての環境が大切である事に一考を投げ掛けられたら嬉しいです。

ありがとうございます。


インドの幼稚園・二日目

午前中の打合せ前にオーナーが新聞を持ってきてくれました。

 

 

昨日取材を受けた新聞「the pioneer」に既に記事として掲載されていました。

何故か私だけ「Mr」が抜けているのが気になりますが・・・・

 

この後は昨日に続いての打合せ。

 

 

打合せは午前中で終えて、昼食を取った後に少しだけ市内を見る事が出来ました。

 

 

インド門です。

これ、パリのエトワール凱旋門を模して造られたものだそうです。

ただ、これは慰霊碑となっていて戦死者の名前が刻まれていました。

 

それにしても、人の数がスゴイです。

 

観光地ですから、周囲はリキシャだらけ。

 

 

 

こんなシーンも。

 

 

子供達がこうして水遊びをしている姿って、どこの国でも実に微笑ましいです。

水が汚いとかなんて関係ないんです。

水があるだけで遊べるなんて、子供って言うのは実にクリエイティブなんだと改めて感じるシーンでした。

 

 

 

イサカーン廊。

 

 

フユマン廊。

 

 

どちらもお墓です。

タージマハールはデリーから少し離れているので見れませんでしたが、外構も含めて徹底的にシンメトリーな空間と作り方は実に美しかったです。

 

 

で、最後に夕飯の為に寄ったホテルでついてに、ついにシーク教の人達を見かけました。

 

 

日本人がインドをイメージすると必ずこの服装になってしまうのは、外国人が日本人をイメージする時に侍をイメージするのと似ているかも知れません。

シーク教の人達は髪の毛を絶対に切らないそうで、ターバンはその髪を収める為の物だそうです。

 

で、帰りの空港に行ったら、もっと沢山いました(笑)

 

 

更に象。

 

 

牛は沢山いましたが、インド象とは結局帰りの空港でしか出会えず。

 

インドには沢山の日本企業が拠点を作り始めていますから、これから益々日本との関わりは増えていくのだと思います。

 


インドの幼稚園

インドで幼稚園設計をする事になり、打合せに来ています。

昨晩の0時過ぎにホテルに着いて、今朝から動き始めてます。

 

ホテルはオーナーが確保してくれたファイブスターのホテルでとても快適なのですが、朝になってホテル内を散策していたら

不思議な光景が・・・

 

 

 

意味が全く不明の日本語が壁面に。

スタッフに聞いても「読めないから解らないよ。アートじゃないの?」みたいなテキトーな回答。

 

良く外国人のタトゥーで見かける不思議な日本語の様な物なのかもしれません(笑)

 

で、今回の打ち合わせはこんなメンバー。

 

 

左からインド人オーナーと、そのご子息。

中央左側はフランス人建築家。

 

そして私が右。

手前がウチの中国人スタッフの潘。

 

四カ国の人が並んでいる国際色豊かな状況に。

私の英語はテキトーなのですが、潘が一生懸命にフォローしてくれるので安心です。

 

で、この後メディアの取材が入ったり、打合せをしたり。

 

程なくしてランチになったのでホテルのレストランへ。

 

 

シェフが私の所に挨拶に来てくれて「今日は貴方には、枝豆の塩ゆで→焼き鮭→チキンカレーを出させて頂きます」と説明に来てくれました。

 

枝豆まではOKだったのですが、次の皿は鮭ではなく、マグロが登場。

美味しかったので、「まあイイか。海外あるあるだな」と次の皿を待つ事に。

 

そして出て来たのが下の写真のカレー。

 

 

インドのチキンカレーを想像していたら、何故か日本のカツカレー風。

そして食べてみたら、完全にチキンカツカレーです。

と言うか、カレーが日本のカレーの味なのです。

不思議に思ってシェフに「こんな味をどうやって作られたのですか?」と聞いたら

誇らしげに満面の笑顔で『はい。日本のゴールデンカレーを使いました』と・・・・・

 

 

いや、私はカレーの国であるインドにまで来て日本のゴールデンカレーを求めてはいません・・・・

こんな展開、全く想像してませんでした(笑)

 

この後は敷地確認へ。

明るい日中に街中を見るのはこの時が初めてだったのですが、衝撃なのは三車線位の道路の真ん中に牛が佇んでいたりする事。

走れば走るほど、牛が至る所に自由にいるんです。

 

敷地についても、そこにいました。

 

 

牛を神として捉えるヒンドゥー教徒が8割にもなるインドらしさがここに見えます。

最後にオーナーの自宅に招かれて本物のカレーを沢ふるまわれ、チキンマサラが改めて美味しい事を確認しましたが、この自宅は四世帯だけが住んでいる大きなマンションの様になっていて、そんなに新しく無いのですが、奥の方に怪しい物陰を発見。

 

布が被せせられていたのですが、どうみてもクラッシックカーなので聞いたら、「あれは他の人のだけど見てみる?」と布を外してくれたら、1920年代のベントレーが出てきました。

 

市場では5千万前後で売られているのを幾つか見た事がありますから、こんな物を放置している感覚がスゴイかったです(笑)

 

 

大抵の人は中国の奥深さは知っていると思いますが、私はインドは中国を完全に凌駕していると感じました。

 

今や人口は13億2千万人。中国は13億千万人ですから世界一の人口になるのは時間の問題と言われています。

国土面積は中国が900万平方キロメートルですが、インドは320万キロ平方キロメートルと国土は中国の1/3です。

だから人口密度の激しさは想像できると思います。

 

このプロジェクト開園目標は2019年6月。

無事に進むかどうか、楽しみたいと思います。

 

 


106年前の建物を幼稚園に

106年前と言うと明治44年です。

下の写真は、上海のイギリス租界地にある、当時に建てられた住宅。

 

 

で、これを幼稚園にリフォームします。

実は現在はオフィスとか複数に小分けされて使われていて、中はあまり活かされていないのが現状です。

でも一つの部屋はこんな可愛らしさも残っていたり。

 

 

三階のテラスから庭を見下ろした感じもなかなか。

 

 

決して大きくないし、壁式構造で構造的な壁が沢山ある事から、改修設計としてはかなり能力が試されそうな案件です。

でも、こうした案件に日本で関われる確率は限りなく少なく、海外ならではの話ですから、楽しみたいと思います。


幼稚園施設 調査(大阪・兵庫編)

昨日に引き続き、今日も現地調査です。

今日は大阪での施設調査から。

実はこれは私達の担当した園舎で、手前味噌になりすぎるので割愛。

 

そして午後は兵庫県内の施設へ。

こちらは既に多くの方に名前の知られた園でしたが、私は初めての訪問。

 

 

 

実際に行ってみたら、もう建築や設備の事を語るよりも理事長と園長の、子供や保護者、近隣の方達に対する姿勢や考え方の素晴らしい事。

私達に仕事を依頼頂くオーナーも沢山の素晴らしい方はいますが、こうした方に出会うと「もし私達が担当させて頂いてたら、こんな提案をしていただろうな」なんて無意味な妄想を沢山巡らせてしまう程でした。

 

園舎設計と言うのは、設計やデザインが新しい保育や教育、使い方を生む事もありますが、やはり本来は保育や教育に対する理念が先で、それらをより見えやすく、使いやすくする為に私達の様な設計者がいるんだと思います。

 

そういう意味で、今回の施設調査は本来の目的としての調査はもちろん行いながらも、自分にとっても良い学びの機会となりました。

 

幼稚園施設部会の現地調査は、私の行った二回の他に都内と山陰九州が行われており、これでひとまずは終了となり、今後はこれらの調査資料を基に幼稚園施設整備基準についての議論が行われていく事になります。

 


幼稚園施設 調査(大阪編)

先週にに引き続き今週は大阪で、文部科学省『学校施設の在り方に関する調査協力者会議 幼稚園施設部会の現地調査に。

朝から大阪空港経由で大阪に入って二件の調査を終えました。

 

 

 

この調査においては事前に様々な方から推薦を受けた施設の中からセレクトがされた上で視察をしている事から、一定の評価を受けている施設として調査に来ているので当然かも知れませんが、今回の視察においてもとても豊かな環境を見る事が出来ました。

 

特に園庭は沢山の木々に囲まれた環境が、猛暑の中にも関わらずしっかりと木陰を作って涼しさを生み出していました。

そして、そこには園長の手作り遊具が抜群の一体感と雰囲気を演出していて、子供達が実に多様な遊び方をしていました。

 

もちろん、この環境を生み出した事に対して使いこなす現場の先生達、子供達の小さな怪我は成長に必要な事として認識する保護者等、様々な関わる人達の素晴らしい意識があるからこそ、成立している訳で環境だけ真似ても同じ様になる訳でない事も事実です。

 

世界にも沢山の素晴らしい幼稚園や保育園がありますが、日本にもまだまだ沢山の良い施設がある事を改めて認識する良い機会になっています。

 

明日も引き続き調査が行われます。


第11回 キッズデザイン賞 8冠

先日、今年のキッズデザイン賞の発表がありました。

そして、私達が関わるプロジェクト8件が受賞する結果になりました。

 

なんだか、毎年の様に沢山頂ける様になってくると、この賞の価値についての議論になってしまうのが残念ですが、

実際に沢山の応募された物が受賞せずに終わっている事は事実です。

 

昨年と一昨年においては、更に上位10点しか選ばれない上位賞にもセレクトされてきた事は、私達の取組に対して一定の評価を得られたと捉えており、大きな励みになってきました。

 

今年の受賞作品紹介です。

 

【アトリオみなみおか保育園】

かつて団地で栄えた地域に対して、団地であったコミュニティの様に、様々な所からお互いを認識して声掛けが出来る様な事を園舎としてデザインした事例です。

 

 

 

【心羽えみの保育園】

かつて農業が栄えていた事を子供達に伝える事、そして子供達に積極的に土に触れられる環境を提供する事をテーマにデザインした園舎。

 

 

【NFB Nursery】

敷地周囲は保育園の敷地として似つかわしくない工場ばかりの中で、あえて工場は物を創り出す楽しい所と言う発想転換をして、子供達の創造力や夢を生み出す様な仕掛けとインダストリアルなデザインを盛り込んだ園舎。

 

 

 

【KM Kindergarten and Nursery】

こちらは、5月に米国の建築賞に続いての連続受賞。

狭い敷地で子供達の活動量が減る事が予想される中で、如何にして活動量を増やすかをテーマにデザインした園舎。

 

 

 

【児童発達支援センター 青い鳥】

福祉施設研究所とのコラボプロジェクト。

知的障害を持つ子供達が日中過ごす施設を単に安全と言う言葉だけでデザインしがちな中で、私達は逆に五感を刺激して子供達の発育や発達に付加を付ける様に工夫した建築。

 

 

 

【Ouchi】

今年の初めに世界中の建築や子供関連メディアで話題になった極小プロジェクトです。

プロジェクト規模は小さくてもオーナーと私達の想いはとても大きく、子供達が大人になりたいと思える様な空間を作ろうと意にしてデザインした物です。

 

 

 

【Youji no Shiro Furniture】

KIDS DESIGN LABOとのコラボ商品。

一昨年程から、私達が少しずつデザインと制作をして納めてきた家具。

デザインは限りなくシンプルに。

そして何よりも木肌の触感を子供達に伝える為に、あえて汚れや傷を覚悟しての自然系塗料のみで仕上げている商品。

もちろん、椅子の積み重ねやテーブルの折り畳み等の機能性は十分に整っており、更に色や樹種、細かなサイズまで対応出来ると言った家具の楽しさを存分に味わえます。

 

 

 

【書籍 笑顔がいっぱいの園舎づくり〜幼児の城7〜 】

昨年に発刊になった書籍が前号に続いての受賞。

この書籍をシリーズとして出版し続ける理由は、とにかく私達の持っているノウハウを誰かの為になって欲しいと言う想いだけです。

それが例え、他の設計者でも、建築学生でも、もしくは私達に依頼をしていない園舎オーナーでも子供達に対する環境を考えている方であれば何かしら悩みに直面するはずです。

そんな時に手に取って頂き、一つでもヒントになればという願いなので、評価頂ける事はとても嬉しい事です。

 

 

 

毎年言っている事を改めて書いておきますが、私達は賞を取る事が目的で園舎設計をやっている訳ではありません。

顧客満足や子供達の笑顔、そして成長の成果を見れる事が何よりの目的や目指す所であり、決してぶれる事はありません。

しかし、そうした事は私達や関係者だけの自己満足で終わってしまってはいけないと思っており、第三者の客観的視点を入れてみて頂く事によって検証になると思っています。

こうした賞を頂く事は、検証の一つになっている訳で、一つの評価を頂けたと言う意味で嬉しいのは事実です。

 

そして、改めてこうした機会を頂いたオーナーの皆さまに感謝いたします。

 

こんな事書いている一方でまだまだ、沢山の反省がある事も事実ですし、改善する事も沢山あります。

沢山の方から頂く期待に応える為にも、引き続き頑張ります。

 

ありがとうございました。


『無いなら作ればイイ』が子供達を豊かにする

文部科学省『学校施設の在り方に関する調査協力者会議 幼稚園施設部会』の活動として、現地調査として各地を回る事が始まっています。

 

さすがに全ての回に参加出来ないのですが、今回は北海道は札幌の調査へ参加してきました。

 

二箇所視察させて頂きましたが、施設としては決して新しくは無い所でした。

しかし、これがかえって調査事例としては良かったと思える一日に。

 

二つの園は共に、園長を始め、現場や保護者が協力して一生懸命に子供達の為に環境が作られていたからです。
そして決して過剰に安全性を気にする事や、大人が干渉しすぎる事も無いスタンスがある為に子供達は活き活きとしていました。

 

 

 

 

また外部環境は、どちらも既成遊具に頼らずに出来るだけ自然を活用したり、手作りの遊び場を子供達に提供していて遊べて素晴らしかったです。

 

まさに「無ければ作ればイイ」の感覚を皆が持っているのには感動しました。

 

一部の地域では0歳から12歳までの一貫教育的な事もスタートしていたり。

 

地方は都市部より少子化が顕著だったりして心配もありますが、新しい事を直ぐに挑戦したりする意欲や行動力は都市部なんか敵わないです。

 

もちろん、都市部には都市部の園としての条件があり、魅力がある訳ですが、今回の北海道の事例はその取り巻く環境を十分に活かした事例だったと思いました。

 

ますます地方に注目です。


<< | 2/223PAGES | >>







selected entries

categories

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売
高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

links

search this site.

others

mobile

qrcode